« 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り | トップページ | ハイチと言えばゾンビでしたね、ってな試合 »

2017年10月 9日 (月)

「あゝ、荒野」(前篇):良い日本映画の熱量

360576_002
映画『あゝ、荒野』は寺山修司の原作を、半世紀たってから映画化。しかも前篇2時間37分、後篇2時間27分、合計5時間4分の堂々たるスケールです。

でも前篇を観た限りでは、その長さを感じさせない面白さ。むしろもっと見続けていたいほどでした。早く後篇を観たいと思わずにはいられません。

360576_003
舞台は’60年代ではなく2021年の新宿。開巻早々の爆弾テロ・シーンに驚かされます。でもそこで、この「2020東京オリンピック後の物語」にすんなりと入っていけますし、考えてみれば寺山原作は「1964東京オリンピック後の物語」であったんだなあと納得いたしました。

とはいえ、やけに’60年代感覚が漂います。街並みの空気にせよ、男と女の関係にせよ、ボクシングにせよ、近未来の匂いよりも’60年代の匂いの方が濃厚です。

360576_004
ドローンとか自殺防止フェスティバルの部分は確かに近未来的でしたが、あそこは微妙ですねえ。この作品においては、かなりの異物感でありました。現代に(近未来を舞台に)寺山的なものを創ろうとしたチャレンジの結果だとは思うのですけれど・・・。

この作品の良さは、ボクシングという太い幹を通して男二人をしっかりと描いていること。脚本も演出も見事な力量なので、どの場面も面白く、見飽きることがないのです。本物の「良い日本映画」の熱量が、全篇に満ち満ちています。

360576_007

菅田将暉とヤン・イクチュンの良さは言うまでもありませんが、ユースケ・サンタマリアがえらくいいのです。いつもはやり過ぎだったりヘタだったりする彼が、ここでは抑制を効かせながらもユーモアを滲ませて、味わい深い好演を見せてくれます。 彼が片目だってことと、でんでんのトレーナーがニッカーボッカー姿のおっちゃんだってことと合わせて、かなり『あしたのジョー』的でもあります。そこもまた’60年代的なところですねえ。

|

« 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り | トップページ | ハイチと言えばゾンビでしたね、ってな試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71927567

この記事へのトラックバック一覧です: 「あゝ、荒野」(前篇):良い日本映画の熱量:

» 「あゝ、荒野 前篇」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2017年・日本 制作:テレビマン・ユニオン配給:スターサンズ 監督:岸 善幸 原作:寺山修司 脚本:港 岳彦、岸 善幸 音楽:岩代太郎 企画:河村光庸エグゼクティブプロデューサー:石井紹良、堤天心 ... [続きを読む]

受信: 2017年10月15日 (日) 14時52分

» あゝ、荒野 前篇★★★・5 [パピとママ映画のblog]
「二重生活」の岸善幸監督が寺山修司の同名小説を「溺れるナイフ」の菅田将暉と「息もできない」のヤン・イクチュンを主演に迎え映画化した大作青春ドラマ。劇場公開に際しては前後篇に分けて上映。本作はその前篇。2020年の東京オリンピック後を舞台に、運命的に出会い、それぞれの思いを胸にプロボクサーを目指して突き進む2人の若者の絆と宿命を、彼らを取り巻く人々との人間模様と共に綴る。 あらすじ:2021年。少年院に入っていたことのある沢村新次(菅田将暉)は、昔の仲間でボクサーの山本裕二(山田裕貴)を、兄貴分... [続きを読む]

受信: 2017年10月16日 (月) 21時26分

» 80『あゝ、荒野 前編』地を這うボクシング映画 [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
心の荒野を圧倒的熱量で描く。 『あゝ、荒野 前編』 ~あらすじ~ 2021年。少年院に入っていたことのある沢村新次(菅田将暉)は、昔の仲間でボクサーの山本裕二(山田裕貴)を恨んでいた。一方、吃音(きつおん)と赤面症に悩む二木建二(ヤン・イクチュン)は、あるとき新次と共に片目こと堀口(ユースケ・サンタマリア)からボクシングジムに誘われる。彼らは、それぞれの思いを胸にトレー...... [続きを読む]

受信: 2017年10月18日 (水) 22時37分

« 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り | トップページ | ハイチと言えばゾンビでしたね、ってな試合 »