« 湘南3-0完勝で、12試合無敗 | トップページ | 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り »

2017年10月 8日 (日)

調布にイオンシネマ誕生

_20171008_140131
9月末に調布にイオンシネマのシネコンが出来たっていうんで、行って来ました。

_20171008_140131_2

これまで都心部にはなく、23区内では唯一板橋にあるだけだったイオンシネマズですが、新宿から京王線で14分とか18分とかで着く場所にできたんです。

_20171008_140057_2

調布って、日活や大映の撮影所で有名な「映画の街」だけに、駅の表示板もなんとフィルムの形状を模しております。でも映画のデジタル化によって、今後こういうフィルム型って、「映画を表すアイコン」として通じなくなっていくんでしょうねえ。

駅前の大きな広場(空地?)には、地元FC東京のマスコット「東京ドロンパ」の大きなふわふわが。

_20171008_140233

まあ、シネコンだけができたわけじゃなくて、駅前を再開発して、トリエというショッピングセンター(1,2,3に分かれています)を作ったのですね。1が一番大きくて、ファッション、リビング、フード、レストランと、いろんなものが入っています。2はビックカメラ。そして3に飲食店などと共にイオンシネマの「シアタス調布」という11スクリーンのシネコンが入っているのです。

_20171008_135931

エスカレーターで2階に上がって、すぐにほの暗い空間が広がります。計算された光線やフローリングの床が、なかなかいい感じです。

ここもTOHOシネマズやSMT同様、6本見ると1本無料鑑賞のサービス(ただしポイントカードは200円で購入する)がありますし、毎週月曜は1,100円だとか55歳以上は毎日1,100円だとか、京王パスポートカードやイオンカードの割引があるとか、お得なサービスがいっぱい。

_20171008_143445
場内もご覧のように、薄暗くて間接照明で、ウッディです。いい感じです。

Dsc_1925
大江戸は(昼食をはさんで)2本ハシゴしたのですが、どちらのスクリーンも昨日公開になったばかりの話題作(『アウトレイジ 最終章』と『あゝ、荒野』)なのに、かなり空いていました。大江戸はインターネット予約して来ましたけど、どの作品も当日券でオッケーなんじゃないでしょうか? 日曜の午後なのに、新宿のシネコンの混みようとは大違いでありがたいところです。しかし、あんまり入らないとつぶれかねないので、まあ適当に入ってちょうだいね。

ぶったまげたのは開映前に男子アルバイトと思われる売り子さんがやって来て、ポップコーン、都こんぶ(100円)、ハーゲンダッツ・アイスクリームを売り始めたこと。結局誰も買わなかったのですが、「おせんにキャラメル」の伝統ですね。びっくりだ。

_20171008_180732
館を出てちょいと横に行けば、こんなレトロな「調布銀坐」なる商店街が! なぜか銀座じゃなくて「銀坐」なんですね。なぜだろう? 垂れ幕には「ここに駅舎があったから調布銀座が誕生しました ありがとう京王線」と書かれていました。そう書かれても、よくわからない。詳しく知りたい方は、調べてみてください。

|

« 湘南3-0完勝で、12試合無敗 | トップページ | 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71919580

この記事へのトラックバック一覧です: 調布にイオンシネマ誕生:

« 湘南3-0完勝で、12試合無敗 | トップページ | 「アウトレイジ 最終章」:日の名残り »