« E-1北朝鮮戦、劇的勝利で発進! | トップページ | 「パーティで女の子に話しかけるには」:珍妙奇天烈でした »

2017年12月10日 (日)

「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美

360709_002
映画『オリエント急行殺人事件』は、1974年のシドニー・ルメット監督作を43年ぶりにリメイク。風格を失わずに、映画のコクをしっかり打ち出したのはご立派。さすがはケネス・ブラナー監督ですね。彼自身が演じたポワロも、堂々とサマになっておりました。

ルメット版は127分あったのに、今回は114分ってことで、ちょっと駆け足な印象。ポワロが乗客たちに聞き込みをするあたりが、かなり省かれた印象です。というわけで、あまり謎解きには重きを置いていない作りとなっておりました。

360709_004

まあ、この「意外な犯人」のトリックがかなり世の中にネタバレしちゃっているわけなので、謎解きよりも「語り口」となるのも、むべなるかななのですが・・・。そんなわけでこの映画、特に終盤は上質な「人情噺」のようでありました。これ、落語にできるだろうなあと思っちゃいました(志らくさんがもうやってたりするのかしらん?)。

360709_003
1930年代を再現した美術がいいですよ。オリエント急行の内装とか。もちろん衣装も。ポワロのステッキや(寝る時の)ひげカバー(?)一つとってもさすがです。ここらへんはハリウッドの力を見せつけておりますね。 そしてイスタンブールの景色、雪山の景色など、風光明媚な映像も、素晴らしく高いクォリティでスケールの大きな美を見せてくれました。

序盤のポワロがオリエント急行に乗り込んだ時の、外から電車の窓を通して見せていく長い長い横移動の映画的素晴らしさ! そして終盤のポワロを、今度は社内の縦移動で追っていくキャメラ! この二つの見事な移動撮影の間で展開する物語を生き生きと動かしてくれるのも、もちろんポワロなのです。まるでケネス・ブラナーが自らのプロモーションビデオを撮っているかのようで・・・。

360709_001

ミシェル・ファイファーも、ペネロペ・クルスも、皆さん等しく年を取って行かれますねえ。一応オールスター・キャストではありますが、ルメット版に較べると小粒感は否めません。でもまあ、謎解きタイムの「最後の晩餐」的ショットで勢揃いしたりすると、やはり壮観です。

(以降少々ネタバレあり) びっくりしたのは、雪崩場面があったり、汽車が橋の上で(斜めに)立ち往生したり、ポワロがアクションを繰り広げたり、銃撃場面があったりしたこと。言葉だらけの密室劇にならないようにとの配慮なのでしょうが、この当世風変更はいかがなものでしょうかねえ。これらの部分には違和感が残りました。

|

« E-1北朝鮮戦、劇的勝利で発進! | トップページ | 「パーティで女の子に話しかけるには」:珍妙奇天烈でした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72419428

この記事へのトラックバック一覧です: 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美:

» オリエント急行殺人事件 [象のロケット]
トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。 車両に居合わせたのは、共通点といえば目的地のみというさまざまな境遇の13名。 そして、もう一人乗り合わせたのが、“世界一の探偵”エルキュール・ポアロ。 列車という密室で再び殺人者が人を襲う前に、彼は事件を解決しなければならない…。 ミステリー。... [続きを読む]

受信: 2017年12月10日 (日) 07時57分

» オリエント急行殺人事件 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 アメリカ  ミステリー  監督:ケネス・ブラナー  出演:ケネス・ブラナー   [続きを読む]

受信: 2017年12月10日 (日) 16時10分

» 『オリエント急行殺人事件(2017)』('17初鑑賞135・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月8日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。 [続きを読む]

受信: 2017年12月11日 (月) 11時05分

» 「オリエント急行殺人事件」 [或る日の出来事]
最後の審判を下すのは、ポアロ!? [続きを読む]

受信: 2017年12月13日 (水) 07時38分

» 「オリエント急行殺人事件」☆演技バトルのためにある映画 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
なぜ誰もが真相を知っている推理小説を、今映画化するのか? なぜ誰もが知っている物語を改変せずそのままやるのか? それはきっと、誰もが結末を知っているからこそ、役者がそれをどうを演じるのかが腕の見せ所になってくるから。 舞台でも歌舞伎でも同じように、定番の演目を繰り返し上映するのは、役者の演じ方によって作品もぐっと変わってくるからと言える。... [続きを読む]

受信: 2017年12月14日 (木) 00時07分

« E-1北朝鮮戦、劇的勝利で発進! | トップページ | 「パーティで女の子に話しかけるには」:珍妙奇天烈でした »