« 「散歩する侵略者」:愛は勝つ | トップページ | 「スイス・アーミー・マン」:なぜボツ企画にならなかった? »

2017年10月 2日 (月)

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」:ベタで古くて穴だらけで・・・

359729_004
映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は、かなりドイヒーな出来。廣木隆一監督って、昔っから作品間のムラが大きいですよねー。今年も『彼女の人生は間違いじゃない』では演出の力ってもんを見せつけながら、本作ではぜんぜん冴えませんでした。 まあ「ザ・松竹映画」って感じで、その悪い所(ベタで垢抜けなくって説明過多)が出ちゃってましたねえ。

359729_002

まあ原作のせいなのでしょうけれど、やたらと穴だらけのファンタジーです。そもそも、山田涼介ら三人の若い奴らがあんな感じで手紙書くわけないだろ!と言ったら、もう身も蓋もございませんけど・・・。

そもそも出て来るエピソードがあれもこれも、古めかし過ぎて嫌になります。クサ過ぎます。過去を描いていると言っても、この作品自体は現代の創作物なのですから、中で描かれることには今の息吹が流れていないとね。

359729_007大江戸は個性的な顔の門脇麦が大変苦手なのですが(オブラートに包んだ言い方)、本作ではあご周りに肉がついて、更に変な感じでした。(歌手ではない)彼女が歌うシーンのアップもかなりきついと思いましたが、そこに「砂浜での舞踏」イメージカットを挿入って・・・、椅子からずり落ちそうになりました。廣木監督、どうしちゃったのかしらん。

山田涼介も『グラスホッパー』では、あんなに見事に不気味で得体の知れない狂気のヒットマンを演じていたのに、この作品では単に「顔がきれいなジャニーズの人」になっちゃってました。 あと村上虹郎も寛一郎もほとんど生かされずでしたし。

359729_003

久々に見かけて驚いたのは、太った素人のおじさんみたいになっちゃった萩原聖人。でも、それどころじゃなくあっけにとられたのは、押しも押されもせぬおじいちゃんになっちゃったPANTAさん。人間、枯れるんですねえ。

そんなこんなで、エンディングに流れる(せっかくの)山下達郎のテーマ曲が作品の佇まいにまったく合わず、場違い感満載なのでありました。

|

« 「散歩する侵略者」:愛は勝つ | トップページ | 「スイス・アーミー・マン」:なぜボツ企画にならなかった? »

コメント

1969年のナミヤ雑貨店なんか出すなよと思いました。
尾野真千子は二十歳と五十歳がまったくいっしょ。
成海璃子は何のために出てたのかわからない。
ほんとうに「ザ・松竹映画」という感じのドイヒーな出来でした。

投稿: まっつぁんこ | 2017年10月 5日 (木) 12時43分

まっつぁんこさん、そうなんですよ。
もちろん松竹映画にも素晴らしい名作の数々はあるわけですが、松竹カラーが悪い方に出ちゃった典型みたいになりましたねえ。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年10月 5日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71868773

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」:ベタで古くて穴だらけで・・・:

» ナミヤ雑貨店の奇蹟 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)東野圭吾の評判の小説を実写化したものとのことなので、映画館に行ってきました  本作(注1)の冒頭は、1969年の夏。  2人の男の子が走っています。  マーケットでは大売り出しの最中で、チンドン屋も繰り...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 3日 (火) 07時56分

» 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 [京の昼寝~♪]
□作品オフィシャルサイト 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」□監督 廣木隆一□脚本 斉藤ひろし□原作 東野圭吾□キャスト 山田涼介、村上虹郎、寛一郎、成海璃子、門脇 麦■鑑賞日 9月24日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)原作は未読。ナミヤ雑貨店・・・それは心のナヤミを払拭させてくれる雑貨店。誰しもが人に言えない悩みの一つや二つは持っているだろう。タイムスリップというジャンルで括るにはちょっとニュアンス違いだけど、こんな昭和なやりとりが、顔を観られる... [続きを読む]

受信: 2017年10月 4日 (水) 18時58分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟 [あーうぃ だにぇっと]
ナミヤ雑貨店の奇蹟@一ツ橋ホール [続きを読む]

受信: 2017年10月 5日 (木) 12時36分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟 [ネタバレ映画館]
「ナヤミ雑貨店1枚」と言ってしまったのは俺だけではないハズ・・・しかも“ざっきてん”と言ってしまった気がする。 [続きを読む]

受信: 2017年10月 5日 (木) 16時19分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟★★★ [パピとママ映画のblog]
人気作家・東野圭吾の同名ベストセラーを山田涼介と西田敏行の主演で映画化した感動ファンタジー・ドラマ。どんな相談にも真剣に答えてくれる雑貨店“ナミヤ雑貨店”を舞台に、過去と未来をつなぐ手紙によって人生が変っていく人々の奇蹟の物語を心温まるタッチで描く。共演...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 6日 (金) 17時26分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟 [象のロケット]
2012年。 幼馴染みの敦也、翔太、幸平の3人は、1軒の廃屋に忍び込む。 そこはかつて店主の浪矢雄治が悩み相談を請け負っていたナミヤ雑貨店だった。 ところが、廃業したはずの店舗シャッターの郵便口から、32年前に書かれた悩み相談の手紙が落ちてくる。 戸惑いながらも、敦也たちは相談者と手紙のやり取りを始めた…。 ファンタジック・ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2017年10月 7日 (土) 19時14分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟 [象のロケット]
2012年。 幼馴染みの敦也、翔太、幸平の3人は、1軒の廃屋に忍び込む。 そこはかつて店主の浪矢雄治が悩み相談を請け負っていたナミヤ雑貨店だった。 ところが、廃業したはずの店舗シャッターの郵便口から、32年前に書かれた悩み相談の手紙が落ちてくる。 戸惑いながらも、敦也たちは相談者と手紙のやり取りを始めた…。 ファンタジック・ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2017年10月 7日 (土) 19時18分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟 [タケヤと愉快な仲間達]
【解説】 人気作家・東野圭吾の小説を、『やわらかい生活』などの廣木隆一監督が映画化。現在と過去が手紙でつながる不思議な雑貨店を舞台に、養護施設育ちの若者と、町の人の悩み相談を聞く店主の時を超えた交流を描く。32年前から届く悩み相談の手紙に触れるうちに、人...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 8日 (日) 19時38分

» ナミヤ雑貨店の奇蹟  著者 東野圭吾 [読書と足跡]
ナミヤ雑貨店の奇蹟  著者 東野圭吾 東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化! 悩み相談、未来を知ってる私にお任せください。 少年3人が忍び込んだ廃屋。 そこは過去と未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。 悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 9日 (月) 17時37分

« 「散歩する侵略者」:愛は勝つ | トップページ | 「スイス・アーミー・マン」:なぜボツ企画にならなかった? »