« 「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」:笑えます。最高です。 | トップページ | 「女神の見えざる手」:過剰な主人公、緻密な娯楽作 »

2017年11月 5日 (日)

「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ

359122_001
映画『ブレードランナー2049』は、前作('82)の35年後に作られた堂々たる続編。 絵がスゴイ!音がスゴイ!金のかけ方がスゴイ! 映画の「格」として、あの伝説のリドリー・スコット作品に一歩も引けを取っていません。いや、むしろアート的純度はこちらの方が上で、そこらが今やクリストファー・ノーランと東西の横綱を張るドゥニ・ヴィルヌーヴだけのことはあるのであります。

359122_007

ノーランの『ダンケルク』も、巨費を費やした壮大なアート・フィルムだとか言われましたが、この作品も同様です。それができちゃうってのが、今のノーランやヴィルヌーヴの勢いであり、実力と言うこともできるでしょう。興行的に不利な2時間43分という長さを押し通せちゃうってことも、その「力」の成せる業であります。それにしても、この美術の凄さと隅々までの完璧さ、そして哲学性には、キューブリックを比較対象に持ち出したくなるほどなのです。

359122_002

前作の未来世界像の発展形を見ることが出来るのも、非常にうれしいところです。英語、日本語、韓国語、中国語、その他の言語が入り乱れ、ホログラム広告と昔ながらのネオンが同居する街を空飛ぶ自動車が滑空する世界。多くのフォロワーを生み、その後の未来SFをガラリと変えてしまった前作ですが、本作はやはりさすがなのです。正統な嫡子というか、「本家」って感じなのです。大江戸はそれほど前作のファンってわけでもないのですが、期待を裏切らないというか、むしろその上を行くレベルだってのは、嬉しいことです。

359122_003
時間をたっぷり使って、ゆったりと進行しますが、そんなに長い感じはしませんでした。むしろ画面にひたれることが気持ち良いのです。見続けることが苦痛ではない、素晴らしいクォリティの映像です(撮影=ロジャー・ディーキンス!)。 そしてハンス・ジマー(!)、ベンジャミン・ウォルフィッシュによる音楽も、十分前作のヴァンゲリスに対抗できるもの。あのパワフルな「ブォー!」は見事に効いています。

ただ、このしんねりむっつりした「ブレードランナー」感覚は特に小生の好みではありません。ハードボイルド風味の無常観としては、前作の方が上かも知れませんね。まあ、本作のワビサビ的な寂寞テイストも大したものだとは思いますけど。実際、ラストの雪中ゴズリングは、画面に俳句がかぶさってもおかしくないような雰囲気なのでありました。

|

« 「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」:笑えます。最高です。 | トップページ | 「女神の見えざる手」:過剰な主人公、緻密な娯楽作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72145477

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ:

» 映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ブレードランナー 2049(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら75点にします。 なお、1982年制作の映画『ブレードランナー』は鑑賞済み。 ディレクター目線のざっくりストーリー 2049年のカリフォルニア。人間と見分けのつかないレプリカント(人造人間)が労働力と...... [続きを読む]

受信: 2017年11月 6日 (月) 05時14分

» ブレードランナー 2049 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  SF  監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ  出演:ライアン・ゴズリング [続きを読む]

受信: 2017年11月 6日 (月) 09時28分

» ブレードランナー 2049 [象のロケット]
人間と人造人間レプリカントの闘いから30年後の2049年。 レプリカントの製造元タイレル社を買い取ったウォレスは、従順な新型レプリカントの製造を開始した。 旧型で寿命制限のないネクサス8型の残党を追跡し“解任”している捜査官ブレードランナーのKは、ある事件をきっかけに、30年間行方不明となっている元捜査官デッカードを探し始める…。 SFサスペンスアクション... [続きを読む]

受信: 2017年11月 6日 (月) 16時58分

» 『ブレードランナー2049』 知りたいことはまだ残っている [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 1982年公開の『ブレードランナー』の続編。  監督は『メッセージ』などのドゥニ・ヴィルヌーヴで、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮を担当している。  ちなみに前作の舞台は2019年という設定で、この30年の間に何があったかを示す短編3作品も公開されている。こちらも観ておくと理解の助けになる。  ブレードランナーのK(ライアン・ゴズリング)は逃亡していたレプリカント...... [続きを読む]

受信: 2017年11月 6日 (月) 19時21分

» 「ブレードランナー 2049」 [或る日の出来事]
映像、雰囲気(ムード)は、よく創ったと思う。 [続きを読む]

受信: 2017年11月 6日 (月) 21時55分

» 『ブレードランナー 2049』 レプリカントの自己懐疑 [Days of Books, Films ]
Brade Runner 2049(viewing film) ドゥニ・ヴィルヌ [続きを読む]

受信: 2017年11月 9日 (木) 14時24分

» ブレードランナー 2049★★★★ [パピとママ映画のblog]
巨匠リドリー・スコット監督によるSF映画の金字塔「ブレードランナー」の35年ぶりの続編となるSF超大作。前作から30年後の荒廃した未来世界を舞台に、ブレードランナーとして活動する捜査官Kを待ち受ける衝撃の運命を、圧倒的な映像美とともに描き出す。主演はライアン・ゴズリング、共演にハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス。リドリー・...... [続きを読む]

受信: 2017年11月15日 (水) 11時20分

« 「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」:笑えます。最高です。 | トップページ | 「女神の見えざる手」:過剰な主人公、緻密な娯楽作 »