« 今年もボージョレー・ヌーヴォー | トップページ | リトゥンアフターワーズのファッションショー@庭園美術館 »

2017年11月17日 (金)

展覧会「装飾は流転する 今と向きあう7つの方法」:山縣良和の圧勝

_20171117_192210
明日11月18日からスタートする展覧会『装飾は流転する 今と向きあう7つの方法』(~2/25)の内覧会を観に、東京都庭園美術館に行きました。

_20171117_191751

エレベーター改修のため半年ほどクローズしていたという庭園美術館の再開プログラムです。

_20171117_191816

館内がかなりきれいになっていました。この「香水塔」の背後の壁もあんなに鮮やかな色ではなかったんじゃないかなあ。

_20171117_192120

年齢も国籍もさまざまな7組のアーティストによる、「装飾」を切り口とした合同展。近年、コンテンポラリーアートからちょっと遠ざかっているお江戸なので、この中で知っているのはファッション畑の山縣良和さんだけです。

_20171117_192033

でもそれで正解と言いましょうか・・・この展覧会、圧倒的に山縣フィーチャーなのです。圧倒的に目立っていました。

_20171117_192050

獣性と神性を感じさせるもこもこふさふさした人型の作品とか、レースを使った地球儀とか、ニコラス・ローグ『赤い影』を思わせる子供用の真っ赤な衣装とか、人間サイズぐらいのもこもこ地球とか・・・

_20171117_192010_2

いやー、山縣作品って、ファッションショーのランウェイよりも美術館が似合いますねー。これは前から思っていたのですが、やっぱりそうでした。

_20171117_191947

そもそもほとんど服じゃないものが多いし。

主に布や身体装飾を題材にしたコンテンポラリー・アートととらえるべきだと思っています。

_20171117_191926

しかも、ショーやランウェに置いたり写真になった場合には、妙に素人臭い陳腐さがにじみ出てしまうのですが、美術館のスタティックな展示になると、アラが見えなくなり、意図や素晴らしさがハッキリと出るのです。

Dsc_2079

山縣はもっと「現代美術の人」ってことになっちゃった方がいいのになあと思います。まあ、でもファッションのフィールド内でこんなことやってるからこそ異端感が際立つってところはありますけどね。

Dsc_2082

この山縣ワールドの攻め方、派手さに較べますと、他の6人は地味ですよねえ。「これ装飾って言えるんですかい?」ってな作品も含めて、インパクト薄いっす。ヴィム・デルヴォワのゴシック装飾の現代風アレンジメントはそれなりに素晴らしかったですけれど・・・。

|

« 今年もボージョレー・ヌーヴォー | トップページ | リトゥンアフターワーズのファッションショー@庭園美術館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72241783

この記事へのトラックバック一覧です: 展覧会「装飾は流転する 今と向きあう7つの方法」:山縣良和の圧勝:

« 今年もボージョレー・ヌーヴォー | トップページ | リトゥンアフターワーズのファッションショー@庭園美術館 »