« 劇団四季の「SONG & DANCE 65」@自由劇場 | トップページ | 湘南ベルマーレ優勝決定!! »

2017年10月28日 (土)

「あゝ、荒野 後篇」:またもや失速の後篇

360577_005
映画『あゝ、荒野 後篇』は、あの素晴らしかった前篇の続きだけに楽しみにしておりましたが、うーん、何か別物のように魅力が薄くなっておりました。いったいどういうことなのでしょうか。本作をもってしても、日本映画の「前・後篇ものは、後篇でガクッと落ちる」というジンクス(?)が崩せなかったようです。

360577_003

つまらなかったわけではありませんし、ボクシング場面の迫力などは十分でした(ただあそこまでになる前に、レフェリーがドクターストップかけますよね・・・)。やはり前篇ではヴィヴィッドだった登場人物たちの人生のドラマが、後篇ではどこかに行っちゃったり、類型的な辻褄合わせに終わったりで、何とも残念なのです。その分、ボクシングの試合シーンはたっぷりと時間を取って、迫力十分にやってますけど、映画ってのはそれだけじゃあ弾まないんですよねえ。

360577_001

菅田将暉とヤン・イクチュンはしっかり鍛えて、しっかりボクシングを演じていますが、それでもやはり胸板は薄いし腕は細いです。でもそこは、映画の魔術も合わさって、迫力のある痛さを感じさせるようなファイトとして提示されています(まあ、屋久島の森みたいな場所に滝があって裸女がいるという、パンチを食らった時の幻想は苦笑ものでしたが)。

ボクシング場面における菅田の凄さは、「山本戦」では憎しみと怒りの狂気を前面に出しながら、「バリカン戦」では愛と喜びの狂気になっていること。それをどちらも只ならぬ熱量で演じておりました。以前より天才肌の演技者ではありましたが、ここで一つの到達点を示したと言えるでしょう。

 

360577_008
後篇だけで2時間27分もあるのに、多くの登場人物の落とし前(結末)がきちんとつけられていないのが、物足りない点です。一方では1時間半ぐらいにしか感じられぬほど、ダレずに見せ切ってはいたのですが・・・。 前篇にあった未来的な要素もどこか行っちゃって、単に’60年代の匂いだけが残ってましたし。

(以降ややネタバレあり) エンディングなんかますますもって、『あしたのジョー』でした。っていうか、梶原一騎が寺山の『あゝ、荒野』を色々とパクったのでしょうけどね。

(前篇の評はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-375f.html

|

« 劇団四季の「SONG & DANCE 65」@自由劇場 | トップページ | 湘南ベルマーレ優勝決定!! »

コメント

同じく、後篇は失速気味でしたね。
熱い男の闘うドラマとしてはいいんですけど、
親子関係がぺらぺらになっちゃいました。
みんな観戦してるんだけど、
その絵だけじゃ何にもわかんなかったです・・・

投稿: kossy | 2017年11月12日 (日) 18時53分

Kossyさん、どうも。
その通りです。残念なことです。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年11月12日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72080936

この記事へのトラックバック一覧です: 「あゝ、荒野 後篇」:またもや失速の後篇:

» あゝ、荒野 後篇★★★★ [パピとママ映画のblog]
演劇実験室「天井棧敷」を設立した劇作家で歌人の寺山修司の小説を映画化した青春ドラマの後編。ボクシングを通じて絆を育んできた二人の男の姿を描く。『二重生活』などの岸善幸が監督を担当。主演を『セトウツミ』などの菅田将暉と『息もできない』などのヤン・イクチ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月29日 (日) 15時09分

» 『あゝ、荒野 後篇』 [こねたみっくす]
戦え!覚悟を決めたら、どんなに辛くても逃げずに戦え! スクリーンから目を逸らせなかった。いや目を逸らすことが逃げることだと分かっているからこそ、覚悟を決めた者たちの姿を瞼に焼き付けたかった。 これは映画史に残るボクシング映画だ。命を賭けた青春映画だ。 そ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月29日 (日) 23時25分

» 『あゝ、荒野(後篇)』 現実から幻想へ離陸せず [Days of Books, Films ]
『あゝ、荒野』後篇を期待して見にいったのだが、ちょっとがっかり。ふたつの孤独な魂 [続きを読む]

受信: 2017年10月31日 (火) 12時26分

» 「ああ、荒野 後編」☆女人禁制の男の美学 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
あれだけ続編が気になって、楽しみにしていた作品だったのに、間に「ブレードランナー」やら「ゲットアウト」などインパクトの強い作品を観てしまったせいか、やや気持ちがトーンダウン。 もうDVDまで観なくていいか…と揺らいだ心を立て直して観に行ってきたyo テンションがダダ下がりだったせいもあるかもだけど、女性には決して理解出来ない部分で熱く盛り上がる男たちに、映画の中の女たちの様にどこか相いれない疎外感を感じずにはいられず・・・... [続きを読む]

受信: 2017年11月 3日 (金) 22時04分

« 劇団四季の「SONG & DANCE 65」@自由劇場 | トップページ | 湘南ベルマーレ優勝決定!! »