« 「リュミエール!」:映画のはじまり | トップページ | 「ノクターナル・アニマルズ」:トム・フォードの文武両道 »

2017年11月28日 (火)

「泥棒役者」:高畑充希以外は失敗

361091_005
映画『泥棒役者』は、『小野寺の弟・小野寺の姉』の脚本・監督と言うよりは、あの『とと姉ちゃん』の脚本家である西田征史の脚本・監督第2作目。この人らしい達者な脚本で、ウェルメイドなハリウッド調コメディを目指したのだと思いますが、うーん、残念ながらうまくいきませんでしたねー。

361091_003

本作はもともと西田さんが2006年に書き上げて、演出も行った舞台劇をもとにしているのだそうです。やはりそうでしたかー。観ながら、これ舞台にした方がいいんじゃね?と思っていたのです。 なので、実際映画になったものを観ると、テンポの遅さと役者たちの力量の無さが目立つんですよねー。日本映画で、こういうホンの巧さ頼みの作品って珍しいだけに、本来支持したいところなのですが、誠に残念です。

361091_004
このスタイルは、どうしてもルビッチとかワイルダーとかが比較対象になってしまうので、見劣りしてしまいます。シチュエーションや言葉をうまく使った美点もいくつかあるのですが、強引過ぎたり、ダメな所もありまして・・・。

役者の物足りなさは、こういう演劇的な芝居に合わないってところ。丸山隆平にしても、石橋杏奈にしても、ナチュラル過ぎて大胆に作り込めていません。一方で舞台はおまかせの市村正親は、芝居が舞台そのものになってしまっていて、スクリーンで観るとちょっと辟易するところがありました。

361091_002
だけど、相変わらず高畑充希だけはムチャクチャ巧いです。この世界での存在の仕方に関して、一人だけ「大正解」って感じ。この世代ではやはり最強無敵です、高畑。概して「助演」の方がいいです、高畑。

最後の方の宮川大輔の扱いなんかも、ぬるいですよねー。ここを上手に処理できるかどうかで作品の良し悪しが決まるってもんですのに、何とも残念であります。

|

« 「リュミエール!」:映画のはじまり | トップページ | 「ノクターナル・アニマルズ」:トム・フォードの文武両道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72328920

この記事へのトラックバック一覧です: 「泥棒役者」:高畑充希以外は失敗:

» 泥棒役者 [象のロケット]
真面目な溶接工員の大貫はじめは、恋人の美沙とささやかながらも幸せな同棲生活を送っていた。 しかし、昔の泥棒仲間・畠山から過去をバラすと脅され、ある豪邸に盗みに入る。 ところが、豪邸で運悪く顔を合わせた人々から、次々と別人に間違えられてしまう。 捕まりたくない一心で、はじめはその都度、勘違いされた「役」を必死に演じるハメに…。 コメディ。 ≪君は、誰?≫... [続きを読む]

受信: 2017年12月 1日 (金) 21時00分

» 『泥棒役者』('17初鑑賞127・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆--- (10段階評価で 4) 11月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8」にて 13:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2017年12月 4日 (月) 16時32分

« 「リュミエール!」:映画のはじまり | トップページ | 「ノクターナル・アニマルズ」:トム・フォードの文武両道 »