« 女子カーリング、LS北見の代表決定 | トップページ | 「あさひなぐ」:笑える「青春なぎなた映画」 »

2017年9月11日 (月)

「エル ELLE」:ハネケほどの毒はなくて・・・

359372_005映画『エル ELLE』は、久々のポール・バーホーヴェン監督作。でも現在79歳の人が作った映画だけに、以前ほどの「毒」は感じられませんでした。出てくる人たちはみんなゲスだし、描かれている物事もアブノーマルだったり不快だったりするのですが、あの胸につっかえるdisgustingな感覚はありませんでした。

広告にも、人々の感想にも、「衝撃」とか「強烈」とか「変態」とか書いてあるのですが、小生にはむしろ肩すかしでした。は?こんなもんですかい?って感じ。昔のバーホーヴェンは、もっと毒気が強かったし、ミヒャエル・ハネケの方が何倍も狂ってて変態です。

そう、イザベル・ユペールが主演でこの路線ってことは、当然ハネケの『ピアニスト』を思い出します。そして、『ピアニスト』の方が数段衝撃的で強烈で変態な映画なのです。なんか「覚悟が違う」感じがします。

359372_001

まあそれでもメジャーな娯楽作の枠内では、随分頑張った(?)と言えるでしょう。それもこれもイザベル・ユペールのおかげですよね。現在64歳だから、撮影時だって還暦を過ぎていたはずですが、49歳の役柄でしたし、まあ色々とあっぱれです。

ヘンな映画ではありますが、むしろコメディとして頭から観直してみるといいかもと思いました。もともと随所に笑いの要素はありましたし、それぞれのキャラクターがかなりコミカルですもんね。ウディ・アレンに頼んで、コメディとして全編吹き替えてもらいたい気がいたします。

|

« 女子カーリング、LS北見の代表決定 | トップページ | 「あさひなぐ」:笑える「青春なぎなた映画」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71681683

この記事へのトラックバック一覧です: 「エル ELLE」:ハネケほどの毒はなくて・・・:

» エル(ELLE) [映画的・絵画的・音楽的]
 『エル ELLE』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)主演のイザベル・ユペールがこの作品で様々な賞を受けているとのことなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭の舞台は、パリ郊外の高級住宅地。  主人公のミシェル(イザベル・ユペール)が、黒猫を家の...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 05時29分

» 『エル ELLE』 一筋縄ではいかない感じ [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ロボ・コップ』などのポール・ヴァーホーヴェン監督の最新作。  原作は『ベティ・ブルー 愛と激情の日々』の原作者でもあるフィリップ・ディジャンの小説『oh...』。  第74回ゴールデングローブ賞で最優秀主演女優賞と最優秀外国語映画賞を受賞した作品。  冒頭、ミシェル(イザベル・ユペール)が侵入してきたマスク姿の男に自宅でレイプされたことが示される。驚くのはその後のミシェ...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 18時26分

» ショートレビュー「エル ELLE・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
彼女の本当の姿とは。 予告編から期待したものを、良い意味で裏切られる。
 覆面男に襲われたた主人公が、犯人を探し出そうとするうちに、周りの男たちが怪しく思えて疑心暗鬼になり、徐々に精神崩壊してサイコ化するのかと思っていた。 しかし、そっち系の分かりやすいサスペンス方向には行かないのである。 
 イザベル・ユペール演じるミシェルは、一見すると知的でエレガントな女性なのだけど、実...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 21時00分

» エル ELLE / Elle [勝手に映画評]
社会的にも成功した女性が、ある日、自宅で男に襲われるが、なぜか警察に届けようとしない。女性が警察に届けようとしないのには、理由があった・・・。 中々複雑な人間関係ですね。それと、ミシェルの性格も、中々屈折している様です。って言うか、ミシェルの性格が屈折...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 21時28分

» エル ELLE [あーうぃ だにぇっと]
エル ELLE@有楽町朝日ホール [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 22時33分

» エル ELLE [象のロケット]
一人暮らしをしているゲーム会社の女性社長ミシェルは、自宅で覆面の男に襲われる。 その後も、送り主不明の嫌がらせメールが届き、自宅には誰かが留守中に侵入した形跡が残されていた。 過去の経験から警察を信用していない彼女は、自ら犯人を探し始めることに…。 サスペンス。 ≪犯人よりも危険なのは、“彼女”だった―。≫ PG-12... [続きを読む]

受信: 2017年9月13日 (水) 21時01分

» [映画『エル ELLE』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
映画の日なので、「スキップ・トレース」に続いて、2本目を観るのだ!☆・・・ちまたで評価の高いポール・ヴァーホーベン監督作品! これが観たいから、いちいち、そこでしかやってない立川シネマシティまで来た。 二つの作品に、偶然に一致したことがあるので、まず記...... [続きを読む]

受信: 2017年9月18日 (月) 10時40分

» 「エル ELLE」☆正しい隣人の愛し方 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
原作が凄いのか、監督が凄いのか、女優が凄いのか… 確かに言えるのは、フランス映画なのが成功のカギだったことと、このミシェルを演じたイザベル・ユベールの醸し出す雰囲気が絶妙だったってこと。(ネタバレで書きます)... [続きを読む]

受信: 2017年9月29日 (金) 11時13分

» エル ELLE  監督/ポール・バーホーベン [西京極 紫の館]
【出演】  イザベル・ユペール  ロラン・ラフィット  アンヌ・コンシニ 【ストーリー】 ゲーム会社の社長を務めるミシェルはある日、自宅で覆面の男性に暴行されてしまう。ところがミシェルは警察に通報もせず、訪ねてきた息子ヴァンサンに平然と応対する。翌日、いつ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 1日 (日) 18時12分

« 女子カーリング、LS北見の代表決定 | トップページ | 「あさひなぐ」:笑える「青春なぎなた映画」 »