« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月31日 (水)

SHE SAID YES!

Dsc_2269
先日うちの近くを走っていたら、ふと目についたこの落書き。

SHE SAID YES!  1/2/18

うーむ、「彼女はイエスと言った 18年1月2日」

ってことですよね。

_20180113_162947

年明け早々、一体何があったのでしょうか?

思わず落書きしたくなるほど嬉しいことだったのでしょうか? イエスって、何に対するイエスなんでしょうか?

そもそも彼女がイエスといったその眼前で(約束みたいな扱いで)書いたのでしょうか? それとも一人になってから、嬉しさに舞い上がって書いちゃったのでしょうか?

これだけで短編小説の1本や2本、ラブソングの1曲や2曲書けそうな気がします。ごはんだったら、1杯や2杯行けちゃいます。

いろんな想像を呼ぶ「記念碑」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火)

「ロング,ロングバケーション」:純愛老々ロード

362632_008
映画『ロング,ロングバケーション』は、ヘレン・ミレン&ドナルド・サザーランドという老名優二人による老人ロード・ムービー。なかなかに今日的な題材を扱っていたりもします。 監督はイタリア人のパオロ・ヴィルズィ。なるほど非常にアメリカンな感じだけど、終幕などはイタリア人ならではかもしれません。

362632_007

まあ芸達者な二人ですから、ただ映画の流れに身を任せていれば良いのです。旅のあちこちにちょっと笑えるエピソード満載で、ゆるゆると楽しめます。

夫(サザーランド)のアルツハイマー病が進行して行くのですが、深刻にではなくあくまでもコメディとして描かれます。だから観ている方としても、辛くありません。

362632_006それにしても妻(ミレン)が怒る時の大噴火的凄まじさといったら!(その割には、爆発後には結構ケロッと「しょーがねーなー」状態に戻るんですけどね。こんな夫でも、まだまだ未練(ミレン)があるってことですね←だじゃれ。

362632_004

(以降ネタバレあり) 最後の二人の(というか妻の)選択には、賛否あると思います(特にキリスト教の方々には)。でも大江戸は大いに賛同するものであります。というか、法律や医学がもっとこういう方々を助けなければいけないんじゃないかと思うのであります。

最後は純愛映画の印象が強く残りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月29日 (月)

「ジュピターズ・ムーン」:ハンガリーの宗教的SF

362484_003_2

映画『ジュピターズ・ムーン』は、珍しやハンガリー映画(資本的にはハンガリー・ドイツ合作ですが、舞台も言語もハンガリーで、監督はじめ主なスタッフも役者もハンガリー人)。しかもSFです。とは言え、サスペンス、アクション、難民問題、差別、テロリズムなど多様な要素を取り込んだ作品なのですが、一番感じるのは「宗教映画」だという側面です。空中に浮かぶ能力を手にした少年(顔はかなりオッサンなのですが)も、作中で「天使」と呼ばれたりしています。

362484_002_2

この映画、カンヌ映画祭のコンペ出品作でもあります。 確かに、ハリウッドSF映画にはない神秘感や土俗臭があり、観たことのない不思議なポジションに属する映画となっております。

「飛ぶ(浮遊する)」ことがメタファーでもあり、いくつかの浮遊シーンは「どうやって撮ったんだろう」と思ってしまうようなものでした(「あれはクレーンじゃ無理だから、ドローンかなあ」とか) 。

362484_006_2

部屋をぐるんぐるんと回転させちゃうシーンは、かの『恋愛準決勝戦』(『2001年宇宙の旅』の無重力シーンにも影響を与えたハリウッド映画)の神秘バージョンのようでした。

凄かったのは、ブダペスト市内でのカーチェイス・シーン。めちゃくちゃロー・アングル(改造バイクで撮ったのかなあ)で、しかも長回しの1カット! これだけヤバイ疾走感のカーチェイスって、井坂聡監督の『FOCUS』と双璧かも知れません。

362484_001_2でも基本的に哀感が滲むダウナーな作品なので、大江戸としては乗り切れませんでした。

(以降少々ネタバレあり) 『キネマ旬報』に内藤誠さんが「少年が超能力で国境を越えないのに少々いらついた」と書いてあり、笑ってしまいました。あ、そうだなーと思いました、パスポートがどうとか言わずに、飛んで行きゃあいいじゃん。まさにその通りです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2018年1月28日 (日)

さよなら日劇ラストショウ/「キングコング対ゴジラ」

_20180128_152615昨日から2月4日まで「さよなら日劇ラストショウ」が開かれているので、有楽町マリオンのTOHOシネマズ日劇に行って来ました。ラインナップを観てあまりに「男の子映画」ばっかりで、わざわざ観るべき作品がないことに唖然としながら、「でも1本ぐらいは行っておきたいなあ、最後だから。」と思っていたら、友人に誘われたのでこれ幸いと『キングコング対ゴジラ』を観に行ったのです。

Dsc_2297

上映館は日劇2(スクリーン2)。本来なら当然一番大きい日劇1に行きたかったのですが、とにかく観たい作品がかからなくって・・・。 でも今日劇場前に着いたら、発券機に長蛇の列で、係の人が上の階にも発券機がありますとアナウンスしていたので、素直に上へ行ったら、そこは(当たり前だけど)日劇1。

Dsc_2296

窓口の人に発券してもらったついでに、日劇1のロビーを撮影することができました。これも映画の神様の思し召しでしょうか。ありがたいありがたい。

_20180128_152651

_20180128_211958

で、日劇2に入場すると、入口で映画の35mmフィルムのしおりをくれました。調べてみると、『ゴジラ』シリーズの上映作品を観た人に配られているそうで、この有楽町マリオンがゴジラに壊される『ゴジラ』(1984)のフィルムのどこかなんだそうですが、うーむ、この場面は暗めでよくわかりません。左の方にゴジラが写っているようではありますが・・・。

_20180128_152722

そしてロビーには、シン・ゴジラさんがいらっしゃいました。人間よりでかいサイズなので、なかなかの迫力。しっぽがスゴイんですよね。

_20180128_152749

前にスモールサイズの子分?も従えておりました。

さてさて映画の方は、なんと4K版ってことで、かなり高精度なデジタル修復が行われたようなんですが、大昔に一度観たっきりの小生には、その有難味が良くわかりませんでした。同行の友人は怪獣オタクなので、昨秋2K版を観ているのですが、「2Kと4Kの違いがよくわからない」と言ってました。まあ、並べてチェックすれば多少違うんでしょうけどね。

Dsc_2303

とにかくツッコミ所満載で、そもそもゴジラの放射線を受けてもコングのダメージが大したことないってどういうこと?? (大人の事情で?)大猿がゴジラと引き分けになるように色々と無理な工夫をしている、そんな作品です。南洋の原住民を「土人」と言い、黒塗りの日本人が演じているという、今なら大問題のシーンも、まあ時代を感じさせるご愛敬となっています。終映時には大きな拍手が起こりました。

本編の上映開始前に、日劇の歴史を振り返るショート・ムービーがかかりました。1984年の誕生から34年、旧日劇の誕生(1933年)からだと85年。日劇の名が消えてしまうのは、寂しいことです。しかもTOHOシネマズ日比谷のオープンは3月29日だっていうんだから、その長過ぎる空白期間ももったいないというか、謎です。 数年前の新宿ミラノ座閉館に次いで、この日劇閉館によって、昭和の大劇場は完全に息の根を止められました。まことに諸行無常であります。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

「嘘を愛する女」:ダメウーマンなのに偉そうで・・・

361109_004
映画『嘘を愛する女』は、TSUTAYAの映像企画賞でグランプリを獲った企画だというのですが、確かに(予告編で感じられるように)大枠のプロット自体は面白そうなのですが、映画を観てみるとダメダメでした。なんでこれがグランプリ??と終始疑問が浮かぶほどにツッコミ所だらけ。その上、主人公(長澤まさみ)がただただ嫌な女で、腹は立ちますが共感は一切できずという始末。こんな不備の多い脚本も珍しいです。 ミステリアスな高橋一生の特殊性ぐらいしか、良い点が見当たらない作品なのでした。

361109_009_2
長澤まさみのキャラクターが、バリバリのキャリアウーマンで、「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」を受賞(この若さで?!)しているという設定。まあ、これぐらい猛烈な人でないとウーマン・オブ・ザ・イヤーになんかなれないって意味では、説得力がありるかも知れませんけど・・・。とにかくこいつが嫌な女で性格悪くて、それが途中から変化してくるって話かと思ったらそうもならず、これでは終盤も盛り上がりません。吉田鋼太郎が彼女の言動にキレて罵倒するシーンがあるのですが、小生は「そうだ!もっと言ってやれ!置き去りにしちゃえ!」と思って観ておりました。また上司に「おまえ、勘違いしてないか?」と言われるシーンがあるのですが、まさにその通りだと思います。

そもそもこの女、ストーカーの川栄李奈に向って「赤の他人」呼ばわりするんですけど、自分だって同棲してたけど籍入れてませんよね。五十歩百歩ではないでしょうか? どうでもいいけど、長澤さん妙に太って(むくんで)ませんでしたか? 表情もやけにオバサン化したショットがあったし。

361109_002

役者陣では、コンピューター・オタク役のDAIGOが、意外なほどの好演でした。抑えの効いた良い芝居。イメージ変わっちゃってて、しばらく彼だと気づかなかったほどです。 そして川栄李奈もいいんですけど、この役今一つ意味合いが薄いというか、いなくても本筋に関係ないような役でして・・・そこが残念でした。二人とも途中でフェイドアウトしちゃうし・・・。

361109_010_2

酔った長澤に心無い言葉を浴びせられた高橋が家を出て、どうするのかと思ったら、なんと公園で一人ブランコ! 子供かっ!(笑っちゃいました)

(以降ネタバレあり) クモ膜下出血で昏睡とか、おもちゃの缶のエピソードとか、私小説に長澤の事をしたためるとか、ありがちなクリシェであり、しかもやたらとウソ臭いです。ラストなんかも、まさにそういうことですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2018年1月26日 (金)

きなこの季節?

_20180111_130958
へー、こんなの出たんだーと思って買ったのがこれ。森永チョコボールの「金のきなこもち」。ギンナンみたいな色の、でもギンナンより二回りぐらい小さいチョコボール。で、噛むと実にもっちりもちもち。中には餅に見立てたグミが入ってるって寸法です。いやー、これはうまい! きなこチョコが絶品の上、餅(グミ)とのハーモニーも最高です。クセになるかもです。

でもこの味って、どこかにあった・・・と思ったら、そう、アレとほぼ同じでした。

_20180118_173556

アレっていうのはこれ。チロルチョコの『元祖きなこもち』。美味なるきなこチョコのセンターに餅風グミが入ってて、まさにおんなじ。きなこの風味バッチリで、とてもおいしいのです。これ7個入りのパッケージが100円ショップで売ってたりして、なかなかいいんですよ。

_20180118_173753

そしてこちらは、くらこんの『ねりきなこ』。駄菓子屋で人気の「きなこ棒」を、つまんでも手にきなこがつかないように、改良したものだそうです。うーん、まさしくきなこ。素朴な味です。でも飽きの来ないおいしさですよね。きなこってことは大豆が原料なので、植物性たんぱく質たっぷりだから、健康にも良いと思います。なかなか良い発想ですよね、この商品。

_20180114_115411

最後にご紹介しますのが、これ。スーパーマーケット「ライフ」の「ライフ・プレミアム」ブランドの商品で、『和三盆の甘み豊かな きなこ大豆』です。煎った大豆をサクサクの生地で包み、外側にたっぷりときなこをかけてあります。シンプルな大豆づくしです。で、シンプルにうまいです。

_20180114_115353

やはり和三盆糖が決め手なんでしょうかねえ。上品な甘さです。昔ながらの食品で、ヘルシーでもあります。

この時期に色々出るってのは、お正月のきなこ餅の延長線上でしょうかねえ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月25日 (木)

「星くず兄弟の新たな伝説」:33年後もやはり失敗作

361363_001
映画『星くず兄弟の新たな伝説』は、なんと(1985年の『星くず兄弟の伝説』から)33年ぶりという、『マッド・マックス』かよ!の続編。で、まず思ったのは「手塚真、ぜんぜん成長してねー!」(笑)。33年たってりゃ機材も変われば人も変わるはずなのですが、この映像を観る限り、そのチープ感、ハズシ感、スベリ感がまさに前作のもので、・・・「三つ子の魂百まで」とはよく言ったものです。

361363_005

中でも変わらないことの筆頭は、この「内輪ネタ」感。仲間内で友情出演、カメオ出演の人々を集めて、やらずもがなのギャグをさせたりしています。どうでもいいけど、数年前に『モヤモヤさまぁ~ず2』に出ていた新代田の「中級ユーラシア料理店」の不思議なマスター、「ぺぺ」(ペペっちょ)さんまで出ていてびっくり(しかもこの方、テアトル新宿で目撃しました)。

361363_002

話は荒唐無稽、と言えば聞こえがいいですけど、要はムチャクチャです。しかも普通(あんまりにも小学生的なので)やらないようなギャグを平気でぶっこんで来ます。例えば、西部の荒野で「毒マムシに気をつけな」と言うと、草むらに潜んでいた毒蝮三太夫(!)が悔しがるという脱力ギャグ・・・。

言葉に関しても普通の日本映画だとやらないような下ネタ・ワードがバンバン出て来ます。これはダーティ・ワード満載のアメリカ映画基準に合わせてみましたってことなのかなあ? 成功してないけど。

361363_006

何にしても、前作の1時間40分に対して2時間8分もあるので、かなり中だるみします。この手の映画って(『ファントム・オブ・パラダイス』や『ロッキー・ホラー・ショー』がそうであるように)1時間半ぐらいに収めないとダメなんですよね。ムダに長い感じになっちゃうんで。

良かった点は以下の4つ--

・33年後のシンゴとカンを見られたこと

・内田裕也さんが歌うところ(なぜか『コミック雑誌なんかいらない』)を見られたこと

・浅野忠信のギターが炸裂するロック・ナンバーがカッコ良かったこと

・夏木マリと井上順の「メジャー感」と押し出しの強さ(夏木さんって、あんな白塗りメイクにしても、夏木さんでしかないんですねえ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

「パディントン2」:前作のが上だけど、でも楽しい

361373_004
映画『パディントン2』は、思わぬ傑作だった前作をスケールアップ。でも監督・脚本は前作と同じくポール・キングが担当しているので、良い仕事になっています。たっぷりと笑いや娯楽のあれこれを詰め込んで、大人も子供も楽しめるウェルメイドな作品に仕上がっています。

ですけど、大江戸は第1作の方が好き。前作の方がもっと笑えたし、もっと面白かったと思うのです。 (前作の記事はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/post-4519.html

361373_006_2

英国紳士なクマ、パディントンのキュートさと性格の良さは変わりません。敵対する悪役も第1作ではニコール・キッドマン、今作ではヒュー・グラントと、こちらも役者に不足はありません。ブラウン家の皆様も前作と同じ。でもどこか物足りないのは、なぜでしょう。前作の95分に対して本作は104分。9分増えただけですが、その分少しだけ間延びしたかも。更には、笑いのセンスが、前作ほど秀逸ではなかったかも。割と「普通」の笑いでした。

361373_002
良かったのは、パディントンが飛び出す絵本の中に入って、おばさんとロンドンを歩くことを夢想する場面。CGの良き使い方の見本ですね。 刑務所の場面も、こんなに明るく楽しくキュートに描かれた刑務所って、映画史上初なのではないかと思います。素敵でした。

361373_003

パディントンとおばさんで盛り上げる終幕などは、ちょっと感動してしまいました。 そして移民問題で揺れるヨーロッパに、いや日本も含めて「不寛容」な世界に一石を投じる作品でもあるあたり、さすがですね。

サリー・ホーキンスの水中シーンには、予告編や広告ビジュアルで知る『シェイプ・オブ・ウォーター』(今日、アカデミー賞にもノミネートされましたね)を連想しないわけにはいきませんでした。これ、単なる偶然なの?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2018年1月23日 (火)

「家康、江戸を建てる」:人が作った現代東京の礎

_20180120_231759先日『銀河鉄道の父』で直木賞を受賞した門井慶喜さんが2年ほど前に上梓した『家康、江戸を建てる』(祥伝社)を中古で買って読んだのですが、面白かったですよ。 出た頃に書評などで評判で、面白そうだなと思っていた作品です。

「流れを変える」「金貨を延べる」「飲み水を引く」「石垣を積む」「天守を起こす」の5話に分かれていて、これがまさに家康が江戸の地に移って来て成した大事業。 利根川の流れを変えて、質が良く信用できる貨幣を作り、上水道を整備し、江戸城の石垣と天守を建造したってことで、それらを入府から17年でやっちゃったんですから、スピード感がありますね。

それぞれのプロフェッショナル(治水工事のプロとか、貨幣鋳造のプロとか・・・)が、大事業を意気に感じて精魂を傾け、失敗を乗り越えて成功に至るというストーリーです。誰かが「江戸の『プロジェクトX』とか評してたのは、的を射た表現だと思います。裏返せば、どんな大事業もそれを成し遂げたのは一人一人の個人なのだということを雄弁に語っている物語なのです。

時代物のテイストや風格や考証はしっかり持ちながら、とても読みやすい文体なのもいいですね。面白さも相まって、すらすらと読めちゃいました。東京の今があるのも、これらのおかげなんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月22日 (月)

「ピンカートンに会いにいく」:脚本の巧さと今後への期待

362354_001
映画『ピンカートンに会いにいく』は、『東京ウィンドオーケストラ』の坂下雄一郎監督(脚本も)の新作(この2作品の間の『エキストランド』は、予告編を見て面白そうと思ったものの、気づかぬうちに公開されて、知らないうちに終わっていました)。だもんで、『東京ウィンドオーケストラ』に出てた役者さんたちがあちらこちらに出て来ます。それが妙に気になるのですが、考えてみればそういう映画体験って、珍しいですよね。普通の役者さんがあの作品にもこの作品にも出ていても、珍しくもないので気にしないのですが、この人たちってよそではお見かけしないもんですから・・・。

362354_007
坂下監督はどの作品も自分で書いた映画オリジナル脚本というのが今どき珍しいと、各方面から注目されているようですね。このホンも結構良く書けております。ファースト・シーンとラスト・シーンの符合とか、時空を飛び越えて過去の自分と現在の自分が対峙するところとか。ダイアローグもなかなか良いですよ。で、特筆すべきは、脚本と監督を同じ人がやるとどうしても(切れなくて)長くなりがちなんですけど、坂下さんの場合はあくまでもコンパクトです。本作が86分、『東京ウィンドオーケストラ』は75分でしたもん。

362354_004

主人公のアラフォー女が、ある場面では自分たちのことを「40歳近い」って言ってるくせに、レコード会社の松本に対しては「30歳越えた私たち」と何度も言ってます。それって見栄ですよね。・・・とわからせてくれるあたりが、この脚本の巧さなのです。 辟易するほどワガママで見栄っ張りでけんかっ早くて欠点だらけのしょーもない主人公なのですが、彼女も元メンバーの女性たちも、生き生きと描かれて(描き分けられて)います。レコード会社の松本も(メガネで細身で、なんか監督の分身みたいですけど)、悪くないです。

362354_003

クライマックスのライブ場面では、今の彼女たちも20年前の彼女たちも、時空を超えて(同じ衣装で)歌います&踊ります。 今の彼女たち、かなりキツイですけど、頑張りました。振り付けも意外にキレてます。あっぱれ。

なんか、ちょっといい映画に仕上がりました。面白かったです。この監督に大きな予算と一流の役者を預けたら、どんな事をやってくれるのか楽しみです。観てみたいです!

それにしてもなんで「ピンカートン」なんていうグループ名なんでしょうねえ。由来が知りたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月21日 (日)

「ジオストーム」:中学生レベルの脚本なんだけど・・・

361759_003
映画『ジオストーム』は、相当にバカバカしいホラ話。ってゆーか、なんか中学生が書いた脚本みたいな拙劣さでありました。要するにツッコミ所だらけ。しかもこれまでさんざん見て来たありきたりなディテールの積み重ね。まあ、しょーもない映画です。これ、ローランド・エメリッヒの右腕って人(ディーン・デヴリン)が監督・脚本の作品なんですよね。なるほどです。

361759_002

でも

頭カラッポにして観てる分には、そこそこの映像(VFX)とそこそこのアクションとそこそこのサスペンスで、特に飽きることはありません。役者が微妙に「一流半」なところも、まあディザスター・ムービーにはよくあることです(その分、VFX予算に回ってるものと考えることにしています)。

361759_005それにしても地球の天候の暴走は、『2012』を頂点にさんざんエメリッヒがやってきたことで、そのスケールには全然及びませんね。期待した銀座の件りも、ただ(大きな)雹(ひょう)がふるだけですからねえ。TVCMでもやっていた「彼氏も凍る」の件りなどは、ちょっと(バカらしくて)面白かったけど・・・。

でも隠された「陰謀」に関しては、全くリアリティがなくて、唖然としつつ脱力しちゃいます。そういう所が中学生の脚本なんですよねー。

361759_001
(以降ネタバレあり) でもでも最後にはスッキリできる仕掛けがありました。救出に駆けつけたスペースシャトルに乗っていたメキシコ人クルーの「メキシコに感謝を!」、これには大笑いでした。まさにタイムリーに「アメリカ・ファーストはダメよ」「そもそも地球環境軽視はダメよ」と訴えている映画でもあるのですが、そこに加えてトランプが「壁」問題でさんざん悪態ついてるメキシコが救ってくれたってことで。いやー、ここだけは褒めておきたい感じですね。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2018年1月20日 (土)

のん in 『SWITCH』

_20180120_212901
本日発売の『SWITCH』2月号は「のん 7つの冒険」ってことで、表紙+合計60ページの大特集!

7人のフォトグラファーによる7つの切り口ののんさん、そしてロング・インタビュー。

メガネののんもいるし、男性もの着物ののんもいるし、テレキャスター弾いてるのんもいるし・・・いいですねえ。表紙ののんも、のんらしからぬのんで、でもカワユス。

『文藝春秋』1月号には、小松成美さんの、「女優・のん『あまちゃん』からの四年半」と題するレポートが掲載されたし、先日の『週刊朝日』の「2018年を彩る100人」のトップものんでしたし(もちろん『映画宝庫』もありましたね)。

レプロに圧力かけられてテレビ局が弱腰になっても、出版関係はのんさんの味方になってくれてますね。今年はテレビにもその力が及んでいってほしいと切に願います。もちろん映画界にも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

「早春」:恋の暴走ボーイ

F4a5fcb586640a75

映画『早春』は、あのイエジー・スコリモフスキ監督の1970年作品。つまり彼がまだ32歳の時の作品なんですね。どうりで、小恥ずかしいほど瑞々しいわけです。

幻のカルト作品の久方ぶりの公開。しかもデジタル・リマスター版ってことです(でもまあ、あの頃の映像の香りを残していて、そんなにクリアー&シャープではないのですけどね)。大江戸も初見です。 原題は“Deep End”。確かにディープ・エンドな映画なのでありました。

真っ赤なペンキが壁を滴っていくオープニング・シーンからして、アートしてます。ここに一番「若きスコリモフスキ」を感じました。

「年上おねーさんのフェロモンに暴走するDT君」って映画でした。いや、この主人公男子の恋狂いの暴走ったら、ハンパないっす。幼稚園児かよってぐらい、コドモな行動を取ります。基本的に大江戸は「バッカじゃないの」というスタンスです。うーん、やっぱり愚かですよねえ。キミの顔なら、同世代の女子たちにモテモテだろうに・・・。まあ、「恋は盲目」ってことなんでしょうね。

Soushun_3

そのおねーさんは、ジェーン・アッシャー。久々に聞いた名前でした。おお、若き日のポール・マッカートニーの元カノではありませんか! 髪からメイクから服から、いかにも1970年という時代を背負っています。 この映画の音楽も、やはり時代を背負っていますけどね。

640_2

それにしてもあのクライマックス~エンディングには、唖然としてしまいました。ウソでしょ?!って感じ。悲劇か喜劇か??

そしてもう一つ言えることは、これ「ホットドッグが食べたくなる映画」だってこと。劇場ロビーで売ってるといいのにね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月18日 (木)

「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線

361221_003
映画『伊藤くん A to E』はもう出だし早々から岡田将生演じる伊藤くんのセルフィッシュな痛男の毒気に当てられちゃう126分。あー、やだ。気分悪い。とにかくこのドイヒー男の造形が、そして彼に振り回される5人の女たちの造形がすべてであり、そういった意味ではよく出来ているのですが、全体的な仕上がりとしてはそこそこの作品でした。それにしても岡田将生って、こういう嫌われ役が板についてますねえ。今後この路線でいくのかしらん? 好感度ガタ落ちだと思うんですけど。

361221_005

一方、5人の女=佐々木希、志田未来、夏帆、池田エライザ、そして木村文乃 なんですけど、こちらの方々も結構ダメな方々で、それぞれにイラっとさせてくれたりもします。だからといって「割れ鍋に綴じ蓋」とはならず、あくまでも不毛な人間関係なんです。もちろんその根源は伊藤くんなんですけど、彼女らにだって何割かの原因があったりもする、そこらへんをちゃんとシビアに描いているのはいいですね。

361221_007
まあ、何と言っても廣木隆一監督ですから、そこらのケアはされています。イタイ人々を痛いままに描くということ。

てなわけで、まずまず及第の娯楽作品に仕上がってはおりましたが、まあこんなもんかなという物足りなさも。「傷つきたくない」という現代の病理(まあ、昔っから誰だって傷つきたくなんかないわけですけれど)を正面切って描いたことにおいては、とてもタイムリーな作品と言えるかもしれません。そこまで過剰に傷つくのをこわがって、これからの人生どうすんの?(年取ってからのハシカは、死ぬこともあるくらい重くなりますよ)。

361221_001_3

夏帆と池田エライザがルームメイトを演じているのですが、映画好きの友人が「『みんな!エスパーだよ!』の新旧ヒロインだ」と指摘しておりました。なるほど。 で、大江戸の結論としては「やっぱり夏帆はメガネが似合う」です(なんのこっちゃ)。ちなみに夏帆ちゃんの公式サイトのトップ画面はいまだに15歳ごろのメガネ姿のお写真です。なぜなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月17日 (水)

日本インターネット映画大賞2017投票

今年も「日本インターネット映画大賞」への投票のため、そのレギュレーションに沿ったブログを以下に記します。おととい(+きのう)のエントリーとダブる部分も多いのですが、ご容赦ください。昨年までとはだいぶ変わって、日本映画中心の賞になったようでもあります。

日本インターネット映画大賞のサイトはこちら↓

http://www.movieawards.jp/

<以下は大江戸時夫の投票です>

日本映画

【作品賞】順位(点数記入なし)
1位  「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY  リミット・オブ・スリーピング ビューティー」    
2位  「アンチポルノ」 
3位  「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」  
4位  「MR. LONG ミスター・ロン」    
5位  「彼らが本気で編むときは、」 
6位  「牝猫たち」    
7位  「幼な子われらに生まれ」 
8位  「光」 (河瀬直美版)   
9位  「サバイバル・ファミリー」   
10位  「ナラタージュ」     
【コメント】

2016年は邦画が大豊作だったのですが、17年はその反動で物足りない1年でした。1位の作品が無い!と焦っていたら、11月になって『リミスリ』が登場して助かりました。映像を観ることの悦楽とドキドキ感が、そこにはありました。 2位の『アンチポルノ』ともどもカラフルで奔放な映像美学が、昨年他界した鈴木清順さんの生まれ変わりのようで・・・。 3位『DCvs鷹の爪』は、『ジャスティス・リーグ』の百倍面白いです! 『あゝ、荒野』は前篇は素晴らしかったのに、後篇でめちゃめちゃ失速してしまい、残念。 5、7、8位と女性監督が健闘しました。

【監督賞】          
   [二宮健]
【コメント】

『リミット・オブ・スリーピング ビューティー』の徹底的な映像快楽主義には鈴木清順や実相寺昭雄やキューブリックやケン・ラッセルを連想しました(寺山やマシュー・ヴォーンも入ってたし)。

【主演男優賞】
   [浅野忠信]
【コメント】
『幼な子われらに生まれ』の浅野は「クレイジー浅野」を捨てて、抑制の効いたリアリティが素晴らしかったです。
【主演女優賞】
   [有村架純]
【コメント】

『ナラタージュ』の有村さんは、作品全体の中でのバランス計算ができている繊細な好演でした。お見事。

【助演男優賞】
   [松坂桃李]
【コメント】

『キセキ あの日のソビト』の松坂は、彼のキャリアハイと言える好演。複雑な心理とその変化を細やかに表現していました。 『あゝ、荒野』のユースケ・サンタマリアにもあげたかったけど・・・。

【助演女優賞】
   [宮﨑あおい]
【コメント】

『ラスト・レシピ 麒麟の舌の記憶』のあおいちゃんは、やっぱり素晴らしい! こういうまじめで慈愛深い役に説得力を与えられるのって、彼女のほかに何人いるでしょうか。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [桜井ユキ]
【コメント】

『リミット・オブ・スリーピング ビューティー』の桜井ユキは、輝いていました。結構そこらにいそうな感じなのに目が離せないというか、平凡の中の非凡を体現していました。

【音楽賞】
  「イイネ!イイネ!イイネ」
【コメント】

今年は思い浮かばなかったので、完全に個人的趣味でこの映画(音楽=クレイジーケンバンド)の中でCKBが演奏し横山剣が熱唱する『生きる』に一票。

【ベスト外国映画作品賞】 
 「ダンケルク」
【コメント】

今になって新たに映画を「発明」しようとしているノーランの試みに打たれます。圧倒的な映像と音響で戦場を体感させる作品(IMAXの絵と音が最も生きる!)。 本当は『ネオン・デーモン』も挙げたかったのですが・・・。

【外国映画 ベストインパクト賞】
   [クリストファー・ノーラン]
【コメント】

外国映画作品賞と同じ理由でノーランです。 でも同じ理由で、『ネオン・デーモン』のニコラス・ウィンディング・レフンにもあげたかったなあ。

-----------------------------------------------------------------

【大江戸時夫が選ぶ○×賞】
   [本家の100倍面白いで賞] (「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」)
  [フロッグマン]
【コメント】

本家と言うべき『ジャスティス・リーグ』の100倍ぐらい面白かった! たぶん製作費は何百分の一ってところでしょうけれど。脚本・監督・声のフロッグマンさん、エライ!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

2017洋画トップテン

昨日の日本映画篇に引き続き、今日は外国映画篇です。

1.ダンケルク(クリストファー・ノーラン)  2.ネオン・デーモン(ニコラス・ウィンディング・レフン)  3.わたしは、ダニエル・ブレイク(ケン・ローチ)   4.マンチェスター・バイ・ザ・シー(ケネス・ロナーガン)  5.ラ・ラ・ランド(デイミアン・チャゼル)  6.女神の見えざる手(ジョン・マッデン)  7.残像(アンジェイ・ワイダ)  8.ドリーム(セオドア・モルフィ)  9.ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(ロジャー・スポティスウッド)  10.少女ファニーと運命の旅(ローラ・ドワイヨン)  次点.The NET 網に囚われた男(キム・ギドク)  

<その他の記憶すべき作品>  ノクターナル・アニマルズ  スノーデン  メッセージ  パッセンジャー  夜に生きる  ザ・コンサルタント  カフェ・ソサエティ  お嬢さん  カーズ クロスロード  メットガラ ドレスをまとった美術館  ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ  ブレードランナー2049  否定と肯定  ザ・ウォール

監督賞:クリストファー・ノーラン(ダンケルク)   脚本賞:ケネス・ロナーガン(マンチェスター・バイ・ザ・シー)、ジョナサン・ペレラ(女神の見えざる手)   撮影賞:ホイテ・ヴァン・ホイテマ(ダンケルク)、ナターシャ・ブライエ(ネオン・デーモン)   主演女優賞:エル・ファニング(ネオン・デーモン)   主演男優賞:ルーク・トレッダウェイ(ボブという名の猫)   助演女優賞:ミシェル・ウィリアムズ(マンチェスター・バイ・ザ・シー)、エル・ファニング(夜に生きる)   助演男優賞:マーク・ストロング(女神の見えざる手)   新人賞:マッケナ・グレイス(gifted ギフテッド)

邦画とは反対に、前年の反動で秀作揃いの洋画ですが、テン以外の作品はあまり粒揃いとは言えませんでした。

1位『ダンケルク』は戦場を仮想体験させるような迫力のみならず、今この時代に新たに映画を「発明」しようとしているノーランの挑戦に驚愕と感動。IMAXの大スクリーンと音響を最も生かした映画なのでは? 2位『ネオン・デーモン』は圧倒的かつ独創的な美と色彩の奔流に陶酔していると、最後の10分程でレフンが自らぶっ壊しにかかるというデモーニッシュな衝撃作。天国の悪夢です。 3位『私は、ダニエル・ブレイク』は、怒りの映画であり、そのストレートなメッセージの強さに打たれます。4位『マンチェスター・バイ・ザ・シー』は、あらゆる面でレベルの高い映画。脚本も映像も演出も役者も見事! 5位『ラ・ラ・ランド』は色彩設計の素晴らしさと、ファースト&ラスト・シーンの感動!

個人賞では、撮影賞に二人選びましたが、『ラ・ラ・ランド』のライナス・サンドグレンと『ブレードランナー2049』のロジャー・ディーキンスも選びたかったぐらいです。 エル・ファニングは主演と助演ダブル受賞の快挙!

ちなみに『キネマ旬報』ベストテンに送ったのは、対象期間の関係で、テンの中に『アイ・イン・ザ・スカイ』と『聖杯たちの騎士』が入っておりました(大江戸のテンでは前年の対象作品)。

(邦画篇はこちら↓)

http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-f304.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2018年1月15日 (月)

2017邦画トップテン

はい、お待たせいたしました! 大江戸時夫の年間トップテン映画 of 2017年。年明けの落穂拾いも終わり、ようやく発表です。まずは邦画篇から。(  )内は監督名です。

1.THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY  リミット・オブ・スリーピング ビューティー(二宮健)    2.アンチポルノ(園子温)  3.DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団(フロッグマン)  4.MR. LONG ミスター・ロン(SABU)  5.彼らが本気で編むときは、(荻上直子)  6.牝猫たち(白石和彌)  7.幼な子われらに生まれ(三島有紀子)  8.光(河瀬直美)  9.サバイバル・ファミリー(矢口史靖)  10.ナラタージュ(行定勲)  次点.勝手にふるえてろ(大九明子)

<その他の記憶すべき作品>  予兆 散歩する侵略者  君の膵臓をたべたい  奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール  あゝ、荒野(前篇・後篇)  ミックス。  ラスト・レシピ 麒麟の舌の記憶  MATSUMOTO TRIBE  ビジランテ  南瓜とマヨネーズ  エルネスト  探偵はBARにいる3

監督賞:二宮健(リミット・オブ・スリーピング ビューティー)   脚本賞:フロッグマン(DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団)   撮影賞:相馬大輔(リミット・オブ・スリーピング ビューティー)   主演女優賞:有村架純(ナラタージュ)  主演男優賞:浅野忠信(幼な子われらに生まれ)   助演女優賞:宮﨑あおい(ラスト・レシピ 麒麟の舌の記憶)   助演男優賞:松坂桃李(キセキ あの日のソビト)、ユースケ・サンタマリア(ああ、荒野)   新人賞:桜井ユキ(リミット・オブ・スリーピング ビューティー)  コメディエンヌ賞:新垣結衣(ミックス。)・松岡茉優(勝手にふるえてろ)

2016年は邦画が大豊作だったのですが、その反動で物足りない1年でした。これじゃあ第1位に据えられる作品が無い!と焦っていたら、11月になって『リミスリ』が登場して助かりました。映像を観ることの悦楽とドキドキ感が、そこにはありました。2位の『アンチポルノ』ともどもカラフルで奔放な映像美学が、昨年他界した鈴木清順さんの生まれ変わりのようでした。『DCvs鷹の爪』は、『ジャスティス・リーグ』の百倍面白いです! 『あゝ、荒野』は前篇は素晴らしかったのに、後篇でめちゃめちゃ失速しましたからねえ・・・残念。

振り返れば女性監督の作品が多く、次点まで含めた11本中4本も入っているのですね。また前年大きく躍進したアニメ作品が、(反動なのか)ちょっと振るいませんでした。

明日は洋画篇です!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」:チャーミングなマノロさん

361882_001
映画『マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年』は、近年急増したファッション・ドキュメンタリー映画の中でも、「靴のデザイナー」を扱ったということで珍しい一品。クリスチャン・ルブタン、セルジオ・ロッシと並んで「世界三大ハイヒール・ブランド」と言われるマノロ・ブラニクのマノロさんをフィーチャーしたドキュメンタリーです。

361882_005

若い頃は細身のイケメンだったことも写真などで紹介されるマノロさん。現在は貫禄のあるお姿ですが、靴のデザインから、工房での原型作りから、デパートや書店でのサイン会から、精力的に活動している様子です。何より婦人靴作りが好きで好きでしょうがないってことが、よーくわかります。そして丸メガネにボウタイにスーツというクラシカルな格好が、その色彩センスも含めて、実にチャーミングな紳士です(オネエ入ってますけど)。

361882_004
アナ・ウィンター、ジョン・ガリアーノ、リアーナをはじめ、ファッション界の人々もみんなマノロが大好き。靴も本人も愛されていて、実に幸せな人です。 ところがこのおじさん、センシティヴなアーティストなので、他人と暮らすなんて耐えられないと公言しております。まあ、そんなもんなんでしょうね。

361882_002

この映画は愛すべきマノロさんの人間像に焦点を当てていて、彼の作品=靴については通り一遍にしか描かれません。映画作家の興味はそこにはなかったのでしょうね。ただ作品あっての彼ですので、そこが(この映画の魅力ということを考えても)ちょっと残念なところです。 それにしても見事な豪邸にお住まいでございます(ドリス・ヴァン・ノッテンもそうでしたけどね)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」:美の探求者

362253_003

映画『ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男』は、孤高のファッションデザイナー=ドリス・ヴァン・ノッテンのドキュメンタリー。ごくごく真っ当なファッション・ドキュメンタリーでありまして、でも極めて面白く興味が尽きない作品です。

362253_004_2
ドリスのメンズウェア&ウィミンズ・ウェアのショー及びその製作過程を追い、一方でその美しい生活を描き出します。本人の言葉と、ファッション業界の人々のインタビューを交えるあたりも正攻法です。その中で彼の長年のパートナーが男性だということもわかりますが、極めて自然なスタンスで描いていきます。全篇を通した無理の無さ感もリラックス感も、まさにドリスって感じです。

362253_007
ベルギーのアントワープにあるドリスの家ってのがまた植物に囲まれたクラシカルな豪邸でして、その庭に咲いている美しい花を取って来て生け花のようにアレンジしてテーブルを飾る様子など、いやー、見事に美しい生活ですね。彼のデザインする服の美しさや無理のない華やかさとも合致しているように感じました。この人の人格や内面の魅力が、作品ににじみ出ているのでしょうね。

362253_005

この映画で目にすることのできるドリスのクリエイション(特にウィミンズ)は美しくて素晴らしくて、見ていることがとてもハッピーです。あれだけ色を使ったり装飾を加えているのに、あれだけ「品」があるというスタイルは、まさにドリスならではです。この映画自体も、そのドリスらしさを乱すことなく品を保ちながら、観ることがとてもハッピーである、そんな作品になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fリーグのベルマーレを初観戦

_20180113_170131
フットサルのFリーグ、ちょっと興味はありながら、大江戸はこれまで生観戦をしたことがりませんでした。でも今日初めて駒沢屋内競技場に行って来ました。Fリーグのリーグ戦は終了したのですが、上位チームが優勝や順位を決める「プレーオフ」ってのがあって、3位湘南ベルマーレvs.4位フウガドールすみだの試合があって、「おお、駒沢なら平塚へ行くより全然近いや」というわけで、初のFリーグ観戦となったのです。

_20180113_223451

チームの旗もユニフォームも、サッカーの湘南ベルマーレとはちょっと違うのですが、ライトグリーンとブルーの配色は一緒なので、客席のサポーターたちの多くは、サッカーのレプリカユニフォームを身に着けておりました。いやー、湘南側のサポーター、多かったっす。東京開催なのに、神奈川のチームの方が応援で圧倒しているのです。

_20180113_195039
その上、応援チャントはサッカーのベルマーレと一緒。なので、普段はサッカーチームのサポの方々もみんなすぐに歌えます。本日の大江戸はリサーチ不足で、熱心なサポ席の上の方にいたのですが、甘かった。試合が始まるとみんな総立ちになって、チャントを歌って応援します。サッカーでアウェイに応援に行った時の感じでした。久々に大声出して歌い続けちゃいました。あまりにも差があって、すみださんちょっとかわいそうでした。

_20180113_223151_2

初めて観るフットサルの試合は、すごくスピーディーで、フィジカルコンタクトが激しかったです。サッカーならファウルを取られるような当たりでも、笛が鳴りません。選手たちとの距離も近いので、迫力があります。ゴレイロ(ゴールキーパー)が至近距離からのシュートを止めまくります。

_20180113_223041

試合は前半0-0で折り返し、後半にベルマーレが先制! その後、すみだが追いつき、引き分け間近の残り時間3秒(!)に、湘南のゴールが決まり、勝利を決定づけました。しかし、フットサルというのは、純粋なプレー時間以外は時計が止まるので、いろんな事が起きます。残り3秒なのに、2つ3つのプレーがあって、残り1秒からのセットプレーですみだに点を取られてしまいました。結果は2-2。でも大会規定により、リーグ戦上位の湘南が準決勝進出となりました!パチパチ。 

_20180113_195147

フットサルって前半20分、後半20分で、だんだん時間が減って行って0になるまで戦うのですが、先述したようにボールが動いていない時は時計が止まるので、結局45分ぐらいずつかかります。なので、ハーフタイムを入れてちょうど2時間弱と、サッカーとほぼ同じ時間がかかっていました。よくできていますね。

_20180113_222805

それにしてもヒヤヒヤする試合でした。すみだはかなり試合を支配していて、ベルマーレは(サッカーとは違って)粘っこく守ってカウンターというチームでした。ゴレイロのフィウーザ選手が何本となく決定的なシュートをブロックしてピンチを救ったことが最大の勝因のように思えました。いや、凄かった。顔面ブロックもあったし。

元ベルマーレの名選手ボラが今はすみだにいるのも、不思議な縁の試合でしたね。

小生も久々に隣の人たちと肩を組んで、「勝利のダンス」(サッカーと同じ)を踊っちゃいましたよ。駒沢のスタンドが揺れたこと思います。 いや、面白い経験でした。のめり込むことはないと思いますが、機会があればまた観てもいいかなと思いました。

ただ(少なくとも駒沢では)場内にはドリンクの自販機があるのみで、食べ物は一切なし。サッカーだといつもビール+フードがマストの大江戸としては、ちょっと物足りなく感じたことも事実なのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

2017キネマ旬報ベストテンが発表されましたね

2017年の『キネマ旬報』ベストテンが昨日発表になりましたね。

http://www.kinenote.com/main/kinejun_best10/

邦画は、基本的に不作の年だったと思います。なので、例年以上に納得がいかないというか、へんなテンだなあという思いも・・・。去年の落穂ひろいもほとんど終わったので、大江戸のテンももうすぐ発表しますけど、たぶん10本中2本しか重なっていません。 まあ、1位『夜空はいつでも最高密度の青空だ』・2位『花筐 HANAGATAMI』とも「そこまで良い作品ですかい?」って感じですし、3位『あゝ、荒野』に関しては、前篇は最高だったのに、後篇でえらく失速してしまいましたからねえ。 自分で選んだ上位作品は、絶対ここでは上位に入らないだろうとわかっていたので、案の定その通りの結果でした。

洋画は、『わたしは、ダニエル・ブレイク』の1位は予想外ながら結構嬉しいです(ケン・ローチの最高作でしょう)。でも『パターソン』の2位にはびっくり(そこまで良い作品ですかい?)。3位『マンチェスター・バイ・ザ・シー』には、「へー、ちゃんと高く評価してもらえたんだ。」との思い。そして『ダンケルク』の4位にもまずまず納得(本当はもっと高い位置だと思ってますが)。でも5位の『立ち去った女』だけは、邦洋20作品中唯一の未見作なのが悔しいです(1館のみの公開で、観に行こうと思った時には終わっていました)。『ネオン・デーモン』はやっぱり入らなかったかあ(まあ、そうかもね)。

そんなこんなで、大江戸時夫版ベストテンにご期待ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

「謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス」:ただただ凄い絵

361789_006

映画『謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス』は、ボスの代表作であるトリプティック『快楽の園』の謎に迫るドキュメンタリー。でも結局上映時間90分のほとんどにわたって、この絵の部分部分を眺めているという稀に見る(教育的な)アート・フィルムです。

361789_010

まあ絵を写してるだけではさすがにしょうがないので、美術界をはじめとする各方面のお歴々がこの絵について語ります。でもその感想や解説が意外と普通のことを言っていて、面白くありません。もっと型破りな意見とか、おっと思うような感想を聞きたかったですね。

361789_005_2
X線を使って、この絵の具の下を解き明かしたパートなんかは、普通なら大変興味深くなりそうなものなんですけど、意外と面白くなかったですねー。やっぱりボスの絵自体の尽きない謎と面白さには勝てないのです。もしかしたらやっぱり、ひたすら絵の細部を映し続ける90分の方が魅力的だったかもと思ってしまいます。

361789_011_2

全編を通して浮かび上がって来るのは、改めてボスがいかに凄い天才、いや鬼才であるかです。500年以上前の作品が、まったく古びずに今日の我々に謎を投げかけ、我々はその絵に魅きつけられて、ただただ驚嘆するのみ。宇宙人と交信したかのような超絶イマジネーションにあっけにとられるばかりです。 映画としてどうこうっていう作品じゃあなくなってますよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月10日 (水)

「ジャコメッティ 最後の肖像」:かばいきれないろくでなし

362167_001_2

映画『ジャコメッティ 最後の肖像』は、あのマーク・ストロングと間違えやすいボールドヘッドのスタンリー・トゥッチによる初監督作品(脚本も)。彼自身は出演せず、大真面目で監督業に徹しています。そして完成した作品は、極めて抑制の効いた(作家的主張を抑えた)及第点の職人仕事でした。コンパクトに90分にまとめたあたりも、新人らしくって好感が持てます。

362167_003_2

数時間で終わるという言葉に乗せられて肖像画のモデルを引き受けたら、1週間たっても十日たってもいっこうに終わらないという、極めてカフカ的な状況。そんな状況下の芸術家とモデルを描いただけの映画です。シンプルきわまりないお話。そして、映画的にも室内が多く、見せ場や起伏にも乏しく、盛り上げようがない作品です。まあ、20世紀美術好きの大江戸としては、結構おもしろく観ておりましたけど。

362167_002_2

それにしても、天才芸術家ってやつは困ったもんです。 他人のことなどこれっぽっちも考えず、気まぐれで、常識はずれなろくでなし。あまりお近づきにはなりたくない感じですね。 この映画は、そんなゲージツ家のろくでなしな面をあれこれ描いたものの、その作品の素晴らしさやアートとしての圧倒的な凄さ について、ほとんど描いていないのが欠点です。その両面を描かないと、限りなく「ただのろくでなし」になってしまいますからねえ。

362167_006_2

まあジェフリー・ラッシュがうまいのは当たり前ですけど、モデル役のアーミー・ハマーも無表情な中に結構いい味を出しておりました。

そして本作のラストも、急にエスプリの効いた小粋な味わいを出してくれました。もっとこういしなやかさが全編に出てたらなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

「嘘八百」:ゆるゆる笑いも、欠点多くて・・・

361607_004
映画『嘘八百』は、正月気分の抜けないうちにゆるりと観てゆるゆると笑える感じの(まあ、つまりは昭和の正月映画の添え物的な)作品です。武正晴監督も職人仕事に徹しています。

このオリジナル脚本(足立紳・今井雅子)がゆるいんですよね。はっきり言って、欠点もいろいろあります。

361607_002

『なんでも鑑定団』的なうんちくをちりばめながら、『スティング』的な(と言っては褒め過ぎですが)だまし(コンゲーム)をやる所まではいいんです。でもその切れ味が鈍かったり、ディテールが嘘くさかったり、人物がカリカチュアライズされ過ぎていたりして、どうにもシャープじゃないんですよね。こういうのはやっぱり小粋にチャキチャキっとやってくれないと(「茶器」の話ですし)。

361607_007_2最もうまく行っていなかったのが、中井貴一の娘役・森川葵と佐々木蔵之介の息子役・前野朋哉のカップルの造形。男の方も類型的過ぎるうらみがありますが、女の方は「こんなやつ、いねーよ」的なリアリティの欠如です。ジオラマオタクに一目ぼれするあたりも「なんだかなー」ですけど、その男にいつも「エヘエヘ」的な笑いでバカみたいになっちゃってるところとか、終盤のあり得ない行動とか・・・、どうにもしらけちゃうんですよねー。ウソくさくて。

361607_008_2

クライマックスもさほど大きく盛り上がることはなく、その後の堀内敬子がらみのドタバタなどは、ほぼ意味不明なほどバランスを崩しちゃってます。色々と残念な作品です。

役者陣の中で良かったのは、大物鑑定士に扮した近藤正臣の風格と腹芸。そして、贋作チームのメンバーで書の達人に扮した木下ほうかの淡々と飄々とした味わいでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月 8日 (月)

「キングスマン ゴールデン・サークル」:痛快だが前作には届かず

360777_004

映画『キングスマン ゴールデン・サークル』は、あの痛快新機軸のスパイ・アクション第2弾。監督もマシュー・ヴォーンが続投し、オープニングから超絶アクションで圧倒します。『007』や『ミッション・インポッシブル』シリーズの冒頭に、挨拶代わりのアクション・シークェンスがあるのと同様ですね。 凡百のVFX映画のアクションやらドンパチやら爆破に次ぐ爆破は、ほとんど意味が無かったりするので、画面の派手さとは裏腹に退屈だったりします。でもこの作品のアクションには意味があり、アイディアがあるので、目が離せず面白いのです。

360777_012_2
一方で、本作ではコリン・ファースの出番が減っているので(ポスターやチラシや予告編に顔も名前もでちゃってるので、こういう書き方でいですよね?)、英国紳士ワールドの面白さ(素晴らしさ)は半減。あそこらへんの小粋な味が前作の大いなる美点だっただけに、そこは残念です。その分、ケンタッキー州の野暮ったいアメリカン・カウボーイ文化を揶揄したりしているわけですが、大して笑えるものでもありません。

むしろジュリアン・ムーアの冷酷な悪役が絶品。ニコニコと微笑みながら目が笑っていないという怖さを、絶妙に演じています。

360777_008
昨年の『女神の見えざる手』でも「カッコいいハゲの最右翼」とご紹介したマーク・ストロング。本作でもカッコ良かったっす。スーツ姿もビシッと決まってましたね。

あとエルトン・ジョンの怪演にはびっくり。かなりポール・ウィリアムズ化しておりました。

360777_001_2

大江戸としてはやはり第1作に軍配を上げますが、こちらもかなり健闘しました。多くの工夫に加え、アクションの痛快さや悪趣味とも言える奇妙な味は前作同様。ただクライマックスは前作のぶっとびポップな(アートにまで達した)演出と較べると、物足りなさが残ってしまうのです。 でも第3弾が楽しみなことは確かです。

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2018年1月 7日 (日)

「南瓜とマヨネーズ」:ダメな人たちのリアルな恋愛映画

360050_001_2
映画『南瓜とマヨネーズ』は、魚喃キリコの原作マンガを冨永昌敬監督が映画化ってことで、そして臼田あさ美と太賀という「ちょっと面白いポジション」にいる二人が主演ということで、興味をそそられました。 で、実際とてもリアルな恋愛映画として、映画的な良さを十分に持った作品に仕上がっていました。

360050_005

主人公二人がかなりしょーもない奴らで、かなり「うわー、共感できんなー」って所があります。しかも後半をひっかき回すオダギリジョーがまた、 「ブラック・オダギリ」全開で(ジョー・ブラックですね。よろしく。)、結局みんなしょーもない人々(光石研あたりもね)。まあ、そこらのダメ感がこの作品の テイストってやつですからね。

360050_004

ダメな男女の恋愛映画ってやつも(『浮雲』まで引っ張り出しては大げさですが)日本映画の伝統なので、その意味でも「ちゃんとした映画」感が強いのです(いかにも低予算なのに)。恋愛映画としての生々しさがきちんと描かれているのです。

そんな人たちをリアルに演じた臼田、太賀、オダギリの三人とも、えらく好演です。人物をきっちりと演じ切っています。

360050_012_2

ツチダ(臼田)が働くライブハウス「下北沢GARAGE」には大江戸も行ったことがありますし、売れないバンドマンの友達もいたりします。なので、色々とリアルに迫って来ました。でもそれ以上に、普遍性のある恋愛映画です。

妙にあっさりしていて、でもやるせなくて胸キュンなラストも、嫌いではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2018年1月 6日 (土)

「否定と肯定」:都内1館ではもったいない

361739_001
映画『否定と肯定』は、非常に真面目で優れた作品。ただドラマティックな起伏やエンタテインメントとしてのグイグイ来るうねりに欠けることは事実です。それでも色々と勉強になり、興味深い作品でした。

イギリスの裁判制度のあれこれにびっくり。訴えられた被告の側が「自分は無罪である」ことを証明しなくちゃいけないんですね! 「推定無罪」がないんですね! 陪審員裁判か判事一人のジャッジかって選べるんですね! 今でもあんなカツラかぶってるんですね!

361739_005
110分の作品のほとんどの部分が裁判をめぐるあれこれです。法廷場面もかなりあります。もともと法廷での対決って、必ずと言っていいほど面白くなるものなのですが、本作もその例に漏れず、火花散らす両者の攻防に引き込まれてしまいます。ベテラン弁護人役のトム・ウィルキンソン、いいですねー。

361739_002

それにしてもミック・ジャクソン監督って、『ボディガード』はともかくとして、『ボルケーノ』とか撮ってた人ですよ。しかも近年はTVでだけ活動していたようですし。もう74歳ですし。よくこの映画の監督をまかせたものですねえ。 でも手堅く、しっかりとまとめています。もしかしたら、この人の最高作になったのではないかしらん。

361739_007_2

歴史ってものは簡単に捏造できてしまうということを、改めて私たちに教えてくれる作品でもありました。それを反証することの難しさもまた存分に伝えてくれています。というわけで、現実の世界や日本の「リアル」に 迫る、非常にタイムリーな作品となっているのです。 なのに都内ではTOHOシネマズ・シャンテのみの公開。これの前に上映された『女神の見えざる手』もやはりシャンテだけの公開でしたが、こちらも女性が主人公の非常にサスペンスフルな秀作でした。エンタテインメントとしても良くできているだけに、どちらももっと多くの人に観てもらいたい映画なのですが・・・。

※よく見たら都内でもう1館、池袋シネマロサで1日1回だけ上映していました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月 5日 (金)

日吉リンデンバウムのバウムクーヘン「菩提樹」

Dsc_2243大江戸はなぜかお正月にバウムクーヘンを食べることをもう10年以上も習慣化しているのですが、今年はいつもの(安定の)ユーハイムから替えて、お取り寄せしてみました。 横浜は日吉のリンデンバウムさんのバウムクーヘン『菩提樹』です。

Dsc_2244
トラッドな手焼きのバウムクーヘです。昔ながらの材料、製法で作っていて、発酵バターが濃厚に感じられます。しっとり系で、味ががっしりとしています。「木目」も年輪の間隔が広かったり歪みがあるあたり、手焼き感が漂っています。

_20180105_231340
外側のシュガーコーティングは、真っ白な固まりタイプ。生地の味の強さに負けない感じです。

本家本筋の王道バウムですし、この素朴ながらインテンシティのある濃厚な味わいは、やはりお見事です。

姉妹品的に『横浜凛菓』というバウムクーヘン(ソフト/ハード)もあるようなので、そっちも(特にハードを)食べてみたい大江戸なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

「DESTINY 鎌倉ものがたり」:高純度な恋愛映画

360432_002
映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』は、TVの2時間ドラマ的な他愛もない話を山崎貴流VFX博覧会でお届けする、規模感がよくわからない作品。ほんの小さな夫婦愛の物語でもあり、壮大な人生やら転生やらの物語でもあり、ってところです。

一方ではこれ昔なら堂々「正月映画」って冠が着くのですけれど、シネコン時代の今だと正月映画って概念自体が消滅してしまいましたからねえ・・・。色々と定義が揺らいで掴みがたい時代なのであります。

360432_004

この作品自体、しみじみしたドラマなのか、ファンタジーなのか、妖怪映画なのか、ラブストーリーなのか、コメディーなのか、現代なのか、ちょっと昔なのか・・・などなどと非常に掴みがたいところがあります。良くも悪くもです。

360432_003

 

でも終盤まで観進むと、これは非常に純度の高い恋愛映画だってことがわかって来ます。ちょっと意外でした。高畑充希と堺雅人の好演による部分が大きいと思いますが、結構胸にぐっと迫る場面もありました。 まあ、そこらへんとクライマックスの異世界スペクタクルやら怪物バトルとの融合がどうかと言えば、小生としてはあまりうまく行っているとは思えないんですけどね(でもあそこらがないと、興行的に厳しいんでしょうねえ)。

360432_001でも堺雅人のやわらかさと軽み、高畑充希のイノセンスとひたむきさという持ち味が、この作品を生かしました。おかっぱボブの高畑は、ラブラブモード全開で、けなげにキュートでした(彼女は、1月2日深夜に放映されたテレビ東京の単発ドラマ『忘却のサチコ』でも、エキセントリックな性格の主人公を、ヘンテコキュートに演じていて良かったんですよねー(女版「井之頭五郎みたいでもあったし)。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2018年1月 3日 (水)

「MR. LONG ミスター・ロン」:バイオレントだけどリリカルでセンチメンタル

T0022506p
映画『MR. LONG ミスター・ロン』は、SABU久々の良作。現代日本(と台湾)を舞台にした“西部劇”です。まるで『シェーン』あたりの感覚ですもんね。いや、いい意味で。そして相変わらず疾走場面があって、そこが生き生きと映画の力になっているのです。ここのところ不振だったSABUの復活お言えるような出来です。

T0022506

極めて映画的な「いい絵」が撮れてます(撮影=古屋幸一)。そして極めて映画的な、つまり映画史の中で何度も語られてきたような物語の寄せ集めです。でも、良いものは良いのです。娯楽映画って、そういうもんです。通俗の中にこそ、普遍的なパワーが存在するのです。

T0022506aクールなチャン・チェンの良さは言うまでもありませんが、薄幸の美女リリー役のイレブン・ヤオが実に素敵です。壮絶なシャブ中演技と、キュートで慈愛に満ちた笑顔との振れ幅! この人、日本には初お目見えではないかと思うのですが、これからの活躍に期待してしまいます。

バイオレンスとリリカルなセンチメンタリズムが両立している本作ではありますが、まあもともとSABUってそういう人でしたね。 多少の中だるみや、脚本のアラはあるのですが、決して嫌いにはなれない魅力をもった作品となっておりました。SABU作品の中では、『ポストマン・ブルース』『うさぎドロップ』と並んで大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018年1月 2日 (火)

「都庁爆破!」がなかなかの健闘

TBSの新春ドラマスペシャル『都庁爆破!』を見ました。夜9時からの2時間15分枠。監督は映画&TVで活躍している平川雄一朗さんですが、実は大江戸があんまり興味をそそられない作品ばかり(『ツナグ』とか『想いのこし』とか『僕だけがいない街』とか)作ってる人だったりします。なので、正直あまり作品を拝見しておりません。

それはともかく、この作品はかなり頑張ってました。スケール感やら、アクション満載で見せ場が連続するエンタテインメントとして、テレビの枠の中では(いや、映画だったとしても日本の枠の中では)十分に健闘していたと言えるでしょう。

(以降ネタバレあり) ハッキリ言っちゃいましょう。もろに日本版『ダイ・ハード』(第1作)です。クリスマスの数時間ってことも、高層ビルってことも、テロリストとの闘いってことも、その他にも色々と『ダイ・ハード』との符合があります。最終盤の絵(都庁前の光景)なんか、まさに『ダイ・ハード』のラストですよね(さすがに生き残っていた敵の残党が出て来たりはしませんでしたけど)。 加えてタイプの違う男二人がビルの非常階段を上がって行くあたりのバディ感は、『タワーリング・インフェルノ』でした。

弱点や物足りなさはあるのですが、都庁の高層部分が崩落する絵を見せてくれただけでも、満足度は高いです。思えば2001年の9.11直後には、都庁とか新宿の高層ビルとかに飛行機が突っ込んで崩落する悪夢のような光景を、脳内でしばしば幻想したものでした。いまだにそんなことは起きていないのでほっとしていますが、一方ではいつこんなことが現実になってもおかしくない、そんな時代でもあります。というわけで(化学兵器も含めて)「安全日本」神話に活を入れるような、少しだけ社会派の作品ともなっておりました(ま、基本エンタテインメントですけどね)。

長谷川博己、吉川晃司とも好演で、特に吉川はキレッキレのアクションをカッコ良くこなしておりました(52歳なのに)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

のんの新曲「RUN!!!」

Dsc_2250_convert_20180101214117

1月1日発売の「のん」のセカンド・シングル『RUN!!!』(c/w『ストレート街道』)です。実は昨日amazonから届きました。

『RUN!!!』はあの『あまちゃん』の音楽を担当した大友良英さんの作曲。疾走感あふれるキャッチーなロック・ナンバーです。 そして『ストレート街道』はのん自身の作詞作曲です。こちらもストレートなロック・ナンバー。間奏のギターがえらくカッコイイのです(年末に観たライブでも、のんシガレッツのリードギタリストはかなりの腕でしたからねえ)。

『RUN!!!』というタイトルにちなんで、ジャケット写真は陸上競技場を走るアスリートのん。たすきには「カイワレ大学」とあります(カイワレコード・レーベルですからね)。シューズはニューバランスなので、「N」の字が入ってます(「のん」の「N」)。 運動音痴な印象のあるのんが選手やってるというミスマッチが面白いです(それ言ったら、そもそも音痴な印象のあるのんが歌&ギターを上手にこなしていることの方がオドロキですけれど)。ブルーのアンツーカー・トラックを持つこの競技場は、女子美術大学のようです。

で、このCDにはおまけでDVDもついておりまして、1曲目は『スーパーヒーローになりたい』のMV。そして2曲目は女子美術大学で演奏した同曲のライブ・バージョンの映像(あ、そういうご縁で女子美の競技場使ってるんだ)。ギター弾くのんは、やっぱりカッコいいっす。いやー、正月からいいもん見せてもらいました。

*なんとMVがオフィシャルにYouTubeで公開されてました↓

https://www.youtube.com/watch?v=D3leIvi72ao

ワンカット長回しです!(実は男性のスーツで真っ黒になる所でカットを割っているものと思われますが。) そして、あの赤いアイドル衣装は、あの作品の・・・!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「勝手にふるえてろ」:妄想女のイタ過ぎ暴走!

360593_001あけましておめでとうございます。本年も『東京温度』をよろしくお願いします。

映画『勝手にふるえてろ』の原作は昔読みましたけど(大江戸は綿矢りさをほとんど読んでいたりします)、この映画も原作通り、いやそれ以上に主人公の妄想が暴走しています。とんでもないことになってます。イタイです。イタ過ぎます。そのイタさを楽しむラブコメディーとしては上出来です。もう最初っから最後まで笑えること請け合いです。

360593_003

とにかく松岡茉優が最強です。このぶっとんだ脳内世界を持つ女子を、饒舌に、振れ幅大きく演じ切ります。この人、もともと凄くうまい女優なんですけど(例えば『ちはやふる』)、本作での八面六臂の暴走ぶりには「いやー、見事なコメディエンヌだ!」と賛辞を贈るしかありません。ミュージカル調に歌まで歌っちゃってますから。

360593_007

松岡の主人公も困ったちゃんですけど、現実的な彼氏「二」を演じる渡辺大知のバカさ、ウザさにもかなりイラっと来ます(そもそも顔がバカっぽくてウザいのが、ファインプレーです) 。

これ実写化すると、ヘタすりゃサイコスリラーになりかねないのですが、きっちりコメディーに着地させてるのは(当たり前だけど)お手柄です。でも最終盤をうまくまとめ損ねたうらみはありますね。

360593_004
それにしても、松岡の会社って昼食後にみんなで畳敷きの部屋で仮眠を取るんですね。確かに15分ほどの仮眠は、午後の効率をアップさせるってのは聞いたことありましたけど、こういう光景が映画で描かれたのはおそらく史上初ではないでしょうか。新鮮でした。

そしてアンモナイトの化石を撫でて、エヘヘと喜んでる女性の姿も映画史上初でありましょう。新鮮でした。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »