« 「新感染 ファイナル・エクスプレス」:あれこれてんこ盛りの韓国風 | トップページ | 「パターソン」:「ツイン・ピークス」との符合も »

2017年9月23日 (土)

「ユリゴコロ」:デートで観ちゃダメ

360354_005
映画『ユリゴコロ』は、沼田まほかるによる「イヤミス」の映画化、と言ってもこの作者の小説は全く読んでおりませんが。確かに全編を通して嫌~な感じはそこそこ漂っています。でも熊澤尚人監督が自分のフィールドである純愛の方に寄せていったために、むしろ「いい話」に近づいてしまい、中途半端になったのではないでしょうか。

360354_003
この作品、東映の三角マーク付きですが、昨年の『少女』といい今年の『暗黒女子』といい、東映さん、妙にそっちの方に足を踏み入れてますねえ。そんなに鉱脈があるとも思えないのですが・・・。

さてこの映画、決してつまらなくはないのですが、トリック的な部分はみんな読めちゃうし(まあ読めるように作ってあるけど)、それ以上にツッコミ所が多いですねー。原作のせいなのかしらん? ネタバレになっちゃうから書きにくいけど、観た人はわかるように一つだけ---「殺し屋1」かよっ!(どんだけ強いんだ??)

360354_006
色々と嫌な感じのシーンはありますが、中でも怪優・佐津川愛美がらみのリスカ・シーンは(音も手伝って)かなり目をそむけたくなる気持ち悪さです。

それにしても何でこの主人公に吉高由里子をキャスティングしたかなあ? どうにも似合わない気がしてなりませんでした。案外世の中は単純なものなので、『ユリゴコロ』だから由里子にやらせようってなったんじゃないでしょうかねえ。あり得ると思うけどなー。

360354_001
父親役の俳優さんをずっと生瀬勝久さんだと思って観ていたのですが、後から貴山侑哉さんという方だと知りました。いやー、大江戸もまだ修行が足りませんね。

それはそうと、清らかな感動作みたいな予告編を見て、本作をデート・ムービーに選んだりしたカップルはかなり大変なことになってしまいそうです。ドン引きだと思います、いやはやなんとも。

|

« 「新感染 ファイナル・エクスプレス」:あれこれてんこ盛りの韓国風 | トップページ | 「パターソン」:「ツイン・ピークス」との符合も »

コメント

お父さん役は、生瀬さんじゃないです…。
貴山侑哉さんという俳優さんです…。

投稿: オアシス | 2017年10月22日 (日) 22時02分

オアシスさん、お知らせいただきありがとうございます!

我ながらひどい間違いですね。すぐに当該箇所を書き直させていただきます。いやー、お恥ずかしい限りです。失礼しました。

投稿: | 2017年10月22日 (日) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71792739

この記事へのトラックバック一覧です: 「ユリゴコロ」:デートで観ちゃダメ:

» ユリゴコロ [象のロケット]
カフェを営む亮介が実家で見つけた、「ユリゴコロ」と書かれた一冊のノート。 それは美紗子という女の半生と殺人の記録だった。 父親が余命わずかと診断され、婚約者・千絵が失踪したばかりの亮介は、妙に心をかき乱されてしまう。 そんな時、千絵の元同僚だという女性が店に現れる…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2017年9月26日 (火) 08時39分

» 『ユリゴコロ』('17初鑑賞108・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月29日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 12:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017年10月 2日 (月) 13時59分

» ユリゴコロ ★★★ [パピとママ映画のblog]
沼田まほかるのベストセラー・ミステリーを吉高由里子主演で映画化。生まれながらに“人間の死”が拠りどころのヒロインのおぞましくも切ない半生と、その殺人履歴が綴られたノートを見つけた青年の運命が狂わされていくさまを描く。共演は松坂桃李、松山ケンイチ、木村多江...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 7日 (土) 18時24分

» 『ユリゴコロ』('17初鑑賞108・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 9月29日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 12:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017年10月 8日 (日) 12時35分

» ユリゴコロ [映画的・絵画的・音楽的]
 『ユリゴコロ』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)久しぶりの吉高由里子主演作というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、車の中。  乗っている千絵(清野菜名)が、「お父さんが、あなたを男手ひとつで育てたなんて」と言うと、運転をしている亮介(松坂桃李)は、「母は、僕を助けようとして、…」と言って(注2)、車のスピードを上げ、前の車を乱暴に追い越します。千絵が、「こういう運転はやめてね」と注意すると、亮介は「うん」と頷きます。  次いで、亮介が営むペンション&カフェ「シャギー... [続きを読む]

受信: 2017年10月16日 (月) 18時29分

« 「新感染 ファイナル・エクスプレス」:あれこれてんこ盛りの韓国風 | トップページ | 「パターソン」:「ツイン・ピークス」との符合も »