« 2017年7月 | トップページ

2017年8月16日 (水)

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」:

358375_001
映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、小生のような原作の絵柄ぐらいしか知らない人間にとっては、「え?こんな、ヤンキーみたいな奴らがケンカするだけの話なんでしたっけ?」と思ってしまいますが(だって、しょこたんの「ジョジョ立ち」ポーズぐらいしか知らないんだもーん)、まあ連載30年にわたる長大な原作の一部分だけってわけなんですよね。

358375_002

おまけに三池崇史が監督なもんだから、『クローズZERO』のような『岸和田少年愚連隊』のような『愛と誠』のような「ヤンキー・ケンカ路線」×『妖怪大戦争』のような『神さまの言うとおり』のような『テラフォーマーズ』のような「VFXバトル路線」 まっしぐらなわけです。

それにしても舞台となる杜王町がスペインのシッチェスでロケ撮影されてるっていう、人を喰った大胆さが三池さんらしいですね。

358375_003

実写になったジョジョの変則リーゼント。これを変なアタマと言わずして、何と申しましょう? それなのに、「変なアタマ」って言うとキレられてボコられるなんて、あんまりです。岡田将生くん(最近はヒール役が多いですね)の髪型もかなりなものですけど、こっちは高貴さが漂っております。なのに、その弟(新田真剣佑)は古典的なヤンキーといった趣きです。おまけに髪型が「サイドとバックを白くしたジョジョ」です。こいつもイケてないんですが、山田孝之はほんと顔が汚かったですねえ。 トカゲ男とか砂男とかいった趣きであります。

358375_006
そして、山崎賢人のジョジョは、堂々の主役感に欠けるんですよねー。この人、なんか顔が確立していないと言うか、ぼんやりしていて、華やシャープネスが足りないのです。

ま、いずれにしても「話は途中」感がありありで、続編を意識してゆっくり撮っている雰囲気もあります。他の三池作品同様、本作のクライマックスも無駄に長いものでありました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2017年8月15日 (火)

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」:ゲスの極み男

360439_006
映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は、マクドナルドを真の意味で創業したマクドナルド兄弟とシニカルな意味での「創業者(ファウンダー)」であるレイ・クロックの確執を描いた「真実に基づく」物語。それにしても、よく映画化できましたね、これ。マクドナルド社への法務的な対応などが、かなり大変だったのではないでしょうか? それぐらいレイ・クロックのえげつなさ、モラルの欠如をはっきり描いちゃってます。日本だと、こういう作品を作るのは、まず無理でしょうね。

360439_001
小生は大学時代ほぼ4年近くマクドナルドでアルバイトをしていたので、’50年代のマクドナルドを見ての感慨もひとしお。ああ、ケチャップやマスタードのディスペンサーって、ああいう出方だったよねとか、紙のハットって昔からああだったんだあとか、カウンター内や厨房の配置って、確かにあれと似ていたとか、色々楽しめました。あの鉄板で手のひらヤケドして、大変だったし。ゴールデン・アーチはまだ二重に(つまり「M」の字に)なっていなかったんですねえ。

360439_002

それにしても、こんなルール無視のアコギな人がマクドナルドを大きくしただなんてことは、クルー(従業員)教育では一切教わりませんでしたよ(←あたりまえ)。世間的には、アメリカン資本主義に基づくビジネス重視のレイ・クロックと、発明家にしてこだわりを見せるマクドナルド兄弟のどちらにも良い面、悪い面があるみたいに言う人もいるようですが、小生は100%マクドナルド兄弟の味方です。世の中、拡大拡大で良いことなんて、あまりありません(なのに、イケイケドンドンの人たちって多いですからねえ)。

360439_005_2

レイの奥さんをローラ・ダーン(この人、昔からオバサン顔でしたが、ようやく顔に年齢が追いついた感じです)が演じてますが、この糟糠の妻の捨て方もひどいもんです。そんなゲスの極み男を、マイケル・キートンが「適役」として演じています。

てなわけで、腹が立つ作品ではありましたが、最初から最後まで目を離せない面白さなのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2017年8月14日 (月)

「おさるのジョージ展」@松屋銀座

_20170814_184454
松屋銀座で『おさるのジョージ展』(~8/21)を観ました。あの『ひとまねこざる』ですね。

サルには何の思い入れも無い大江戸ではありますが、絵本のこの子はかわいいですよね。薄い顔で愛嬌があります。絵のトーンも洗練されております。

この第1作がアメリカで出版されたのって、1941(昭和16)年ですよ。太平洋戦争開戦の年。うーん、やっぱりアメリカですね。

作者であるマーガレット&ハンス・レイと戦争にまつわるエピソードも最後の方で出て来て、そのビデオを見て結構胸に来ましたよ。この夫妻、ドイツ生まれのユダヤ人で、大変な目に遭ったのです。まさか『おさるのジョージ』で泣きそうな感動を覚えるとは思いませんでした。

マーガレット夫人は、やけにキャサリン・ヘップバーンに似ているのですが、ジョージの絵のモデルも務めていたそうで、あの愛嬌のある表情は彼女のものだったってことなのですね。

_20170814_184550_2

しかしですよ、最後のコーナーに『おさるのジョージ』のアニメーション(アメリカの制作で、2008年からNHK-Eテレでも放映)が紹介されているのですが、こいつ何でこんなに顔が違うんですか?? 全然かわいくないじゃないですか。この撮影OKのフィギュアもアニメ版のタイプなのですが、こっちの方が絵よりもまし。とは言え、こっちだってよろしくはありません。絵本版のあのスイカの種みたいな目じゃないし、U字型のかわいい口とも違うし。手足の様子も違いますよね。そう、例えて言えば、アメリカ青春映画に出て来る脇役キャラのバカな高校生みたいな顔です。あまりにも絵本版と系統が違うのです。うーむ。

_20170814_184516

会場を出るとあるグッズコーナーのバリエーション豊かさには、(いつもながら)またも驚嘆。お菓子からファッションから雑貨、文具などなどなど。ファンは散財必至ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

「銀魂」:まじめな後半が失速して・・・

357209_004
映画『銀魂』は原作マンガを全然読んだことが無いのですが、あまりのバカバカしさに結構笑っちゃいました。これ、前半だけで終わっていれば、大江戸的にはもっと満足度高かったんですけどねえ。てゆーか、このネタで2時間10分はちと長過ぎでしょ。

357209_005

深夜TVドラマ系のぶっとんだギャグの監督って、小生は堤幸彦も三木聡も大根仁も好きなんですけど、福田雄一に関してはあまり面白いと思えず、よってあまり多くは観ていなかったんですよねー。本作では脱力ナンセンス・ギャグの数々が、「映画でそれやりますか?」って感じではありますが、でもおバカで面白うございました。画面の隅の小ネタもね。

357209_003
でも、後半割とシリアスに戦いを繰り広げるようになっていくと、一気に停滞して、一気に眠くなってしまいました。いやー、そんな争い正直どうでもいいっす。VFXの無駄使いっす。物語の収束だってかなりどうでもいい感じで、ラストのしまらなさと言ったら・・・。

357209_006_2

小栗旬、菅田将暉、橋本環奈をはじめ、長澤まさみ、安田顕、中村勘九郎たちが、まじめに大バカやってるので、その部分はちゃんと楽しめます。実写の中におけるエリザベスや定春の処理も、よく考えられておりました。 それだけに、後半の失速がもったいなかったなあと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2017年8月12日 (土)

CKBの「愛の世界」(3CD+2DVD)

Dsc_1695
先日発売されたクレイジーケンバンドのデビュー20周年記念オールタイムベスト盤『愛の世界』、ここんとこヘビロテで聴いてます。

3枚組で、全60曲、275分(4時間35分!)にも及ぶ圧倒的なボリュームです。しかしながら、横山剣渾身の選曲ということもあり、これがいいんですね、全曲。

曲順にも意図的な流れがあって、アジアの流れが来たかと思えば、北米シリーズ4連発があったり・・・。でも、『ガールフレンド』『Loco Loco Sunset Cruise』『せぷてんばぁ』の切なさ3連発には完全にノックアウトされた大江戸なのでした 。ちょっと意外だった落選曲は、『香港グランプリ』と『あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。』。個人的には、『1107』『秋になっちゃった』『友だちはいいもんだ』あたりも入れて欲しかったところです。

剣さんによる全曲解説もついており、これもまた楽しいのです。紙製の外箱の中に、プラケースと歌詞&解説のブックレット。それぞれにCKB11人勢揃いの写真が違うバージョンなのも良きかな、です。

Dsc_1696
大江戸が買ったのは初回限定版で、3CDに加えて2DVDです。 DVD1枚目は2015年11月の「もうすっかりあれなんだよね」ツアー@横浜のライブ全曲収録。遅れ馳せながら、このツアーで小生は初めてCKBのライブに行ったので、感慨もひとしおです。のっさんの『GTR』が神演奏なのです!

2枚目のDVDは、6月24日に公開したばかりの映画『イイネ!イイネ!イイネ!』がまるっと入っているという出血大サービスぶり。 ちなみに大江戸のこの映画のレビューはこちら↓

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/ckb-1a0c.html

まあ、とにかく満足できる太っ腹な内容です。さすがは20周年企画なのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

新しいベルマーレ・スマホケース

_20170809_211919_convert_2017081123

スマホケースを新しくしました。

愛用のベルマーレ・ユニフォーム型の受注商品。従来使っていたハードシェル・ケースが割れたりヒビが入ったりして、かなりヤバい状態になっていたタイミングで、新しくビニール・レザーの新作が登場したので、迷わず注文。3週間ほどで届きました。

_20170809_211854_convert_2017081123

背番号20の坪井慶介バージョンは継続です。現在、ツボさんはなかなか出場のチャンスが無いのですが、ベテランならではの渋さが素敵ですから。ピッチに立った時の動きや所作も、なんかカッコイイんですよね(例えばイチローの動きや所作が美しいのと同じように)。

_20170809_211824_convert_2017081123

なんだかなんだ結構落っことしちゃうことが多い大江戸にとっては、このタイプのケースは心強い味方だったりします。

でも結構大きくなるので、今までギリギリで入っていたポケットに入らなくなったり、はみ出したりするのですが、まあ何とか折り合いをつけてまいりましょう。

ツボさん、来期も残ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

(番外編)軽井沢の万平ホテルとタリアセン

Dsc_1592
そういえば「東京温度」なので、東京の外に出た場合は「番外編」と称しているのでした(なぜかサッカー観戦は例外)。

Dsc_1591

さて、昨日のカーリング編でお伝えしたように、軽井沢へ行ったのです。で、本来の目的は「万平ホテル」に泊まること。近年は旅行するならクラシックホテル!と思っておりまして、箱根富士屋ホテル、日光金谷ホテルに次ぐ第3弾ってわけです(まだまだ続きます)。

_20170804_101134

これらのクラシックホテルには必ず資料展示室がありまして、過去からのホテルの遺産や写真、宿帳、設計図などなどが展示されています。万平ホテルの場合も、1Fのバーの奥に資料室がございました。

Dsc_1582

大江戸が泊まったのは、増築した新館ではなくて、一番古くからある(1936年築)アルプス館の2F。ちなみにジョン・レノンも毎年ここの2Fに泊まっていたそうです(ジョンは富士屋ホテルにも泊まっていましたね。やはり育ちの良い「お嬢様」であるヨーコの影響なんでしょう)。

で、ここはこの「猫足バスタブ」が有名なんですってね。

Dsc_1588
お庭の丸い敷石も、楽しいではありませんか。

クラシックホテルに泊まったら、そこのメイン・レストランでディナー(および朝食)ってのが、鉄則であります。今回もその習わしに従い、ついでにメイン・バーにも行ってみました。

_20170804_101435

あと、喫茶室でスイーツもいただきましたよ。

この手のホテルは必ずと言っていいほど、アップルパイが名物になっております。クラシカルで王道のお味です。

_20170804_101544

ロールケーキは、クリームが妙にさっぱりしていて、大江戸の好みではありませんでした。

あと、ここのロイヤルミルクティーは、ジョン・レノンが「こういうのできる?」とレシピを授けてくれた逸品だそうで、確かにおいしゅうございました。

_20170804_101518_2

ディナーのデザートに食べたプリンも、濃厚なタマゴ感といい、ほろ苦いカラメルといい、焼きプリンですよって感じといい、まさに古典的な「ザ・プリン」でした。

_20170804_145045

あとは塩沢湖の周囲を上品なレジャーランド化した「軽井沢タリアセン」って所に行きましたよ。レイモンドやヴォーリズといった高名な建築家の手による洋館を見ることができる(入ることもできる)のです。

_20170804_133559

Dsc_1620

洋館好き、建築好きには結構たまらない穴場でありました。じっくり見てたら、半日じゃあ足りやせん(タリアセン)。

_20170804_145025あとは旧軽井沢をちょこっと見たり、駅の南の広大な(日本最大級だとか)アウトレットを見たりしましたが、何せ一泊二日ですからね。なかなか時間がタリアセンでした。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

(番外編)軽井沢でカーリング体験

_20170804_134116
先日、夏休みに軽井沢に一泊二日で行って来ました。まったくもって東京が涼しい時に行って、損した感じです。今なら良かったのに。

_20170804_144858

それはさておき、軽井沢駅の南西、塩沢湖のそばにある風越アイスパークという施設に行き、初心者のカーリング体験をやって来ました!

_20170804_141849

大江戸はテレビでのカーリング観戦が大好き、ってゆーかスポーツではサッカーとカーリング以外はどうでもいいと思っている人間なのです。でも東京ではカーリングのナマ観戦とか体験教室とかって、なかなかご縁がないもので、長い間「一度やってみたいなー」と思っていたのです。

Dsc_1601
ネットで調べて、電話で予約して、1時間の体験コース(2,380円)をやってみました。

真夏ですけど、長袖&厚手のパンツ、ニット帽に手袋など防寒着が必要(レンタルもあります)。大江戸は綿の長袖シャツ+薄手のダウンジャケット+ネックウォーマーなどを持参です。

_20170804_141914
実際、場内に入ってみるとほぼ冷蔵庫って感じで、やけに寒かったです(氷の上に立つと、更に寒い感じだし)。でもテレビで見る、あのカーリング場の風景! いや、素晴らしい!

受講者は総勢12人ほど。レッスンは大学生(高校生?)の女子がやってくれました。40数メートルのシートの半分を使って行います(もう半分は別の組が使ってました)。

_20170804_142526_li_convert_2017080

準備体操、氷の上の歩き方、受け身の取り方から始まり、ストーン(重さ20kg)の投げ方、スイープの仕方を教えてもらい、順番に練習。これ。氷の上を歩くのも結構難しいのです(片足すべらず、片足すべる靴なので)。でもストーンを投げるのは、結構上手にできました。

_20170804_143034_li_convert_2017080

最後には2チームに分かれて、ミニゲーム。一人一投ずつだし、スイープしてもほぼ役に立ってない気もいたしましたが、ともあれハウス内のストーンは何とかそれらしい形になりました。

_20170804_142622_2

最後に、近い距離からストーンを投げて、ハウスの中央に一番近い人が勝ちというゲームをやって、終了。いやー、あっという間でした。楽しかったです! またやりたいです!

一番奥のシートでは「韓国のチームが練習に来ている」ってことでした。

_20170804_133633

会場を出て少し歩くと、おお、1998長野オリンピック・カーリング会場の碑が!

うーん、東大和まで行かなくても、23区内にカーリング場できないかなあ(←無理なお願い)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」:今回もつまらなくて・・・

359876_001
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』は、堂々の完結をしてから6年ぶりにしらっと現れた第5作。でも大江戸はこれまでの4作をすべて観ているのにも関わらず、毎回まったく面白さを感じられずに「あー、つまんなかったー」と思っているので、公開1か月以上たってからようやく鑑賞した次第。で、やっぱり今回もつまんなかったー。 なのに、いろんな方のブログを見ますと、みなさん口々に最高に面白かったとか書いていらっしゃるので、小生としては「うーむ」と唸ってしまったのであります。大江戸の基準だと、本当に面白い娯楽映画ってのはこういうのじゃないんですけどねえ。

359876_011

まあ、金庫を盗むのに建物ごとロープで引きずっていくアクションだとか、ギロチンをめぐるドタバタだとかは面白かったですよ。アイディアとその表現において、バカバカしくも痛快でした。 でもそれ以外はねー、既視感のあるアクションや騒動ばかりで時々眠気を感じるほどでした。そもそも物語の芯をしっかり語れておりません。場面場面の散発的な継ぎはぎで出来ている映画なのです。

359876_004

ハビエル・バルデムにしたって、これだけ「加工」されてると、どこまでが演技でどこからがVFXの領域なんだか、考えざるを得ません(男優賞なんだか特殊技術賞なんだか特殊メイク賞なんだか)。そういう時代だってことですね。

ジャック・スパロウ船長は、ますますもって安定の狂言回しでした。そして序盤に、彼の叔父さん役であのお方が出演してるって情報、知っていたのに観てる時に忘れてて、完全に見落としてしまいました。うー、無念。

359876_008
一方でオーランド・ブルームとキーラ・ナイトレイは最後に出て来るのですが、本編主役は新しいコンビが務めました。きれいな女の人(カヤ・スコデラーリオ)は、若き日のニコール・キッドマンをよりクッキリ・フェイスにしたような感じでした。目力強いっす。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年8月 7日 (月)

「東京喰種 トーキョーグール」:大泉洋と清水富美加がいい!

357140_006
映画『東京喰種 トーキョーグール』は、バケモノ的な特殊能力を持った軍団とバトルを繰り広げるという、いかにも今日びのコミック原作VFXアクション。なぜこんな映画ばかりの世の中になっちゃったんでしょうか?という嘆きはさておき、よく出来た作品に仕上がっていると思います。そして松竹作品にしては珍しく、泥臭さが抜けていていい感じです(洗練とまでは行きませんけど)。

357140_002_2

グール固有の触手のVFXだとか、それに対抗する武器のVFXだとか、なかなかに凝った(でも一昔前的なテイストもある)映像です。窪田正孝の黒い仮面もデーモニッシュでカッコイイです。 人を喰う、人肉を喰うことの悪魔的な毒気も、あくまでもダークに表現されています。

357140_012

主役の窪田正孝の葛藤が長過ぎるほど延々と描かれますが、まさにそこが本作のキモなのでしょう。それは見方を変えれば、他の生き物の肉を食べることで生きている人間への異議申し立てであり、原罪の探求でもあるのです。

357140_004

でも

本作の見どころは、大学生と言うにはトウが立った窪田ではなく(とは言っても彼、現在TVで高校生役を演じてますけど)、大泉洋と清水富美加です。 大泉に(笑い抜きの)この役を当てがった人、ナーイスー! センスのあるキャスティングです。 そして清水富美加が一般の映画界から引退ってのは、かえすがえす惜しいですねえ。実は大江戸は、彼女の演技の才能を結構買っていたのです。本作の中でも、強気な個性に、にじみ出る哀しみに、キレの良いアクションにと、その才能をふんだんに発揮していただけに、残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2017年8月 6日 (日)

「デ・パルマ」:地味ながら公開されました!

De_palma
映画『デ・パルマ』を、新宿のシネマカリテで観ました。開催中の「カリコレ(カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション)2017」の中の1本として、7/29~8/9の間に7回のみの上映。地味~な公開だったので、大江戸も危うく気づかずに観逃すところでした。

ブライアン・デ・パルマ(故・今野雄二さん流に言えば「ディ・パーマ」ですが)ほど、現存の監督の中でその技法や表現の分析をしたくなる人はいないでしょう。映画史の中でも、デ・パルマ自身が師と仰ぐヒッチコックの次にファンや研究者の探求心をくすぐる監督だけに、このような企画はまさに時宜を得たものだと言えるでしょう。

キャリアのピークとも言える'80~90年代(小生は’70年代の彼の方が好きですけど)の顔からは、だいぶ変わりましたね。温和な顔になりました。そのデ・パルマが自分の半生と作品を振り返り、全作品のフッテージが流れる構成。ま、王道の作り方ですね。だけど、そこでデ・パルマさんったら、ネタバレ全開で語ってくれちゃってます(当然、映像も)。だから、デ・パルマの主要作品を未見の方にはお勧めできません。せめて、『キャリー』『フューリー』『殺しのドレス』あたりを観てからにしてくださいね。

Al_and_palma_2
ノア・バームバックとジェイク・パルトロウの共同監督作です。やはりデ・パルマ作品ってギミックたっぷりでビジュアル的に華があるので、観てて楽しいです。あのスプリット・スクリーンへの言及はあったけど、なぜか「ディ・パーマ・スローモーション」(と今野さんが名付けていた)については触れられていませんでした。あれを外してはいけないんじゃないですかね?

デ・パルマ監督、『ミッション:インポッシブル』第1作(1996)以降は過去作の縮小再生産みたいになっちゃってて、さすがに衰えた感は否めません。まあ、現在76歳ですからねえ。でも、彼ぐらいはっきりした個性を持つ監督がいない現在、もう一花咲かせてもらいたい映像の魔術師であることは確かなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

湘南、松本を下し首位キープ

_20170805_214100

BMWスタジアムでの湘南vs.松本山雅戦。

本日は風が無く、Jリーグや両チームのフラッグも終始垂れっぱなしでした。いや、蒸し暑かったです。

_20170805_220131

ビールも進むというもので、いつもは開始前に1杯だけなのですが、今日はハーフタイムにもう1杯飲んじゃいました。

 

_20170805_220325

今日はメインスタンド・ホーム側のコーナー・ポール後方客席での観戦。

ロンドさんとわかちこさんとベルマーレクイーンが、キックオフ直前にスタメンを改めて紹介してあおるという、いつもの儀式で盛り上げます。

 

_20170805_214526

今日のベルマーレは、来期の入団が発表されたばかりの大学生・松田天馬を先発に起用。いかにも曺監督 らしい大胆な用兵です。この天馬くん、164cmと小柄なMFですが、トップ下あたりで起用されて、なかなかいい感じにプレイしておりました。

67分にこちらも新加入のドラガン・ムルジャと交代しましたが、これからが楽しみな選手です。

_20170805_215819

Dsc_1633

今日は 茅ヶ崎やら何やらで花火大会があったらしく、 その影響で客数もやや少な目(9088名)なのかと思ったのですが、ハーフタイムに日本端子さん提供の花火が上がりました。これがかなり派手! 河野社長が来ていたので頑張っちゃったのでしようか、これまでこのスタジアムで見た花火の中で一番大きく華やかでした。

Dsc_1639

ただ風が無かったので、終了後に煙がスタンドやピッチに降りて来て、徐々に覆いつくして行きました。こ、これはジョン・カーペンターの『ザ・フォッグ』か?!って感じでした(わかる人にはわかる)。 近くにいた人は、「ヨーロッパのスタジアムで、発煙筒たかれた時みたい」と言っておりました。

 

_20170805_214222

開始早々の3分に先制され、その後も松本のプレスに苦しめられた湘南ですが(ソリさんがしっかり対策して来た感じ)、徐々にチャンスを作り出し、32分にオウンゴールで同点。そして37分に端戸の高い位置でのボール奪取から山田が決めて2-1と逆転。後半は両チーム無得点で、結局ベルマーレが勝ち点3をゲットして首位を守りましたました。

でもねえ…、石川シュート外し過ぎ(ふかし過ぎ)だろ!  一方で、ジネイは素晴らしい頑張りぶりで貢献度大でした。

_20170805_213903

勝利のダンスが終ると、曺監督が松田天馬とがっちり握手。鮮やかなデビューを祝い、今後への期待を表しておりました(バンザイまでしてました)。

_20170805_212820

これまでのベルマーレって、夏場に調子を落として勝てなくなることがよくあったのですが、どうやら今年は大丈夫って雰囲気が出ております(七夕ユニフォームで3連勝なんて初めて見た気がしますし)。 シーズン中途の補強選手も、いつになく強力ですしね。
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

「ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』:えらくつまらないんですが・・・

360497_010
映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』は、ユニバーサルの「ダーク・ユニヴァース」シリーズの第1弾ってことですが、こんなんでいいんですかい?? まったくのところ面白くもおかしくもありませんでした。どうしてこれを第1弾にしちゃったのか、謎です。まあたぶん、トム・クルーズの主演ってことで、往年のユニバーサル怪奇映画に漂うB級感を払拭して、れっきとしたビッグ・バジェット・ムービーですよと示したかったんでしょうね。それにしても、つまらなかったなー。

360497_012

ラッセル・クロウをシリーズの狂言回し的なジキル/ハイドとしたあたりにも同じ考え方が見て取れます。だけど、本作でこの人が凶暴なハイド化した時のドイヒーな芝居を見ると、むしろ「やっちまった」感しか残りません(ユニバーサルにとっても、それ以上にラッセルにとっても)。

360497_014

怪奇的な雰囲気は皆無で、むしろ『インディ・ジョーンズ』的な考古学風味まぶしのアクションです。飛行機墜落の場面に、かなりリキが入ってました。

だけど肝腎のミイラが、ほとんどゾンビ・テイストなんですよねー。どうして、なんでもかんでもゾンビに寄って行っちゃうんでしょうか? みんな、そんなにゾンビが好きなんでしょうか? 謎です。

360497_003_2

(以降ネタバレあり) これ、今後の展開としてはミイラの仲間化したトム・クルーズが、フランケンシュタインの怪物(ハビエル・バルデム)とか透明人間(ジョニー・デップ)とかと闘ったり、結託したりするのでしょうか? あまり面白そうに思えないのですけれど・・・。 トム・クルーズは本作でも昨年の『M:i ローグ・ネイション』でも、長時間の息止め潜水やってたので、半魚人の方がいいような気もいたします。

で、ユニヴァース化したってことで、先行するマーヴェルのようにエンドクレジット終了後に、お約束の「オマケ・シーン」がついて来るのだろうと思って、やけに長い(軽く10分以上はあり、他の作品と較べてもえらく長かったです)タイトルロールを最後まで見たのですが、何にもナシ!の肩透かし。そりゃないよー。

 

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2017年8月 3日 (木)

プーさんのおしり

_20170802_124342
わお!

新宿の地下通路で、1本の柱がえらいことになってました。

木になってますけど、こ、これは・・・

プーさんがめりこんじゃってます。

Dsc_1571

まあ、めり込んじゃってるわけではなくて、ハチミツを取ろうとして木の穴に入ったら、出られなくなっちゃったわけですけど。

そういうわけで、木の反対側からは頭が出ていません。

Dsc_1574
どうやらこれ、某カード会社の広告みたいですね。シンプルでそこそこの費用しかかかっていない(はず)割には、通る人の多くが(特に女子)足を止めて、写真を撮ったりしておりました。単純ながら、アイディア勝ちですね。

_20170802_212229

おしりを拡大すると、こんな感じ。

ぬいぐるみなので、結び目がほどけちゃってるわけですね。原作もこうだったってことですよね。それにしても、ハチミツすごいですね。

てなわけで、今日8月3日は「ハチミツの日」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「アルチンボルド展」と「ル・コルビュジエの芸術空間」

_20170802_170134
上野の国立西洋美術館で、『アルチンボルド展』を観ました。それほど観たかったわけではないのですが、招待券をもらったので。

ここも久々に来ましたが、世界文化遺産になったってことで、ル・コルビュジエの紹介やら何やらが展示してありました。

『アルチンボルド展』は、この画家の日本初の本格的紹介となる展覧会なのだそうです。意外な気もしますが、考えてみれば確かにやってませんもんね。

_20170802_170047
アルチンボルドと言えば、寄せ絵の肖像画・・・花とか野菜とか魚とかが集まって顔になってるやつ。

ま、正直思った通りというか、期待以上ではなかったというか、そんな展覧会でございました。

Dsc_1580

で、むしろ常設展内で開催していた『ル・コルビュジエの芸術空間』という小展覧会の方が面白かったのです(『アルチンボルド展』の半券で、常設展ともども観られます)。「国立西洋美術館の図面からたどる思考の軌跡」とあるように、ここを設計するにあたってのコンセプトや、建築の思想や、特色や、時系列の変更箇所を図面やスケッチで展示してあり、非常に興味深いものでした。 これは「得しちゃった」気分でしたね。

その後に観た常設展の中には、ル・コルビュジエによる絵画作品もありましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

「ありがとう、トニ・エルドマン」:重くて長くて笑えない

359497_006_2

映画『ありがとう、トニ・エルドマン』は、相当けったいなドイツ映画。結構評判が良いみたいですし、ジャック・ニコルソン主演によるハリウッド・リメイクも決定しているそうですけど、大江戸としては「そんなにいいかあ?」と疑問符をつけずにはいられません。

この手のコメディにしては異例なほど長い2時間42分の上映時間。そこから逆算したように、テンポもゆーっくりなんです。とにかく一つ一つのシーンが静かにゆったりと描かれていて、しかもカット尻の長いこと! ちょっと、じれったくなってしまうほどです。

359497_003

しかもギャグ(と言っていいのかどうか・・・)が、どれもこれもキレが悪く重苦しいので、笑っていいのやらいけないのやらわかりません。 この主人公のパパさん(エルドマン氏)が、「マイルド異常者」で、かなりイラつきますし。こんなんで「娘のためを思って」とか言われても、困っちゃいますよね。

359497_001_3
(以降ネタバレあり) 終盤の裸パーティーのシークェンスも、謎多過ぎです。そもそもなんで主人公が靴が履けずにイライラしていた後に、服を脱ぐに至ったのかがよくわかりません。男性の上司や同僚にハダカ姿を見せて平気な感覚もわからないし、他の同僚もなんだかんだ賛同して裸になっちゃうあたりも・・・。ドイツでは、ハダカのハードルって低いんでしょうか?? 少なくとも日本では、コメディ内でも成立しない行動だと思います。あまりにヘンテコで、ここだけは笑えましたけど。

359497_008

その後の感動的(であろう)場面も、大江戸的にはさほどの感銘を受けませんでした。なんだそりゃ?って感じで。

こういう映画を観ると、世界は広いし、まだまだ映画の可能性って色々あるんだろうなあと思わないわけにはいきません。ま、その作品を評価するかどうかとは別の問題ですけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2017年8月 1日 (火)

「君の膵臓をたべたい」:美しい映画、泣けるファンタジー

358951_010
『君の膵臓をたべたい』は、美しい映画です。トリッキーなタイトルに反して、古典的なプロットを丁寧に描いた物語です。大江戸は基本、死病映画は嫌いなのですが、これぐらい美しく作ってくれると、素直に泣けます。 でもこの作品の公式サイトを見ると、さかんに「キミスイ」っていう省略形が出て来るんですけど、「えのすい」(江ノ島水族館)みたいですね。あるいは「卵の黄身のお吸い物」?

358951_011
予告編で見た限りでは主演の二人(浜辺美波、北村匠海)がさほど魅力的に感じられなかったのですが、いえいえとんでもない。映画の中では、実に好もしい、魅力的な、応援したくなる少年少女でした。死に向っていく少女を生き生きと(と言っては逆説的ですが)描いていますし、少年の内向的な所も実に小生には響きました。この二人が過ごした日々の輝きは、凡百のキラキラ映画には到底まねできない美しさでした。 それにしても浜辺美波と北村匠海って、二人とも「海」系のお名前ですね。

358951_001
あえて親や家族を出さないあたりも、「ファンタジー」としては正しい選択でしょう。「美しいおとぎ話」を妙に現実的な土俵に引きずり込む行為は避けたのでしょう(終盤に少女の母親だけは、控えめに登場しますが)。

ただ、観た後に知ったのですが、現代部分(小栗旬、北川景子)をつけ足したのって、原作にはない映画の改変部分なんですってね。うーん、ノー・スター映画になるのを避けたっていう興行的な配慮が大きそうですね。でも正直言って、このつけ足し部分はさほど魅力的ではありませんでした。

358951_009
そうは言っても全体的には良い出来ですし、甘酸っぱい気分になれる作品です。ホテルの場面、自宅の場面、病院の場面・・・と、二人のからみが最高なのです。 浜辺美波は16歳にしてはやけに「大人顔」だと思いますが、この東宝シンデレラは果たしてどう育っていくのでしょうか?

12年後に主人公の親友だった少女が北川景子になっていることにも多少の違和感がありましたが、クラスメイトの少年=矢本悠馬が上地雄輔になっていたのには超ビックリ!!! 笑いそうになりました(ギャグですか?!)。「俺、整形したんだ」なんて台詞が出て来るんじゃないかと思っちゃいましたよ、マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

« 2017年7月 | トップページ