« E-1男女とも優勝できずの落胆 | トップページ | 「光」:意図した不快感 »

2017年12月16日 (土)

「希望のかなた」:カウリスマキの描く難民

361573_006
映画『希望のかなた』は、まごう方なきアキ・カウリスマキ映画。社会の片隅の不遇な人々を、ユーモアで慈しみながら淡々と描写していきます。人情味たっぷりながら、社会へのメッセージをしっかりと打ち出しています。

今回もやはり色調がいいですね。寒色フィルターを通して、暖色系を描いたような独自のトーン。ちょっと画家ミヒャエル・ゾーヴァ作品のトーンにも似ています。

361573_001
サイレント映画を思わせる静けさと、オフビートな笑いはいつも通り。まあ一番笑えたのは、レストランをスシ屋に業態変更する素っ頓狂なエピソード。珍妙な日本趣味と、惨憺たるスシもどき(メガ盛りのワサビ)! 作品全体のバランスを崩してまでもあんな場面を入れちゃうところが、カウリスマキなんですよねえ。そういえば、カウリスマキは親交のあるクレイジーケンバンドのギタリスト小野瀬雅生(のっさん)に『もっとワサビ』という名の曲を作らせて、それを『過去のない男』で使っている人ですから。

361573_004

この『希望のかなた』にもミュージシャンの演奏シーンがあるのですが、いつかのっさんにもカウリスマキ映画内で演奏を見せてもらいたいものです。それにしても、このスシ・レストランの店員の衣装やら何やら、大昔の「国辱映画」かよって感じですが、日本通のカウリスマキですから、きっとわざとやってるんでしょうねえ。

361573_002

(以降ネタバレあり) 希望があるんだかないんだか、なかなかに辛口のラストを迎えるのですが、なぜハッピーエンドじゃないのかといえば、そこにカウリスマキの難民問題への怒りがあるからなのでしょう。

それにしても、出て来るフィンランド人がみんな武骨でダイハードな面構えですね。全てのフィンランド人がそうだってことはないのでしょうけれど、ついそうだと誤解してしまいそうになるのです。

|

« E-1男女とも優勝できずの落胆 | トップページ | 「光」:意図した不快感 »

コメント

寿司屋のシーンは爆笑でした!

「難民3部作」の第3作も楽しみですね!

投稿: onscreen | 2017年12月17日 (日) 12時52分

onscreenさん、コメントありがとうございます。
あれ、いったいどんな味がしたんでしょうね? 食べてみたいような見たくないような・・・。

投稿: 大江戸時夫 | 2017年12月17日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72471362

この記事へのトラックバック一覧です: 「希望のかなた」:カウリスマキの描く難民:

» 希望のかなた [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 フィンランド  コメディ&ドラマ  監督:アキ・カウリスマキ  出演:シェルワ [続きを読む]

受信: 2017年12月17日 (日) 10時46分

» 希望のかなた [象のロケット]
内戦が激化する故郷シリア・アレッポを脱出した青年カーリドは、北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れ着いた。 堂々と難民申請したものの強制送還されることが決まり、彼は生き別れの妹を探すため収容施設から逃走する…。 一方、街で長年セールスをしていた初老の男ヴィクストロムは、酒浸りの妻に別れを告げ、レストランオーナーとしての人生を歩み始める…。 社会派コメディ。... [続きを読む]

受信: 2017年12月22日 (金) 09時09分

» ショートレビュー「希望のかなた・・・・・評価額1750円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
希望の国のリアル。 一年の最後にこんな傑作と出会えるとは。 2011年の「ル・アーヴルの靴みがき」以来となるアキ・カウリスマキの長編最新作。 物語の主人は二人いる。 内戦の続くシリアのアレッポで家族を失い、トルコへ脱出後にヨーロッパを転々として、フィンランドに流れ着いた難民の青年カーリド。 もう一人は、衣料品のセールスマン稼業に嫌気がさし、アル中の妻とも別れた初老の男ヴィクスト...... [続きを読む]

受信: 2017年12月27日 (水) 23時07分

« E-1男女とも優勝できずの落胆 | トップページ | 「光」:意図した不快感 »