« 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」: | トップページ | 「ロスト・イン・パリ」:ポップで軽いお楽しみ »

2017年8月17日 (木)

「少女ファニーと運命の旅」:子供たちの逃亡サスペンス

360712_001
映画『少女ファニーと運命の旅』は、気がついたら公開されていましたが、いやー、小粒でもピリッとした山椒のような佳品でした。

第二次大戦下のフランスで、ドイツ軍の手を逃れようと旅する子どもたちのサスペンス。心配で心配で、ハラハラしてしまうサスペンスです。これ、ジャック・ドワイヨンの娘(ローラ・ドワイヨン)が監督したんですってね。そして、実話に基づいていて、最後にまだ存命中のファニーが出て来て驚きました。

360712_002
いろんな年齢構成の女の子&男の子たちが山を越えて行くあたりは『サウンド・オブ・ミュージック』を、列車を使った逃亡サスペンスとしては『ジュリア』を連想したもりしました。 でも本作を一番よく表しているのは、広告に出ていた山田洋次監督の感想です=「ぼくは子供たちと共に旅をした。とても恐かった、お腹が空いた、最後にホッとした。戦争は悪だ。」。まさに、そういう映画なのです。

360712_005
13歳の少女ファニーが、子供たち9人のリーダーとして、気丈に統率していくのですが、いやー、大したものです。命がけの逃走の全責任が小さい肩にのしかかっている中、言動の一つ一つが素晴らしいのです。

子供たちの演技が見事。そして、無邪気にはしゃぐ場面も素敵。 ファニーの末妹の目が大きい子なんて、小さいのに大した役者だなあと思ったら、なんと『92歳のパリジェンヌ』に出ていた子だったのですね。なんか見たことあると思った。

360712_003
端正な映画ではありますが、脚本のせいか所々「ん?なんでそうなるの?」ってなことがありました。ちょっと描写が舌足らずだったりもするのです。そこは残念。

(以降ネタバレあり) ラストでスイス国境へと坂道を走る子供たちの自由への躍動感、力感、歓喜は圧巻でした。これぞ、映画。 ドイツの国境兵も、あれはわざと外してくれたんですよね。大江戸は、そう思いたいなあ。

|

« 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」: | トップページ | 「ロスト・イン・パリ」:ポップで軽いお楽しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71450478

この記事へのトラックバック一覧です: 「少女ファニーと運命の旅」:子供たちの逃亡サスペンス:

» 少女ファニーと運命の旅 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(00) 山奥で育った大家族のお笑い珍道中ではありません。 [続きを読む]

受信: 2017年8月18日 (金) 07時31分

» 少女ファニーと運命の旅 [象のロケット]
1943年、ナチス支配下のフランス。 ユダヤ人の子どもたちは親と別れ、支援組織の施設で生活していた。 ところが、密告者の通報によって施設は閉鎖。 スイスへ逃れることになった子どもたちは、厳しい取り締まりの中で引率者とはぐれてしまう。 三人姉妹の長女で13歳のファニーが、9人の子供たちのリーダー役を任されることに…。 実話から生まれた戦争ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年8月19日 (土) 12時59分

» 映画:少女ファニーと運命の旅 Le voyage de Fanny こんな歴史があったんだ、を誠実に語る一作。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
最近「ヒトラー映画」がやたら多く公開されていて、やや食傷ぎみ(笑) 例えば... 「ヒトラーの忘れ物」の原タイトルは、Under sandet = 砂の下 「ヒトラーへの285枚の葉書」は、Jeder stirbt fur sich allein = ベルリンに一人死す なので、わかりやすくしようとした努力(売ろうとした努力?)はわかるが、その意図が結果、冒頭のような印象?現象となる。 その点、今作は潔くて良い。 原作モノ(自伝)とはいえ、下手したら「少女ファ... [続きを読む]

受信: 2017年8月26日 (土) 23時56分

« 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」: | トップページ | 「ロスト・イン・パリ」:ポップで軽いお楽しみ »