« 辛くないおつまみスナック | トップページ | 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 »

2017年12月 9日 (土)

E-1北朝鮮戦、劇的勝利で発進!

東アジア地区の王者を決めるサッカーE-1選手権が開幕、日本はまずは北朝鮮との対戦。めっちゃ寒そうな味の素スタジアムでの一戦をTVで観ました。今回は海外選手を招集できないので、国内組の戦い(おまけに浦和の選手は、クラブワールドカップ出場のため不在)。W杯メンバーに食い込むためのチャレンジです。

中村航輔、室屋成、伊東純也(途中出場)、阿部浩之(途中出場)とA代表デビューが4人。更には谷口彰吾、車屋紳太郎、高萩洋次郎、小林悠・・・と実にフレッシュな顔ぶれ。悪く言えば、とてもA代表とは思えぬ顔ぶれです。キャプテンマークは昌子源。

なので、やはりもたつきました。連係は悪く、技術的にも見劣りします。北朝鮮が引いて守っているので、ボールキープはめっちゃできているのですが、有効な攻め手を打ち出せずに、ボールを奪われている感じ。まあ北朝鮮も大したことなかったのと、カウンターに鋭さを欠いていたので助かりましたが、でも今日のMVPはGK中村航輔(柏)だっていうのが、衆目の一致するところではないでしょうか。いやー、よく防ぎました。決定機を3回ぐらい弾き出しました。そもそも中村に関しては、ハリル監督がなかなか使ってくれないことを遺憾に思っていたのです。川島よりも、東口よりも、いいと思うんですよねー。体も大きいし反応が速いし、押される展開のW杯では生きるはずなのです。

90分を過ぎ、アディショナルタイムもほとんど最後の劇的決勝弾が美しかったです。川又のクロスから今野の落とし、そして井手口のミドルシュート!! やはり井手口、やってくれました。

それはそうと、伊東純也(柏)良かったですね。とにかく速いし、DFをぶっちぎれるし、素晴らしい素質の片鱗を見せてくれました。要注目です。

初戦勝利で、優勝に大きく近づいたと言える日本。新戦力のテスト、選考を行いながら、東アジアNO.1という結果もちゃんと得てもらいたいと思います。

|

« 辛くないおつまみスナック | トップページ | 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72419295

この記事へのトラックバック一覧です: E-1北朝鮮戦、劇的勝利で発進!:

« 辛くないおつまみスナック | トップページ | 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 »