« 辛いおつまみスナック | トップページ | 辛くないおつまみスナック »

2017年12月 7日 (木)

「最低。」:彼女らの行動は?だけど

361666_007
映画『最悪。』は、最近珍しいほどの日本映画らしい日本映画。瀬々敬久監督としても、久々に小ぶりな映画で本領発揮といったところでしょう。

AV女優を切り口にした3つのエピソードを、交互に織りなしていく展開が、そしてそれらのエピソードが交差していく展開がよくできた脚本(小川智子・瀬々敬久)です。

361666_003
しかしながら、それらのエピソードに納得できるかと問われれば、首肯しかねることも確かですね。3人の女たちの誰にも共感できないどころか、人間の心理と行動として、彼女たちの行動に「どうしてそうなるの?」「そうはならないでしょ?」と、何度も思わずにはいられませんでした(それはもう女とか男とかを超えたものとして)。

361666_014

ただ所々に映画的な良いシーンがあることも確かです。終盤の展開、特に女二人が縁側に寝っ転がるあたりは味わい深かったですね。

女として生きていくことの大変さも、痛いほど描かれています。この映画の中で、女たちはみんな涙するのです。

361666_006
30代半ばの満たされない主婦を演じた森口綾乃が、とても素晴らしかったです。この女優さんを意識したことはありませんでしたけど、小柄な感じといい、柴咲コウを水にさらしたような感じといい、なんか良いです。

|

« 辛いおつまみスナック | トップページ | 辛くないおつまみスナック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72403368

この記事へのトラックバック一覧です: 「最低。」:彼女らの行動は?だけど:

« 辛いおつまみスナック | トップページ | 辛くないおつまみスナック »