« 「プラネタリウム」:ゆるくて眠くてつまらない | トップページ | 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」:ベタで古くて穴だらけで・・・ »

2017年10月 1日 (日)

「散歩する侵略者」:愛は勝つ

359500_002
映画『散歩する侵略者』は、舞台作品の映画化だということを知っていたためか、かなり演劇的な観念臭が鼻につきました。でもまあ、嫌いではありませんよ(大好きでもありませんけど)。そこそこ大きな構えの娯楽映画を撮ると失敗してしまうと小生が思っている黒沢清(『リアル 完全なる首長竜の日』とか『クリーピー 偽りの隣人』とか)にしては、健闘したのではないでしょうか。

359500_001

だって、この終盤って結構好きですよ。「愛」の映画になってますし。思えば、『岸辺の旅』も幽霊譚の形を借りた奇妙な愛の物語として、ネオ黒沢の到来を告げておりましたが、本作もその路線です。非現実の助けを借りて、最後は不思議なほどに「愛」をうたいあげております。ちょっと感動します。

359500_003

日常のすぐ先にある終末というこの空気は、某国からミサイルが飛んで来そうだという現在、妙にタイムリーに感じられます。それは突然やって来るし、避けられないのでジタバタしても無駄っていう諦念。困ったことにリアルです。その時に「サンプル」として生き残ることが、果たして幸せなのかどうか・・・。

359500_004

松田龍平も長澤まさみも長谷川博己も、割と「いつも通りの演技」です。まあ、黒沢さんって役者の芝居にはあんまり興味なく自由にやらせていそうな感じがしますからねえ。 (以降ややネタバレあり) それよりも、黒沢がやりたかったんだろうなあって感じたのは、終盤における低空飛行の爆撃機vs.長谷川博己の対決。『北北西に進路を取れ』をやりたかったんでしょうねえ。

|

« 「プラネタリウム」:ゆるくて眠くてつまらない | トップページ | 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」:ベタで古くて穴だらけで・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/71860369

この記事へのトラックバック一覧です: 「散歩する侵略者」:愛は勝つ:

» 散歩する侵略者 [象のロケット]
数日間の行方不明の後、妻・加瀬鳴海とは不仲だった夫・真治が、別人のようになって帰って来た。 真治は仕事もせず、毎日散歩に出かけて行く。 同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発していた。 ジャーナリストの桜井は、謎めいた青年・天野、少女あきらと出会い、「地球を侵略しに来た」という二人の密着取材を始める…。 SFサスペンス。 ≪絶望がやって来た。 愛する人の姿で≫... [続きを読む]

受信: 2017年10月 2日 (月) 08時35分

» 散歩する侵略者 [映画的・絵画的・音楽的]
 『散歩する侵略者』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)黒沢清監督の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、金魚が沢山泳いでいます。その金魚が一匹、網で掬われて、容器に移されます。  次いで、女高生のあきら(恒松祐里)が、金魚...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 4日 (水) 05時47分

» [映画『散歩する侵略者』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
映画『散歩する侵略者』予告編 【HD】2017年9月9日(土)公開 ☆・・・手触りが映画っぽくないなぁ、と思っていたら、もともとは舞台劇だったそうだ。 舞台の脚本と言うのは、言葉重視で、なんか手作りの丁寧な作りにある。 その丁寧さは、テーマに向かってであり、時...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 4日 (水) 09時46分

« 「プラネタリウム」:ゆるくて眠くてつまらない | トップページ | 「ナミヤ雑貨店の奇蹟」:ベタで古くて穴だらけで・・・ »