« 「ウィッチ」:堂々たる主役のアニヤ | トップページ | 「君の膵臓をたべたい」:美しい映画、泣けるファンタジー »

2017年7月30日 (日)

「心が叫びたがってるんだ。」:世の中はままならない

360073_015
映画『心が叫びたがってるんだ。』(熊澤尚人監督)は、2015年のアニメ映画の実写化。大江戸は公開当時ちょっと気になりながらも未見でした。なので、昨日フジテレビで放映したのを見て、翌日すぐにこっちを観賞した次第。構図から台詞から、まだよく覚えているので、そしてかなりアニメーションに忠実に作ってあるので、何だか不思議な経験でした。 ま、大江戸はアニメ版もさして気に入ったわけではないので、実写版の方も似たような評価です(真ん中よりやや下)。

360073_001

劇場アニメ『ここさけ』が呼び水になったように、翌2016年に『君の名は。』『この世界の片隅に』『聲の形』という傑作が世に出ました。大江戸はその後で『ここさけ』に接しただけに分が悪かったのかも。 とはいえ、ちょっと甘ったるいし、ツッコミ所も多いんですよねー。

基本的にもとのアニメとは関係なしに1本の映画として評価すべきなのでしょうが、上に書いた事情の中では、どうしても比較しないわけにはいきません。

360073_003

あまりにもファンタジーな「タマゴの王子様」を登場させなかったのは、実写化としては当然の措置。それ以外にも、何ヶ所かで改変を施しておりましたが、すべて単独の映画として、より自然になるように、より効果を上げるようにとの改変だと感じ取れます。 ああ、それなのに、担任の(音楽の)先生がなぜアニメ版とは全くタイプの違う荒川良々になってしまったのかが、「謎過ぎるだろ!」。ここは納得できませんでしたねえ。

360073_009

芳根京子は頑張っていますが、この役に関してはやはり二次元の主人公には勝てないですよね(それはしょうがないこと)。それに『べっぴんさん』で、母親役、社長役、そしておばあちゃん役までやってしまった後だけに、なんかトウが立ったように感じられてしまうんですよねー(それもしょうがないこと)。この作品をやってから『べっぴんさん』という順序なら良かったでしょうにね(てか、朝ドラでよくある一人の若手女優に晩年までを演じさせるってのは、いかがなものでしょうか?)。世の中はなかなかままならないものであります。

|

« 「ウィッチ」:堂々たる主役のアニヤ | トップページ | 「君の膵臓をたべたい」:美しい映画、泣けるファンタジー »

コメント

荒川良々はハズレ・・・
「ミュージカルには奇跡がつきもの」という、
ドラマを形作るセリフに全く重みがありませんでした。
他にも役者いっぱいいただろうに・・・

投稿: kossy | 2017年8月 7日 (月) 16時06分

kossyさん、コメントどうもです。
ほんとに誰が荒川良々を選んだんだか??
玉木宏、長谷川博己、大泉洋、ディーン・フジオカ、滝藤賢一・・・と、この役に合いそうな人はいくらでもいるんですけどねえ。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年8月 7日 (月) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71286923

この記事へのトラックバック一覧です: 「心が叫びたがってるんだ。」:世の中はままならない:

» 心が叫びたがってるんだ。 [象のロケット]
高校3年の坂上拓実は、「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命されてしまう。 一緒に任命されたのは、誰にも心を開かない少女・成瀬順と、優等生の仁藤菜月、そして野球部の元エース田崎大樹だった。 担任の思惑で、“ふれ交”の出し物がミュージカルに決定。 「ミュージカルは奇跡が起こる」という一言によって、準備は順調に進んで行くように見えたが…。 青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年7月31日 (月) 19時47分

» ショートレビュー「心が叫びたがってるんだ。・・・・・評価額1550円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
青春は、ちょっと痛いんだ! 2015年に公開されたA-1 Pictures制作、長井龍雪監督による長編アニメーション映画「心が叫びたがってるんだ。」の実写リメイクは、思っていた以上にオリジナルに忠実な作りだ。 実写化を手がけた熊澤尚人監督は、アニメーション版のテーマ、エッセンスを残しながら、瑞々しくもちょっとビターな青春寓話を作り上げている。 オリジナルは、お喋り好きで夢見がちな小...... [続きを読む]

受信: 2017年8月 1日 (火) 21時43分

» 心が叫びたがってるんだ。 [ネタバレ映画館]
そんなつもりはなかったんです~♪と言われてるのと同じ~♪ [続きを読む]

受信: 2017年8月 7日 (月) 16時01分

» [映画『心が叫びたがってるんだ。』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・良かったなぁ^^ オリジナルがアニメ作品ゆえの、非現実的な設定やご都合主義に、瞬間、「おやっ!?」と思わせられるも、すぐに主演4人の演技で説得力を持たされる。 芳根京子はひたむきで、中島健人は優しく、石井杏奈は『ソロモンの偽証』からの演技の幅に驚かされ、寛一郎は率直であった^^ 芳根京子は、個人的な理由であるが、容姿が私の彼女に似ていて、物語上、感情移入しまくりだった。 泣きまくった^^;    ・・・自分のおしゃべり好きが家庭の崩壊を招いた成瀬順(芳根京子)は、いつしか、口を利... [続きを読む]

受信: 2017年8月12日 (土) 10時23分

« 「ウィッチ」:堂々たる主役のアニヤ | トップページ | 「君の膵臓をたべたい」:美しい映画、泣けるファンタジー »