« 2017洋画トップテン | トップページ | 「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線 »

2018年1月17日 (水)

日本インターネット映画大賞2017投票

今年も「日本インターネット映画大賞」への投票のため、そのレギュレーションに沿ったブログを以下に記します。おととい(+きのう)のエントリーとダブる部分も多いのですが、ご容赦ください。昨年までとはだいぶ変わって、日本映画中心の賞になったようでもあります。

日本インターネット映画大賞のサイトはこちら↓

http://www.movieawards.jp/

<以下は大江戸時夫の投票です>

日本映画

【作品賞】順位(点数記入なし)
1位  「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY  リミット・オブ・スリーピング ビューティー」    
2位  「アンチポルノ」 
3位  「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」  
4位  「MR. LONG ミスター・ロン」    
5位  「彼らが本気で編むときは、」 
6位  「牝猫たち」    
7位  「幼な子われらに生まれ」 
8位  「光」 (河瀬直美版)   
9位  「サバイバル・ファミリー」   
10位  「ナラタージュ」     
【コメント】

2016年は邦画が大豊作だったのですが、17年はその反動で物足りない1年でした。1位の作品が無い!と焦っていたら、11月になって『リミスリ』が登場して助かりました。映像を観ることの悦楽とドキドキ感が、そこにはありました。 2位の『アンチポルノ』ともどもカラフルで奔放な映像美学が、昨年他界した鈴木清順さんの生まれ変わりのようで・・・。 3位『DCvs鷹の爪』は、『ジャスティス・リーグ』の百倍面白いです! 『あゝ、荒野』は前篇は素晴らしかったのに、後篇でめちゃめちゃ失速してしまい、残念。 5、7、8位と女性監督が健闘しました。

【監督賞】          
   [二宮健]
【コメント】

『リミット・オブ・スリーピング ビューティー』の徹底的な映像快楽主義には鈴木清順や実相寺昭雄やキューブリックやケン・ラッセルを連想しました(寺山やマシュー・ヴォーンも入ってたし)。

【主演男優賞】
   [浅野忠信]
【コメント】
『幼な子われらに生まれ』の浅野は「クレイジー浅野」を捨てて、抑制の効いたリアリティが素晴らしかったです。
【主演女優賞】
   [有村架純]
【コメント】

『ナラタージュ』の有村さんは、作品全体の中でのバランス計算ができている繊細な好演でした。お見事。

【助演男優賞】
   [松坂桃李]
【コメント】

『キセキ あの日のソビト』の松坂は、彼のキャリアハイと言える好演。複雑な心理とその変化を細やかに表現していました。 『あゝ、荒野』のユースケ・サンタマリアにもあげたかったけど・・・。

【助演女優賞】
   [宮﨑あおい]
【コメント】

『ラスト・レシピ 麒麟の舌の記憶』のあおいちゃんは、やっぱり素晴らしい! こういうまじめで慈愛深い役に説得力を与えられるのって、彼女のほかに何人いるでしょうか。

【ニューフェイスブレイク賞】
   [桜井ユキ]
【コメント】

『リミット・オブ・スリーピング ビューティー』の桜井ユキは、輝いていました。結構そこらにいそうな感じなのに目が離せないというか、平凡の中の非凡を体現していました。

【音楽賞】
  「イイネ!イイネ!イイネ」
【コメント】

今年は思い浮かばなかったので、完全に個人的趣味でこの映画(音楽=クレイジーケンバンド)の中でCKBが演奏し横山剣が熱唱する『生きる』に一票。

【ベスト外国映画作品賞】 
 「ダンケルク」
【コメント】

今になって新たに映画を「発明」しようとしているノーランの試みに打たれます。圧倒的な映像と音響で戦場を体感させる作品(IMAXの絵と音が最も生きる!)。 本当は『ネオン・デーモン』も挙げたかったのですが・・・。

【外国映画 ベストインパクト賞】
   [クリストファー・ノーラン]
【コメント】

外国映画作品賞と同じ理由でノーランです。 でも同じ理由で、『ネオン・デーモン』のニコラス・ウィンディング・レフンにもあげたかったなあ。

-----------------------------------------------------------------

【大江戸時夫が選ぶ○×賞】
   [本家の100倍面白いで賞] (「DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団」)
  [フロッグマン]
【コメント】

本家と言うべき『ジャスティス・リーグ』の100倍ぐらい面白かった! たぶん製作費は何百分の一ってところでしょうけれど。脚本・監督・声のフロッグマンさん、エライ!

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意します。

|

« 2017洋画トップテン | トップページ | 「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72713627

この記事へのトラックバック一覧です: 日本インターネット映画大賞2017投票:

« 2017洋画トップテン | トップページ | 「伊藤くん A to E」:岡田将生の好感度ガタ落ち路線 »