« 「ダンケルク」(2回目):IMAXの前の方で観るべき映画 | トップページ | 渋沢栄一ゾーンと動物さんゾーン »

2017年10月13日 (金)

「エルネスト」:時代と場所に翻弄された純粋な魂

357887_005
映画『エルネスト』は、なかなか興味深い作品でした。チェ・ゲバラの訪日とか、ゲバラに目をかけられた日系人=フレディ前村の生き方と死に方とか、キューバ側市民から見たキューバ危機とか、題材の切り取り方がいいですね。もちろん、それを料理するお手並みも。大江戸は、阪本順治監督とはどうにも性が合わないようで、『キネ旬』ベストワン上位になるような作品でも全然評価していなかったりするのですが、この作品は悪くないですね。

357887_002

ちなみに小生の好きな阪本作品をフィルモグラフィーで調べてみたら、2017『エルネスト』、2007『魂萌え!』、1997『傷だらけの天使』と、ちょうど10年周期なのでした(その10年前の1987年はまだデビュー前でしたぁー)。

ゲバラものとしても、『モーターサイクル・ダイアリーズ』とかソダーバーグの『チェ』二部作よりも面白いと思いました(と言っても、本作ではゲバラは脇役なのですが)。

二十代前半の役を演357887_009じるオダギリジョーが、やけにみずみずしいのです。澄んだ瞳と純な心を見事に表現しておりました。魅力的な人物造形です。 また、医大の学生たちの群像描写も、とても生き生きとしています。ここらへんは、海外での撮影経験も豊富な阪本監督だからこその部分ですね。変に気張らないで、安定感があるのです。日本で撮ってる時より、よっぽど上等です。

357887_003

今こうして見ると、なんとも「もったいない」人生だと思えます。なんで?と・・・。でもフレディにとっては、これこそが自分の魂に従った「リアル」な生だったのでしょう。時代と場所で、人の一生は決まっていくのですね。

ゲバラが広島の平和記念公園を訪れた時に「二度と過ちは繰り返しませぬ」の碑文を見て、「主語が無い」という部分は、論議を呼ぶことを覚悟で阪本監督が攻めちゃってる部分ですね。まあ、大江戸は基本的に「思想に合う合わないで映画の価値を判断するのはやめようよ」派なので、そこにばかり拘泥しないでほしいとは思っておりますが・・・。

|

« 「ダンケルク」(2回目):IMAXの前の方で観るべき映画 | トップページ | 渋沢栄一ゾーンと動物さんゾーン »

コメント

ラストの老人たちの霊廟参詣はよけいでした。
処刑で終わりだと切なすぎるので救いを求めたのかもしれませんが過剰。映画の中だけで完結して欲しかったです。

投稿: まっつぁんこ | 2017年10月14日 (土) 06時14分

まっつぁんこさん、どーも。
うーん、そうかも知れないのですが、まあ阪本監督としては、史劇、時代劇ではなくて、こういう志の人(エルネスト・マエムラ)がリアルにいたからこそ現代の平和につながっていると言いたかったのでは?
つまりフィクションではない今日性を強調したかったのでは?というのが大江戸の感想です。
ま、感想は人それぞれですので・・・。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年10月14日 (土) 12時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71961769

この記事へのトラックバック一覧です: 「エルネスト」:時代と場所に翻弄された純粋な魂:

» エルネスト [あーうぃ だにぇっと]
エルネスト@スペースFS汐留 [続きを読む]

受信: 2017年10月14日 (土) 06時10分

» エルネスト [象のロケット]
1959年7月24日。 来日中だったキューバ使節団団長“エルネスト”・チェ・ゲバラの一行は急遽、広島を訪れる。 …1962年、ボリビア生まれの日系人青年フレディ前村は、キューバのハバナ大学の留学生となった。 医師を目指していたフレディだったが、「キューバ危機」とゲバラとの出会いをきっかけに大学を離れ、革命兵士となる…。 実話から生まれた歴史ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2017年10月16日 (月) 21時00分

» エルネスト★★★・5 [パピとママ映画のblog]
キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと行動を共にした日系人のフレディ前村を題材にしたドラマ。留学先のキューバでゲバラに出会って心酔し、共にボリビア軍事政権に挑んだ彼の姿を描く。メガホンを取るのは『顔』などの阪本順治。『血と骨』『ゆれる』などのオダギリジョー、『海辺の生と死』などの永山絢斗、写真家、ダンサーでもあるホワン・ミゲル・バレロ・アコスタらが出演。 あらすじ:日系二世として生まれ、医者になることを夢見るフレディ前村(オダギリジョー)。キューバのハバナ大学に留学した彼だったが、キューバ危機に直面する... [続きを読む]

受信: 2017年10月20日 (金) 14時35分

» エルネスト [映画的・絵画的・音楽的]
 『エルネスト』をイオンシネマ板橋で見ました。 (1)オダギリジョーの主演作というので映画館(注1)に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、「もし我々を空想家というのなら、もし理想主義者というのなら、我々は何千回でも答えよう、そのとおりだと」とのチェ...... [続きを読む]

受信: 2017年10月25日 (水) 18時35分

« 「ダンケルク」(2回目):IMAXの前の方で観るべき映画 | トップページ | 渋沢栄一ゾーンと動物さんゾーン »