« 「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線 | トップページ | のん in 『SWITCH』 »

2018年1月19日 (金)

「早春」:恋の暴走ボーイ

F4a5fcb586640a75

映画『早春』は、あのイエジー・スコリモフスキ監督の1970年作品。つまり彼がまだ32歳の時の作品なんですね。どうりで、小恥ずかしいほど瑞々しいわけです。

幻のカルト作品の久方ぶりの公開。しかもデジタル・リマスター版ってことです(でもまあ、あの頃の映像の香りを残していて、そんなにクリアー&シャープではないのですけどね)。大江戸も初見です。 原題は“Deep End”。確かにディープ・エンドな映画なのでありました。

真っ赤なペンキが壁を滴っていくオープニング・シーンからして、アートしてます。ここに一番「若きスコリモフスキ」を感じました。

「年上おねーさんのフェロモンに暴走するDT君」って映画でした。いや、この主人公男子の恋狂いの暴走ったら、ハンパないっす。幼稚園児かよってぐらい、コドモな行動を取ります。基本的に大江戸は「バッカじゃないの」というスタンスです。うーん、やっぱり愚かですよねえ。キミの顔なら、同世代の女子たちにモテモテだろうに・・・。まあ、「恋は盲目」ってことなんでしょうね。

Soushun_3

そのおねーさんは、ジェーン・アッシャー。久々に聞いた名前でした。おお、若き日のポール・マッカートニーの元カノではありませんか! 髪からメイクから服から、いかにも1970年という時代を背負っています。 この映画の音楽も、やはり時代を背負っていますけどね。

640_2

それにしてもあのクライマックス~エンディングには、唖然としてしまいました。ウソでしょ?!って感じ。悲劇か喜劇か??

そしてもう一つ言えることは、これ「ホットドッグが食べたくなる映画」だってこと。劇場ロビーで売ってるといいのにね。

 

|

« 「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線 | トップページ | のん in 『SWITCH』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72728137

この記事へのトラックバック一覧です: 「早春」:恋の暴走ボーイ:

» 「早春」 [或る日の出来事]
ずっと見たいと思っていた、幻の映画。 [続きを読む]

受信: 2018年1月27日 (土) 13時00分

« 「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線 | トップページ | のん in 『SWITCH』 »