« 「DESTINY 鎌倉ものがたり」:高純度な恋愛映画 | トップページ | 「否定と肯定」:都内1館ではもったいない »

2018年1月 5日 (金)

日吉リンデンバウムのバウムクーヘン「菩提樹」

Dsc_2243大江戸はなぜかお正月にバウムクーヘンを食べることをもう10年以上も習慣化しているのですが、今年はいつもの(安定の)ユーハイムから替えて、お取り寄せしてみました。 横浜は日吉のリンデンバウムさんのバウムクーヘン『菩提樹』です。

Dsc_2244
トラッドな手焼きのバウムクーヘです。昔ながらの材料、製法で作っていて、発酵バターが濃厚に感じられます。しっとり系で、味ががっしりとしています。「木目」も年輪の間隔が広かったり歪みがあるあたり、手焼き感が漂っています。

_20180105_231340
外側のシュガーコーティングは、真っ白な固まりタイプ。生地の味の強さに負けない感じです。

本家本筋の王道バウムですし、この素朴ながらインテンシティのある濃厚な味わいは、やはりお見事です。

姉妹品的に『横浜凛菓』というバウムクーヘン(ソフト/ハード)もあるようなので、そっちも(特にハードを)食べてみたい大江戸なのでした。

|

« 「DESTINY 鎌倉ものがたり」:高純度な恋愛映画 | トップページ | 「否定と肯定」:都内1館ではもったいない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72625315

この記事へのトラックバック一覧です: 日吉リンデンバウムのバウムクーヘン「菩提樹」:

« 「DESTINY 鎌倉ものがたり」:高純度な恋愛映画 | トップページ | 「否定と肯定」:都内1館ではもったいない »