« 「ザ・ウォール」:90分1カ所勝負 | トップページ | 女子カーリング、LS北見の代表決定 »

2017年9月 9日 (土)

「ダンケルク」:新たに「映画を発明」している凄さ

358077_005
映画『ダンケルク』が、ただただ凄かったです! 予告編を見て想像できる仕上がりの何倍ものクォリティで圧倒します。

ちなみに本作は65mmのフィルムで(デジタルではなく)撮影し、仕上げたのだそうですが、小生が観た丸の内ピカデリーでは、フィルム上映(35mm)でした。よりノーランの意図に近いのかと思っております。 でもそれよりも何よりも、できるだけ大きなスクリーンで(できれば見上げる感じに前の方の出来で)映画に入るように体感すべき作品です。これをそのうちスマホで見ようなんて考えてる人がいたら、それは別モノですからね。『ダンケルク』じゃなくて、『たんけるく』か何かですからね。

358077_002

それぐらいリアルに「戦場の中にいるように」感じさせてくれる映画だし、撮り方なのです。ほとんどサイレント映画に近いように(特に冒頭しばらく)、言葉に頼らない映像で、戦場の不安や恐怖を体感させてくれます。「戦場では、生きるも死ぬも運次第」なのだということを、つくづく実感できるのです。ここが凄い。

358077_003

そしてこの作品を観ていて思ったのは、クリストファー・ノーランが映画というものを新たに「再発明」したってこと。だって、これまで6,000本以上も映画を観て来たけど、こんなの観たことありませんよ。陸=1週間、海=1日、空=1時間の時間軸を交互に同時進行的ににミックスさせつつ描いたり、言葉に頼らず物語を語ったり、しかもそれをアート・フィルムのようなタッチで語る。それでいて、めっぽう新鮮でめっぽう面白いのです。これを離れ業とか偉業とか呼ばずして、何と言いましょう。うーん、『インターステラー』も凄いと思ったけど、ノーランどんどん手が付けられなくなって行きます。ほとんどキューブリックの域に達しました。何と言っても、この時代になって、改めて「映画を発明しようとしている」試み、それが凄いです。

358077_006_2

でもこの作品を観ていて「誰かの映画に似てるなあ」と感じて、はたと思い当たったのがテレンス・マリック。なるほど、戦争や人間を敵だ味方だを超越した巨(おお)きな視野で捉える姿勢と、思想を超えた研究者のような観察眼、そして大作でも自主映画のようなテイスト。似てますね。

ハンス・ジマーの音楽も、不安をあおり緊張を高めながら、映像の凄さを増幅させていく圧倒的な効果を上げています。凄いです。

普通の(ハリウッド的文法の)戦争映画を期待すると、「あれっ」となるかも知れません。違うんです、もっと「上等」なんです。新発明なんです。この凄さは今後、歴史が証明してくれることでしょう。

|

« 「ザ・ウォール」:90分1カ所勝負 | トップページ | 女子カーリング、LS北見の代表決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71661012

この記事へのトラックバック一覧です: 「ダンケルク」:新たに「映画を発明」している凄さ:

» 「ダンケルク」☆ダンケルクスピリット [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ハンパない臨場感で、泳げない私は観ている間に何度溺れ死んだことか・・・ ただの歴史もの的戦争映画ではなく、ひとりのヒーローを描く歴史エンターテインメントでもない。 多くの一般の人たちが自らの命の危険も顧みず救助に貢献する姿に、思わず温かい涙が目に滲むのだ。 (ラストに言及しています)... [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 00時39分

» ダンケルク [だらだら無気力ブログ!]
迫力ある空戦は見応えあり。 [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 02時29分

» 劇場鑑賞「ダンケルク」 [日々“是”精進! ver.F]
絶対、生き残る… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201709090000/ 【輸入盤】ダンケルク [ ダンケルク ] [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 06時01分

» 映画:ダンケルク Dunkirk 「撤退」を描く異色の戦争映画、かつノーラン流「時間軸の多層構造」も入れ、最後には感動させる名人芸。 [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
まず戦争映画のジャンル史上、画期的な企画。 何と「撤退」がメインプロット! ドンパチというよりは、一方的に攻撃される主人公たち... このため、非常にテンション高いシーンの連発で、息つく暇もない(汗) 陸から空から水中から(Uボート魚雷)ドイツ軍に責め立てられる連合軍、総勢 40 万人! こういう創り方もあるんだ、とクリストファー・ノーラン監督に、ひとしきり感心。 一方で、ノーラン節はこんなリアルな映画でも健在、に驚く。 そのノーラン節とは何か。 それは、... [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 09時19分

» ダンケルク [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 イギリス&アメリカ&フランス  戦争  監督:クリストファー・ノーラン  出演 [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 15時10分

» ダンケルク / DUNKIRK [勝手に映画評]
第二次世界大戦の序盤、破竹の勢いで勝ち続けるナチスドイツの勢いに押された連合軍が、ヨーロッパ大陸から必死の撤退を行うダイナモ作戦を描いた作品。 『ダークナイト』『インセプション』『インターステラー』などの作品で、不思議な世界をCGを使わず欲しいままに映像...... [続きを読む]

受信: 2017年9月10日 (日) 18時03分

» 映画「ダンケルク[IMAX2D・字幕]」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
空中戦が素晴らしい。 あえてヒーローは作らない。 作らないがささやかな望みは叶えられる。 台詞で解説しない。映像で語る。 IMAXのスクリーンの隅々までノーランの意思が行き渡る。 戦争の中で人は単なる物となり、政府の命令に決断を迫られる将校は、冷たい方程式に従いつつも、良心と抗う道を見つけようとする。自国民が先、だが共に戦った者達も救いたいというエクスキューズも...... [続きを読む]

受信: 2017年9月11日 (月) 06時36分

» ダンケルク [象のロケット]
第二次世界大戦中の1940年。 ナチスドイツのフランス侵攻により、40万人ものイギリスとフランスの連合軍兵士たちは、ドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクまで追い詰められていた。 圧倒的な数のドイツ敵軍が迫る中、民間船までもが関わった史上最大の救出作戦が動き出す…。 実話から生まれた戦争アクション。... [続きを読む]

受信: 2017年9月11日 (月) 08時42分

» 「ダンケルク」 [或る日の出来事]
ドイツ軍の飛行機は不足していたのか? [続きを読む]

受信: 2017年9月11日 (月) 23時14分

» [映画『ダンケルク』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・面白かった! 戦争映画じゃないね、重圧(被プレッシャー)映画だ。 なんか、巨大な物質が軋むかのような音楽が、物語全編を覆い、 銃撃の音は耳元で鳴り響く。 船も埠頭も大地も海も、なんら敵からの遮蔽とならず、攻撃の前には藻屑でしかない。  面白い...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 00時29分

» ダンケルク・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
“We shall never surrender.” 鬼才クリストファー・ノーランの最新作は、10本目の監督作品にして自身初となる、実話ベースの異色の戦争ドラマだ。 第二次世界大戦初期、ドイツ軍の怒涛の侵攻により、フランスのダンケルク港に、英仏両軍40万人の将兵が追い詰められる。 総攻撃が迫る中、チャーチルは孤立無援の彼らを救出するために、軍民を総動員した”ダイナモ作戦”を発動。...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 21時20分

» ダンケルクIMAX★★★・5 [パピとママ映画のblog]
第二次世界大戦の西部戦線では、英仏連合軍の兵士40万人がドイツ軍の猛攻の前にフランス北端のダンケルクに追い詰められてしまう。これに対しイギリスが決行した救出作戦にはヨットや漁船など多くの民間船も参加し、結果的として兵士の犠牲を最小限に抑えることに成功した...... [続きを読む]

受信: 2017年9月12日 (火) 23時29分

» ダンケルク  監督/クリストファー・ノーラン [西京極 紫の館]
【出演】  フィオン・ホワイトヘッド  マーク・ライランス  トム・ハーディ 【ストーリー】 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミーら若い兵士たち...... [続きを読む]

受信: 2017年9月13日 (水) 23時43分

» 『ダンケルク』 [こねたみっくす]
残酷なものほど美しい。 凄まじい映画だ。たった106分の映画なのに、何て長く感じることか。もちろん見終わった後は心身共にヘトヘトになるはずだったのに、なぜか見てはいけない美しいものを見た喜びで心の奥底が満たされている。 戦場の臨場感で震えさせたその先に、映...... [続きを読む]

受信: 2017年9月14日 (木) 00時14分

» 映画「ダンケルク」 [FREE TIME]
映画「ダンケルク」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2017年9月15日 (金) 22時12分

» 『ダンケルク』 逃げまどう戦争映画 [Days of Books, Films ]
Dunkirk(viewing film) クリストファー・ノーラン監督の映画は [続きを読む]

受信: 2017年9月18日 (月) 15時46分

« 「ザ・ウォール」:90分1カ所勝負 | トップページ | 女子カーリング、LS北見の代表決定 »