« J最終節の逆転劇;川崎の初タイトル! | トップページ | 「GODILLA 怪獣惑星」:なんと三部作でした! »

2017年12月 3日 (日)

「gifted ギフテッド」:ウェルメイドな佳品

361498_007

映画『gifted ギフテッド』は、マーク・ウェッブ監督によるウェルメイドな佳品。なんかサンダンス映画祭で賞を獲るタイプの作品と同じテイストを持ってますね。こういう映画の広告ビジュアルはなぜかイエロー(『リトル・ミス・サンシャイン』とか・・・)。

それはさておき、ハート・ウォーミングな本作を「よくあるタイプの作品」に終わらせなかった最大の功績は、女の子役のマッケナ・グレイスの好演でしょう。

361498_001

2006年生まれというから、撮影時にはおそらく10歳ぐらいだったマッケナちゃんは、ほんとに達者な演技です。達者に見せないぐらい達者なのです。こまっしゃくれた感じを出しながらも、表情やタレ目や体の動きがけっこう子供っぽかったりもするので、そこらのバランスが絶妙なのです。 でもこういう子って、ヘタするとある時期のドリュー・バリモアみたいにハリウッドで身を持ち崩しちゃうこともあるので、気をつけてね(周囲の大人が)。

361498_003_2

それにしても昨今、数学を題材にしたというか、天才数学者の映画がやけに多いですね。昨年の『奇蹟がくれた数式』と『イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密』、今年の『ドリーム』と本作(数字に強い会計士が出て来る『ザ・コンサルタント』もありました)。なぜでしょう? まあ、数学嫌いの大江戸でも問題なく楽しめるから、いいんですけど。

361498_008
(以降ややネタバレあり) 話が割とありがちな、いいもんと悪もんの対立からの、ほのぼのとした結末になっていて、まあ「普通の」エンディング。終盤をもっと頑張ってくれたら、もっと名作になったのになあと、ちょっと残念な気もします。でも、これぐらいの軽い感じを狙ったのかも知れませんね。肩の力を抜いて。

|

« J最終節の逆転劇;川崎の初タイトル! | トップページ | 「GODILLA 怪獣惑星」:なんと三部作でした! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72366843

この記事へのトラックバック一覧です: 「gifted ギフテッド」:ウェルメイドな佳品:

» ギフテッド [象のロケット]
アメリカ・フロリダ。 7歳のメアリーと、独身の叔父フランクは、猫のフレッドと共に楽しく暮らしていた。 実はメアリーには、数学の天才的な才能(ギフテッド)があった。 メアリーの英才教育を望まないフランクには、メアリーの母である亡き姉から託された“ある秘密”があった…。 ヒューマンドラマ。 ≪一番大切なのは、<愛する>才能。≫... [続きを読む]

受信: 2017年12月 6日 (水) 17時20分

» 「ギフテッド」☆子育ての方程式 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
平凡な題名から予測される、よくあるお涙ちょうだいのお話かと思って、特に気に留めていなかった私。 中々評判も良いので観てみたら・・・・まるで予想もしていなかった人から、突然貰ったプレゼントのような素敵なお話だったyo!!... [続きを読む]

受信: 2017年12月25日 (月) 00時37分

« J最終節の逆転劇;川崎の初タイトル! | トップページ | 「GODILLA 怪獣惑星」:なんと三部作でした! »