« 湘南ベルマーレ優勝決定!! | トップページ | 「わたしを離さないで」 by カズオ・イシグロ »

2017年10月30日 (月)

「74歳のペリカンはパンを売る。」:食い足りないドキュメンタリー

361061_001
映画『74歳のペリカンはパンを売る。』は、浅草(というか台東区寿)の人気パン店ペリカンのパン作りを描くドキュメンタリー。

ここ、パン好きの間では有名ですし、大江戸も食パンをいただいて食べたことがあります。おいしかったけど、特にそんな大騒ぎするほどの味でもなく、まあ上出来で真っ当なパンの良さって感じでした。それはみんなが思う所のようで、この映画でも多くの人が、ここのパンを「普通」とか「空気みたい」とかいう言葉で評しています。

361061_002

そんなペリカンさんは、2種類のパン(食パンとロールパン)だけで長期にわたって、大きな支持を獲得しています。デパートに出店したりせずに、自店だけの身の丈規模の商売を長年おなじように続けている--その「変わらなさ」がブランドになっているのです。

タイトルで「74歳のペリカン」っていうから、創業者とかが出て来るのかと思ったら、このお店が出来てから74年ってことなんですね。

361061_008
でも80分と短めの映画なのに、パン作りに関してやたらと同じ場面が繰り替えされて、飽きちゃいます。もっといろんな場面を見たかったし、パン作りに限らず、このペリカンというお店をいろんな角度から見てみたいと思いました。だって、それがドキュメンタリーの探求心ってものでしょ。なのに、この映画は妙に掘り下げないんですよねえ。インタビューも同じ人が何度も登場するし、割と普通の事言ってるし、広がりに欠けるんです。これなら1時間でまとめられますよね。

361061_010
生きていれば今80歳ぐらいだった三代目が鬼籍に入っていて、30歳ぐらいの四代目はまだ経験不足ということで、ドキュメンタリーを作りにくいタイミングだったとは思います。それでも、もうちょっと何とかできたんじゃないかとも思いました。 一番のベテラン職人さん(ご本人は「職人」という言葉を嫌っているようでしたが)が、やけに「語る」んですけど、作る人があそこまで自賛的に語っちゃあ美しくないですよね。やっぱり主役である「商品」に語らせなきゃ。 むしろ映画を作る側に「遠慮」があったのでは?と思わざるを得なく、最後まで食い足りなさを拭えませんでした。

|

« 湘南ベルマーレ優勝決定!! | トップページ | 「わたしを離さないで」 by カズオ・イシグロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72097593

この記事へのトラックバック一覧です: 「74歳のペリカンはパンを売る。」:食い足りないドキュメンタリー:

» 『74歳のペリカンはパンを売る』『デンジャラス・ドックス』をユーロスペース1,2で観て、ふむ、おおおおおお★★,★★★ [ふじき78の死屍累々映画日記・第二章]
同日鑑賞、ドキュメンタリー2本。 ◆『74歳のペリカンはパンを売る』ユーロスペース1 ▲「これは何だ?」「パンだ!」 五つ星評価で【★★眠りそうな内容にも関わらず起きていられたけど饒舌ではない】 見た直後のツイッターの感想。 映してる物は変わらないし、言ってる事も少ないのに意外と場が持つ不思議な映画。 「ペリカン」ブランドのパン屋のドキュメンタリー。 このパ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月31日 (火) 22時40分

» 74歳のペリカンはパンを売る。 [象のロケット]
東京の浅草・田原町にある「ペリカン」は、創業74年を迎える老舗のパン屋。 最初はいろんなパンを作っていたが、2代目は生地を食パンとロールパンの2つに絞り、スタンダードなパンだけを作ることにした。 4代目が店長になった今も、そのスタイルは変わらない。 予約が殺到し、あっという間に売り切れる異色のパン屋の、経営の秘密に迫るドキュメンタリー。... [続きを読む]

受信: 2017年11月 4日 (土) 23時28分

« 湘南ベルマーレ優勝決定!! | トップページ | 「わたしを離さないで」 by カズオ・イシグロ »