« 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」:40年、8/9(8/12?) | トップページ | 銀座のウインドウを犬張子が占領? »

2017年12月24日 (日)

「ビジランテ」:ヘヴィーな力作だが、惜しい

361453_007_2
映画『ビジランテ』のタイトルを聞いて連想したのは、まず「ビオランテ」。はい、『ゴジラvsビオランテ』のあいつです。そして次に「ビジネスランチ」。 ってわけで調べちゃいましたよ。「vigilante=自警団(員)」のことなんですねー。うーん、知りませんでした。昨年の『ヒメアノ~ル』といい、こいつといい、わけのわからないカタカナ語タイトルは、闇の深いヘヴィーな作品になるんですかね?

361453_006

かなりの力作です。『ツインピークス』じゃないけど、地方の暗部をえぐり出していきます。あくまでもリアル・ベースで。そこに、社会派的な視点で外国人排斥の動きを不気味なトーンで描く部分もあり、そこらが直截的には「ビジランテ」ってことなのでしょう(まあ、そこだけじゃなくて、多面的な意味を込めたタイトルなのでしょうけれど)。それにしてもタイトルになっている割には、このパートは本筋とは関係ありません。そこらへんにちょっと違和感を禁じ得ませんでしたね。

361453_009
不満はまだあって、長男の大森南朋がどういう人間なのか、一貫性も何もなくてよくわかりません。その行動があまりにもあり得なくて、??です。いくらクスリで頭をやられちゃったとしても、わかのわからん奴というムードを体現しただけみたいな役になっちゃってました。それにしても顔が1ミリも似てないな、この三兄弟(腹違いってことなのかしらん?)。

361453_001_2

これ脚本も入江悠監督が手がけてるんですけど、脚本家がもう一人入った方が弱点が消えて、あるい客観的な視点が生まれて、もう一段階優れた作品になったんじゃないでしょうか。惜しいんです。ラストなんかも、「ここで終わりですかい?」って感じで、惜しいなあ。この後もう一つ、次男(鈴木浩介)の闇を出せればなあ・・・。

|

« 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」:40年、8/9(8/12?) | トップページ | 銀座のウインドウを犬張子が占領? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72534470

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビジランテ」:ヘヴィーな力作だが、惜しい:

» 「ビジランテ」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2017年・日本/東映ビデオ=スタジオブルー配給:東京テアトル 監督:入江悠 脚本:入江悠 製作:間宮登良松、江守徹、太田和宏、平体雄二エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫、江守徹 地方都市を舞台に... [続きを読む]

受信: 2017年12月25日 (月) 23時17分

« 「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」:40年、8/9(8/12?) | トップページ | 銀座のウインドウを犬張子が占領? »