« 「オトトキ」:「普通」と矛盾 | トップページ | 「リミット・オブ・スリーピング ビューティー」:映像の魔術師 »

2017年11月12日 (日)

「ゲット・アウト」:シャマラン風ではありますが

361302_002
映画『ゲット・アウト』は、予告編を見た限りではシャマラン風の「深い謎の秘密」をめぐる作品。で、実際その通りでした。有名とは言えない座組み(スタッフ&キャスト)でやってる、低予算のアイディア勝負の作品です。さすがにB級の匂いも漂っているのですが、粗雑だったり陳腐だったりはしていません。こういう作品もちゃんと公開されてるのって、良いことですね。

361302_001

ちょっと映画擦れした人なら「次はこうなるんだろうなあ」と思うであろう通りに展開します。そういった意味では、オーセンティックで非常に素直な映画です。そこがシャマランとは大いに違う点ですね。でも、得体の知れない不安な空気の醸成においては、シャマランと共通するものがあります。

361302_004

(以降少々ネタバレあり) 小出しにする謎は、まさにシャマラン流。あのアフリカ系女性や、あのアフリカ系男性や、あの深夜の疾走などの奇妙さはがまさにそうです。でも作品ところどころのトーンとしては、『ローズマリーの赤ちゃん』的だったり、『オーメン』的だったり、監禁ものホラー的だったりもします。写真を使った謎明かしなども、過去の映画の記憶を引き継ぐもので、この監督の映画ファンぶりがうかがい知れます。

361302_003_2

だから、ちょっと社会派風にも見えるんですけど、最終的にはいわゆる「社会派」なんかではさらさらなくって、あくまでも娯楽作です。良くも悪くも。割とすぐ忘れてしまいそうでもありますし。

最後に一言;笑いながら泣く女って・・・、竹中直人かよっ!

|

« 「オトトキ」:「普通」と矛盾 | トップページ | 「リミット・オブ・スリーピング ビューティー」:映像の魔術師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72197595

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲット・アウト」:シャマラン風ではありますが:

» 85『ゲット・アウト』アメリカだからこその傑作スリラー [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
人種ネタに切り込んだ傑作スリラー 『ゲット・アウト』 ~あらすじ~ ニューヨークで写真家として活動している黒人のクリス(ダニエル・カルーヤ)は、週末に恋人の白人女性ローズ(アリソン・ウィリアムズ)の実家に招かれる。歓待を受けるが、黒人の使用人がいることに違和感を覚え、さらに庭を走り去る管理人や窓に映った自分を凝視する家政婦に驚かされる。翌日、パーティーに出席した彼は白人...... [続きを読む]

受信: 2017年11月13日 (月) 00時02分

» ゲット・アウト [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ホラー&サスペンス&ミステリー  監督:ジョーダン・ピール  出演 [続きを読む]

受信: 2017年11月13日 (月) 08時52分

» ゲット・アウト [象のロケット]
ニューヨークに暮らす黒人の青年写真家クリスは、週末を白人の恋人ローズの実家で過ごすことに。 彼女の両親はクリスが黒人だということを知らなかったが、大歓迎してくれる。 しかし、屋敷の使用人はみな黒人で、ローズの弟は差別的な態度で挑発してくる。 クリスはこの一家から、得体のしれない違和感を感じるのだった…。 サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2017年11月14日 (火) 08時43分

» 「ゲット アウト」☆ホラー過ぎてコメディ色皆無な良質ブラックコメディ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
これどう考えてもホラーだよね? ジャンルとしてはブラックコメディでまさかの「下町コメディ映画祭」で公開された作品。 いやはや怖いけど高度な皮肉が込められたラストは絶品!! [続きを読む]

受信: 2017年11月16日 (木) 16時01分

« 「オトトキ」:「普通」と矛盾 | トップページ | 「リミット・オブ・スリーピング ビューティー」:映像の魔術師 »