« 「おクジラさま ふたつの正義の物語」:ニュートラルな問題提起 | トップページ | 湘南3-0完勝で、12試合無敗 »

2017年10月 6日 (金)

日本が勝ちはしましたが・・・

サッカー日本代表の親善試合、vs.ニュージーランド戦(@豊田スタジアム)をTV観戦。まあW杯出場も決まって、これから23人に絞られる(選ばれるための)競争が始まるのですが、その割に先発メンバーには「今更テストの必要ないじゃん」というメンバーが何人も入ってました(川島、吉田、長友、酒井宏樹、大迫)。もちろんニュージーランドに負けていいわけではないので、クォリティの担保ってもんは必要でしょうけど、GKは中村航輔を見たかったし、左サイドには車屋を使ってもらいたかったですねえ。

さてさて、試合はパッとしませんでした。力の差は明らかなんですけど、シュートも打ててるんですけど、決まらない、決められないという、しばしばあるパターン。香川がねえ・・・いいとこ見せなきゃと思ってのことでしょうが、チームプレイが出来ておりません。久保裕也も代表では、結構長期的に精彩を欠いております。

良かったのは、やはりどこにでも顔を出してピンチをつぶす井手口(まあ、ミスも散見されましたが)と、余人を持って代え難い大迫。いつも通りですね。そして交代でとにかくキレキレに目立ちまくった乾と、「何、その落着きは?」って感じの小林祐希が素晴らしかったです。小林は先発で見てみたいですねえ。

それはそうと、1点取った後にNZに押し込まれて混乱していた時間帯に、同点にされてしまったのはよろしくないですねえ。どうにも落ち着きがなく、やられそうだぞと思ったら案の定でした。あの安定感の無さは、長いこと日本の課題であります。

結局2-1で勝って面目は保ったものの、どうにもスッキリしないゲームでした。「こんなんんで大丈夫か?」って感じで。 10日のタヒチ戦は、スッキリ勝ちたいものですね(更なる新戦力テストをしながら)。

6人目の交代となった遠藤航ってば、ピッチに入ってから15秒ぐらいで終了の笛って、・・・ハリルさん、その交代は何なんですか??

|

« 「おクジラさま ふたつの正義の物語」:ニュートラルな問題提起 | トップページ | 湘南3-0完勝で、12試合無敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71903273

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が勝ちはしましたが・・・:

« 「おクジラさま ふたつの正義の物語」:ニュートラルな問題提起 | トップページ | 湘南3-0完勝で、12試合無敗 »