« 歌舞伎町のゴジラ・フェスタ | トップページ | 「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ »

2017年11月 4日 (土)

「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」:笑えます。最高です。

360158_004
映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』は、ほんとに小規模な公開があっという間に縮小していくという残念な興行展開ですが、小生が観た新宿ピカデリーの午前11:10~の回では、ほぼ満席でした。シネコンって、こういうところがキライです。あまり効率の追求ばかりしないで、映画に敬意をもって扱ってもらいたいものです(『あゝ、荒野』なんかまさに、その最たる被害者です)。初期猛ダッシュじゃなくても、一定量の「観たい人」はいるはずなのに、いざ観ようと思っても、2週目以降は、とんでもない時間に1回やってるだけとかで、「販売チャンス」を逃しているという・・・それでも効率重視という愛の無さ。これでは、真っ当な映画ファンは育ちません。ブロックバスターばかりが映画じゃないんだから。せめて3週ぐらいの間は、普通に1日4回ぐらい観られる状態にしておいてほしいです。

360158_002
と熱くなってしまいましたが、この映画はとにかく面白かったです。観てない人は、損してます。そもそもあのDCやワーナーブラザーズが公認してるって! それ自体ほぼ信じられない話です(が事実です)。いいのか? 鷹の爪団の大ファンの大江戸でも、ちょっとビビってしまいますけど、いやー、DCさん&ワーナーさん、太っ腹です。懐が深いです。さすがです。

360158_009

いつも通りに、もしかしたらいつも以上に小ネタ満載で、笑える笑える。アメコミ調のDCスーパーヒーローズといつもの鷹の爪団の絵のギャップをものともせず、「バジェット・ゲージ」を画面右に出し続けながら、ひたすらバカバカしく、笑わせてくれます。いやー、鷹の爪の笑いって、大江戸の性(しょう)に合ってます。好きですねー。

360158_008

雑な落書きも、GONZOや白組などのハイ・クォリティなCGIも、すべてはギャグのため。あからさまな広告やプロダクト・プレイスメントも、映画完成のためという、「開き直り」的スタンスが、もう何でもアリですがすがしいほどです。

ワンダーウーマン(1941年生まれ)の「お母さんネタ」とアヒル口、最高でしたねえ(アクアマンの「サバオ」呼ばわりも)。

|

« 歌舞伎町のゴジラ・フェスタ | トップページ | 「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72137907

この記事へのトラックバック一覧です: 「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」:笑えます。最高です。:

» 占いも人生もドラマも同じもの [哲学はなぜ間違うのか]
人間万事塞翁が馬。占いの話でもあり、運勢の話でもあり、人生のドラマでもある。本来、占いも運勢も人生もドラマも小説も、同じものなのでしょう。私たちは自分の人生をこの(塞翁のエピソードの)ようなものとして見ている。成功があり挫折がある。しかし最後にはなん...... [続きを読む]

受信: 2017年11月 6日 (月) 21時06分

« 歌舞伎町のゴジラ・フェスタ | トップページ | 「ブレードランナー2049」:絵と音と雰囲気の見事さ »