« 「ロスト・イン・パリ」:ポップで軽いお楽しみ | トップページ | 首位湘南、19位熊本と0-0 »

2017年8月19日 (土)

「スパイダーマン ホームカミング」:軽やかな青春コメディ

359026_002
映画『スパイダーマン ホームカミング』は、昨年の『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』で既に顔見せ済みの若きスパイディーの本格リブート第1作。軽やかな青春コメディのノリです。実際、ほとんど「学園モノ」です。新スパイダーマン=トム・ホランドの持つ若さと軽みが、作品のトーンとマッチしていますね。だって、高い所に糸を引っかけられない公園では、しょうがなくて走っちゃったりするんですもん。

359026_005

それにしてもこの学校、今風のダイバーシティに富んでいます。主人公ピーターの親友はアジア系ですし、憧れの女子はアフリカ系、ピーターに対抗心を燃やす男子も南米系かどっかの感じでしたし、終盤にピーターとハッピーがいるトイレで個室から出て来たのも東アジア系でした。ハリウッド映画って、1970-90年代あたりでアフリカ系がぐんと増えて、90年代後半~00年代にはヒスパニックが増加し、2010年代に入って中国をはじめとしたアジア系が激増していますよね。そういう時代の流れがあるのですねえ(ま、中国人俳優の増加には、資本参加による側面が大きいわけですけども)。

359026_004

トムくんのスパイダーマンはお調子者で、まあやることなすこと「小僧っ子」ですね。悪い意味で「軽い」。でも、本作はそんな彼の成長譚にもなっています。 そして、最後まで忘れてたけど、「あ、そういえばMJって・・・」ってなった場面では驚きました。これまでと全く違うタイプのMJ(むしろマイケル・ジャクソンじゃね?って感じのMJ)で、次回作に興味津々です。

359026_006

マイケル・キートンの“バードマン”(ヴァルチャー)には、誰もがひっくり返ることでしょう。あの翼の造形とか、「まんま」じゃん。 それにしてもマイケル・キートン、ますますもって悪人顔ですねえ。 

今回ちょっとだけの登場で場面をさらうトニー・スターク=ロバート・ダウニー・Jr.は、儲け役でありました(ま、金持ってっからね)。

|

« 「ロスト・イン・パリ」:ポップで軽いお楽しみ | トップページ | 首位湘南、19位熊本と0-0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71469395

この記事へのトラックバック一覧です: 「スパイダーマン ホームカミング」:軽やかな青春コメディ:

» スパイダーマン:ホームカミング★★★★ [パピとママ映画のblog]
アイアンマンやキャプテン・アメリカなど“アベンジャーズ”を中心にマーベル・ヒーローが同一世界観の中で活躍する“マーベル・シネマティック・ユニバース”作品群の一つとして描かれる新シリーズの第1弾となる痛快エンタテインメント青春アクション大作。主演は「インポッシブル」「白鯨との闘い」のトム・ホランド。共演はアイアンマン役のロバート・ダウニー・Jrのほか、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ。監督は「クラウン」「COP CAR/コップ・カー」で注目され、長編3作目の本作でいき... [続きを読む]

受信: 2017年8月19日 (土) 23時26分

» 映画「スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)』(公式)を8/11の公開初日に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、過去の『スパイダーマン』の実写化映画シリーズはほぼ全作鑑賞済み。 ディレクター目線のざっくりストーリー スパイダーマンとして活動する15歳のピーター・パーカー...... [続きを読む]

受信: 2017年8月20日 (日) 08時21分

» 「スパイダーマン:ホームカミング」Spider-man:Homecoming [事務職員へのこの1冊]
スパイダーマンの再リブート。まあ、商売上のいろんな理由があったことは理解できます。アベンジャーズに組み入れられたことで、結果的に大ヒットしたのだからSONYも満足でしょう。スピンオフを大量につくるらしいのはさすがにやり過ぎですが。 今回はトム・ホランド主演でアイアンマンがサポート。父親に愛されなかったとまだ誤解しているトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が、父親らしい愛情をピーター・パーカーにそそぐ。 これまでの実写版5作品を全部劇場で見ている、マーベルとSONYのいい客だから言わせ... [続きを読む]

受信: 2017年8月20日 (日) 08時53分

» 『スパイダーマン ホームカミング』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「スパイダーマン ホームカミング」□監督 ジョン・ワッツ□脚本・原案 ジョナサン・ゴールドスタイン、ジョン・フランシス・デイリー□キャスト トム・ホランド、マイケル・キートン、ゼンデイヤ、マリサ・トメイ       ロバート・...... [続きを読む]

受信: 2017年8月20日 (日) 09時24分

» スパイダーマン : ホームカミング [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  アクション&ヒーロー&青春  監督:ジョン・ワッツ  出演:トム・ [続きを読む]

受信: 2017年8月20日 (日) 09時53分

» スパイダーマン;ホームカミング・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
青春だよ、スパイディ! 昨年の「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で先行デビューした、新生スパイダーマンの単独主演第一作。 大ヒットしたサム・ライミ版三部作と、その後を受けたマーク・ウェブの「アメイジング・スパイダーマン」とは違って、ディズニー主導のMCUとの連携を前提に作られているのが特徴で、全員が修羅場をくぐり、一癖も二癖もあるオトナの集団のアベンジャーズの面々に対して、ピュ...... [続きを読む]

受信: 2017年8月21日 (月) 21時52分

» スパイダーマン:ホームカミング [ネタバレ映画館]
ピーター・パーカーのリュック、着替え、クモの糸に注目です。 [続きを読む]

受信: 2017年8月22日 (火) 01時31分

» 「スパイダーマン:ホームカミング」 [或る日の出来事]
ホームカミングとは、卒業生たちを母校に迎えて、ダンスやスポーツや同窓会など各種イベントを楽しむ催しのことである。 [続きを読む]

受信: 2017年8月22日 (火) 07時49分

» スパイダーマン:ホームカミング [象のロケット]
アメリカ・ニューヨーク。 ベルリンでのアベンジャーズの戦いにスパイダーマンとして参加した15歳の少年ピーター・パーカーは、次の出番を心待ちにしている。 ある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に現れた。 アイアンマンことトニー・スタークが止めるのも聞かず、ピーターは怪物の調査に夢中になる…。 VFXヒーローアクション新シリーズ。... [続きを読む]

受信: 2017年8月22日 (火) 09時17分

» 『スパイダーマン:ホームカミング』('17初鑑賞91・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 8月12日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:35の回を鑑賞。 2D:字幕版。 [続きを読む]

受信: 2017年8月22日 (火) 10時05分

» スパイダーマン:ホームカミング [花ごよみ]
主人公のスパイダーマン、 ピーター・パーカー役は、 トム・ホランド。 ロバート・ダウニー・Jr、 マイケル・キートンらが共演。 監督は、ジョン・ワッツ。 アベンジャーズに憧れ 真のヒーローとして認めてもらい 彼らの仲間入りを望む 15歳の高校生ピーター・パーカー...... [続きを読む]

受信: 2017年8月23日 (水) 20時43分

» 80『スパイダーマン ホームカミング』親愛なる隣人へ [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
待ってました待ってました。 MCU版スパイダーマン始動! 『スパイダーマン ホームカミング』 ~あらすじ~ 15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)は、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタ...... [続きを読む]

受信: 2017年8月27日 (日) 21時49分

» スパイダーマン:ホームカミング(MX4D 日本語吹替版) 監督/ジョン・ワッツ [西京極 紫の館]
【出演】  トム・ホランド    (ピーター・パーカー/声:榎木 淳弥)  マイケル・キートン  (バルチャー/声:大川 透)  ジョン・ファヴロー  (ハッピー/声:大西 健晴)  ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/声:藤原 啓治) 【ストーリー】 15歳...... [続きを読む]

受信: 2017年8月28日 (月) 21時36分

» スパイダーマン ホームカミング [映画的・絵画的・音楽的]
 『スパイダーマン ホームカミング』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はニューヨーク(注2)。  始めの方では、エイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)らが、破壊されたニューヨークの...... [続きを読む]

受信: 2017年9月 4日 (月) 21時05分

» 映画「スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『スパイダーマン:ホームカミング(2D・日本語字幕版)』(公式)を8/11の公開初日に劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、過去の『スパイダーマン』の実写化映画シリーズはほぼ全作鑑賞済み。 ディレクター目線のざっくりストーリー スパイダーマンとして活動する15歳のピーター・パーカー...... [続きを読む]

受信: 2017年9月 5日 (火) 11時15分

» スパイダーマン:ホームカミング(2D 日本語吹替え版) [タケヤと愉快な仲間達]
【解説】 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』などのトム・ホランドを主演に迎えたヒーローアクション。血気盛んなスパイダーマンが、突然出現した怪物に戦いを挑む姿を活写する。アイアンマンとして数々のマーベル作品に出演してきたロバート・ダウニー・Jrや、『...... [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 10時03分

« 「ロスト・イン・パリ」:ポップで軽いお楽しみ | トップページ | 首位湘南、19位熊本と0-0 »