« 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」:ネコ映画の最高峰 | トップページ | 日本のW杯出場決定!を埼スタで観戦 »

2017年8月30日 (水)

「幼な子われらに生まれ」:荒井脚本とネオ浅野のお手柄

360464_001
映画『幼な子われらに生まれ』は、やっぱり映画って脚本だよなーと思える作品。これまで大江戸が評価して来なかった三島有紀子監督が、荒井晴彦のホンを得て、見違えるような仕事をしてくれてます。家族を、人間を、きちんと描いた日本映画らしい日本映画の良作になっています。

360464_004

一見平和そうな家族にひびが入り、崩壊へと向かっていく数々の描写が、リアルに丹念であり、ダイアローグが生きています。もうこれは、さすが荒井晴彦だとほめるしかありません。人間を深く見つめるまなざしが、映画ならではです。みんな不完全、みんなむしろダメな人、でもそれってあなたでもあり私でもあるでしょ、という踏み込み。これって、近年の映画には妙に欠けているんですけど、荒井脚本(まあ重松清原作によるものかも知れませんが)では、そこらを描くことこそが命題とばかりに攻めて来ます。そうです、大人だってみんな確信なんかなしに、これでいいのだろうかと悩みながら生きているのです。

 

360464_002でも大人たちに比べて、この映画の子供たちはリアルじゃないというか、何を考えてるのだろうかって所がありました。むし子供らの言動に納得がいかないと申しましょうか・・・。 急な和解もどきも、「そうなるかなあ?」って感じで、脳内の疑問符が消えませんでした。そこはややマイナスでした。

360464_008
で、浅野忠信が、素晴らしいのです。普通のサラリーマンのバツイチお父さんなんですけど、その普通さの裏の感情の揺らぎだとか、小さな表現の喜怒哀楽だとか、ハッタリだとか、家庭内の役割演技だとか、そういったあれこれを繊細に演じて、これまでの「変人浅野」「怪人浅野」とは違う位相での名演となっています。これは評価すべきですね。

|

« 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」:ネコ映画の最高峰 | トップページ | 日本のW杯出場決定!を埼スタで観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71568566

この記事へのトラックバック一覧です: 「幼な子われらに生まれ」:荒井脚本とネオ浅野のお手柄:

» 幼な子われらに生まれ [あーうぃ だにぇっと]
幼な子われらに生まれ@よみうりホール [続きを読む]

受信: 2017年8月31日 (木) 07時10分

» 幼な子われらに生まれ [象のロケット]
商社マンの田中信は、暴力的な夫・沢田と離婚した奈苗と4年前に再婚し、奈苗の連れ子である長女・薫、次女・恵理子と4人で暮らしている。 奈苗は妊娠中で、それを知った薫は反抗的になり、実の父親と会いたいと言い出した。 そんな中、信との間の娘・沙織を連れて再婚した元妻・友佳から連絡が入る…。 ヒューマンドラマ。 ≪親愛なる、傷だらけのひとたちへ。≫... [続きを読む]

受信: 2017年8月31日 (木) 12時04分

» 「幼な子われらに生まれ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2017年・日本 配給:ファントム・フィルム 監督:三島有紀子 原作:重松清 脚本:荒井晴彦プロデューサー:森重晃、江守徹 互いに再婚同士の夫婦を通して家族のあり方を描いたヒューマンドラマ。直木賞作家... [続きを読む]

受信: 2017年9月 3日 (日) 21時40分

» 幼な子われらに生まれ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
重松清の同名小説を「ヴァイブレータ」「共喰い」の荒井晴彦が脚色し、「しあわせのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子が監督した群像ヒューマン・ドラマ。2人の連れ子のいるバツイチ女性と再婚した男を軸に、家族を築いていくことの困難さに直面した不器用な大人たちが織りなす愛と葛藤の人間模様を綴る。主演は浅野忠信、共演に田中麗奈、寺島しのぶ、宮藤官九郎。 <感想>親愛なる、傷だらけの人たちへ。血の繋がらない家族、血の繋がった他人――つまずき、傷つきながらも幸せを紡いでいく大人たちの、アンサンブルムービー。我が家へ... [続きを読む]

受信: 2017年9月 4日 (月) 22時49分

» 幼な子われらに生まれ [映画的・絵画的・音楽的]
 『幼な子われらに生まれ』をテアトル新宿で見ました。 (1)浅野忠信の主演作ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、遊園地の入口。  親子連れが何組も見受けられ、子どもたちが「パパ、早く」などと言って走ったりしています。  信(浅野忠...... [続きを読む]

受信: 2017年9月19日 (火) 18時05分

« 「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」:ネコ映画の最高峰 | トップページ | 日本のW杯出場決定!を埼スタで観戦 »