« 安藤忠雄展@国立新美術館 | トップページ | 「最低。」:彼女らの行動は?だけど »

2017年12月 6日 (水)

辛いおつまみスナック

Dsc_2162
最近の(ではないものもありますが)スナック的なおつまみに関して、いくつかご紹介。一つを除いて、みんな辛(から)い味です。

まずは老舗のカルビー「かっぱえびせん」の期間限定『七味マヨネーズ味』。ビールに合うってことで絵が入ってますけど、かっぱえびせんってもともとそういうコンセプトでしたよね?

まあ七味もそんなに辛いわけじゃないし、マヨネーズで更にマイルドになってるし、うーん、別に悪くないけど、特にほめるほどのもんでもないですねえ。

_20170809_212013
かっぱえびせんシリーズから、こちらは『ゆず胡椒味』。「マル辛」マークが入ってます。確かにゆずの風味とゆず胡椒らしいピリッとした辛さがありました。

_20171017_191954
(今回こいつだけは辛くないやつです。すんんません。) カルビーつながりでまいりますと、こちらは久留米「大砲」ラーメン監修による『呼び戻し豚骨味』のポテチです。まあ確かに豚骨味ですが、豚骨味にしたから特別うまいかっていうと、そうでもなくって・・・。ま、一回食べればいいかなって味。

Dsc_1710
辛みを求めるなら、むしろこっち。カルディ・オリジナルの『マーラーポテトチップス』です。「花椒(ホワジャオ)入り」と書いてある通りですが、まあポテチですから、そんなに辛いわけでもしびれるわけでもありません。ちょっと物足りない商品です。

_20171009_210947
ホワジャオと言ったら、これぐらいガツンとやってくれないと、と言うべき最強のスナックがこちら。ビックカメラに売っていた『麻辣ピーナッツ』(花椒入り)です。パッケージにも「四川料理 しびれ王」と記されている通りでして、ピーナッツと共に大量のホワジャオと大量の刻み唐辛子が入っています。顔から汗が出るくらい辛くてしびれます。舌に来ます。おまけに、食べ終えても袋の中にはまだかなりの量のホワジャオと刻み唐辛子が残るのです。なので、それを普通のナッツ類と混ぜたりして食べました。そこらもおトクな商品です。

_20170925_201956
そういう気合の入ったガツン商品に較べると、大手メーカーのものはどうしてもヤワです。YBCの「エアリエル」、こいつは『こだわりスパイスのホットチリ味』ってことでしたが、「15種類のスパイス使用」って書いてありましたが、何てことないっす。むしろ変な味かも。

_20170921_120627
最後のこれは、カルディで売ってた韓国製のヘテ『辛(シン)ダンドン トッポッキ味スナック』です。トッポギ(トッポッキ)型のカリッとしたスナックなのですが、なんとかなり甘いのです、でも唐辛子の辛さもビンビン来て、要するにえらく甘辛いのです。スナック界の新機軸というか、まあ韓国では当たり前なのかも知れませんが、日本基準だとけっこう衝撃

_20170923_201459

的です。だって、辛いかりんとうみたいで・・・。でも悪くないです。うまいです。

|

« 安藤忠雄展@国立新美術館 | トップページ | 「最低。」:彼女らの行動は?だけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72394103

この記事へのトラックバック一覧です: 辛いおつまみスナック:

« 安藤忠雄展@国立新美術館 | トップページ | 「最低。」:彼女らの行動は?だけど »