« 「ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話」:30分映画という試み | トップページ | 続・竹下通りの変な物 »

2017年7月11日 (火)

「怪物はささやく」:好きな人は好きでしょうが・・・

359289_001_2

映画『怪物はささやく』は、大江戸が高く評価する『インポッシブル』のJ.A.バヨナ監督作品ですが、うーん、今回は肌が合いませんでしたねー。全然ノレないどころか、ひたすら眠くてしょうがなかったです。ま、もともとファンタジーって好きではないもので・・・(ダーク・ファンタジーもね)。 好きな人は好きな映画だと思いますよ(←あたりまえ)。

359289_004

子供を通して「死」をめぐる真実を追究していくような映画ですけれど、相当暗いというか、しんねりむっつりしています。その分、怪物やら地割れやらのVFXで派手にしているのですが、そこらへんとのミスマッチがどうもしっくり来ませんでした。シリアスなんだか児童文学何だかエンタテインメントなんだかって感じで。怪物もねえ、BFGまぶしの巨大グルートみたいな感じでして・・・。

359289_003_2

展開も、怪物が3つの物語を語ってってあたりがまだるっこしいですね。その物語も、いったい何なの?って感じですし。最初っから「少年の真実の物語」だけ言わせてはダメなんすかね? ちなみにこの怪物、樹皮の内側が赤く燃えてまして、つまりシン・ゴジラっぽいっす。

359289_006

役者はいいんですよ。少年役のルイス・マクドゥーガル君なんて、ハートに訴えるような名演です。 そしてお母さん役の人、どっかで見たことあるなーと思っていたら、フェリシティ・ジョーンズだったんですね。あの人って、この少年のママ役やるほどの年齢でしたっけ?→調べたら、今33歳。まあ、なくはないですね。

|

« 「ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話」:30分映画という試み | トップページ | 続・竹下通りの変な物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71113819

この記事へのトラックバック一覧です: 「怪物はささやく」:好きな人は好きでしょうが・・・:

» 怪物はささやく [映画的・絵画的・音楽的]
 『怪物はささやく』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)予告編を見て面白そうだなと思い映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、教会の鐘の音がした後、教会が壊れて、その前の墓地が地中に落下していくと思ったら、主人公のコナー少年(注2:ルイス・マク...... [続きを読む]

受信: 2017年7月12日 (水) 05時05分

» 怪物はささやく・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
怪物を呼んだのは誰か。 
重い病気にかかったママを持つ、孤独な少年の元に、夜な夜な巨大なイチイの木の怪物が現れて、三つの物語を語って聞かせる。
 怪物は、三つ目の物語を語り終えたら、少年が心の中に隠している、四つ目の真実の物語を語らねばならないと言う。 
突然現れた怪物と彼の語る物語は、何を意味するのだろうか。 思春期のヘビーな葛藤を、虚構と現実が入り混じる世界観の中で描いたパト...... [続きを読む]

受信: 2017年7月12日 (水) 21時58分

« 「ハイヒール こだわりが生んだおとぎ話」:30分映画という試み | トップページ | 続・竹下通りの変な物 »