« 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 | トップページ | 「エンドレス・ポエトリー」:詩人の血は紫 »

2017年12月10日 (日)

「パーティで女の子に話しかけるには」:珍妙奇天烈でした

361614_007
映画『パーティで女の子に話しかけるには』は、タイトルからも予告編からも想像できないような、いや、想像を絶する珍妙奇天烈なる作品でした。終映後に隣席のカップル男性が「いやー、ごめん。思ったのと全然違ってた。」と彼女に謝っていましたが、これをデート・ムービーに選んじゃうと、普通のカップルはそういうことになります。変なカップルは、ハマるかも知れませんけど。 この邦題じゃ勘違いするよねー、と思いつつ、原題(How to Talk to Girls at Parties)でも同じなんですけどね。

361614_002

さすがに『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェル監督なだけに、この作品もまた最初っから「カルト」の様相を呈しております。ライブハウスでのパンク・ライヴ場面は、かなり良い出来ですし、彼と彼女(エル・ファニング)がラブラブにあっちこっち行く場面は、みずみずしく輝いてました。

361614_005
だけど、話はどんどん予想もしなかった異常な方向に進んでいきます。途中から「あ、こういう話だったのね。」と気づいた時にはもう遅いって寸法です。 (以降ネタバレあり) 宇宙人たちのヘンテコさには、かなり笑わせてもらいました。ま、それも'70-80年代のパフォーミング・アートのようでもありますけどね。

361614_009

本年絶好調のエル・ファニングは、この作品でも一応魅力を発揮しておりますが、『ネオン・デーモン』『夜に生きる』『20センチュリー・ウーマン』に較べると、こっちに迫る凄さが今一つでした。 パンク女王的なニコール・キッドマンも、えれー若い!けど、あまり迫っては来ませんでした。まあ、この監督が女子にはさほど興味ないからかも知れませんが・・・。

ラストはちょっと良かったですよ。なんだか不思議な感銘を少しばかり与えてくれました。

|

« 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 | トップページ | 「エンドレス・ポエトリー」:詩人の血は紫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72426154

この記事へのトラックバック一覧です: 「パーティで女の子に話しかけるには」:珍妙奇天烈でした:

» 『パーティで女の子に話しかけるには』 パンクなエル・ファニングもいい [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のジョン・キャメロン・ミッチェルの最新作。原作はニール・ゲイマンの短編小説(『壊れやすいもの』所収)。  童貞の男の子にとって女の子の存在が宇宙人のように思える。若かりしころにはよくある微笑ましい話をそのままに、「出会った女の子が宇宙人だったら」という物語にしてしまったという作品。  パンクが大好きな高校生のエン(アレックス・シャープ...... [続きを読む]

受信: 2017年12月10日 (日) 23時50分

» 「パーティで女の子に話しかけるには」 [或る日の出来事]
エル・ファニングさん&ニコール・キッドマンさん。 [続きを読む]

受信: 2017年12月11日 (月) 07時26分

» パーティで女の子に話しかけるには [象のロケット]
1977年、エリザベス女王即位25周年の祝賀行事に沸くイギリス・ロンドン郊外。 パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。 たちまち恋に落ちた二人だが、彼らに許された自由時間は48時間。 彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだった…。 SFラブ・ストーリー。 ... [続きを読む]

受信: 2017年12月15日 (金) 14時17分

« 「オリエント急行殺人事件」:風格とコクと映画美 | トップページ | 「エンドレス・ポエトリー」:詩人の血は紫 »