« 「RAW ~少女のめざめ~」:ザ・トンデモ怪作 | トップページ | CKBライブ@厚木市文化会館 »

2018年2月11日 (日)

「犬猿」:兄弟姉妹は選べない

361558_007_2
映画『犬猿』は、吉田恵輔監督(脚本も)らしくシニカルに奥底まで人間を見つめた作品。とっても笑える上出来なコメディーでありながら、シリアスな人間ドラマであり、一触即発のサスペンスだったりもして、でもハートに迫る家族愛の物語かと思ったら、・・・やっぱり吉田恵輔なのでした。大江戸はかなり好きです、この監督。吉田は、大八よりも恵輔です。

361558_005
いつも役者を生かすのがうまい吉田監督ですが、本作でも窪田正孝、新井浩文の兄弟と、江上敬子(ニッチェ)、筧美和子の姉妹が最高にキャラが立ちまくり、また絶妙のコンビネーションで、映画を転がしていきます。とにかく面白くって、ぐいぐい引き込まれます。

新井のお得意の悪人オーラが凄いし、対する窪田のオドオドした小心ぶりもリアルです。でもこの映画に関しては、江上、筧の姉妹の凄さでしょう。

361558_001
江上敬子がその「柄」に加えて、ちゃんとした演技者としての迫真の芝居を見せていたのに驚きました。微妙に芸人としての陳腐な芝居が顔を出しそうになる直前で、吉田監督が抑制していった感じがします。 筧美和子は、本人を思わせるような役柄(失礼!)を、これまたきっちりと演技しており、悪くなかったです。ただ怒る芝居は、4人の中で一番迫力不足ではありましたけどね。

361558_006

まあとにかくラストが示すように(ポスターなどのビジュアルも示しているように)、「顔」の映画でもあるのでした。4人それぞれの面構え、なかなか見事なもんでしたよ。そもそもあのラストも、一筋縄ではいきませんでしたしね。

コンプレックスに関するえぐい考察の映画であり、更には兄弟(姉妹)って面倒くさい、肉親だからこそ面倒くさいってことを、吉田恵輔流のブラックユーモアで描きました。大江戸はやっぱり好きです、この監督。

|

« 「RAW ~少女のめざめ~」:ザ・トンデモ怪作 | トップページ | CKBライブ@厚木市文化会館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72897509

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬猿」:兄弟姉妹は選べない:

» 犬猿 [象のロケット]
ある地方都市。 印刷会社の真面目な営業マン金山和成のアパートに、強盗罪の服役を終えた兄・卓司が転がり込んでくる。 一方、小さな印刷所の後継ぎ女性・幾野由利亜は仕事はできるが見た目はイマイチで、ルックスが良いだけの妹・真子の方が人気があった。 ひょんなことから4人は顔を合わせることに…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年2月12日 (月) 16時47分

» 85『犬猿』これは俺の映画だ [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
エグ面白い、吉田恵輔監督最新作! 『犬猿』 ~あらすじ~ 印刷会社で営業を担当している金山和成(窪田正孝)は、刑務所から出てきたばかりの乱暴者の兄・卓司(新井浩文)を恐れていた。一方、幾野由利亜(江上敬子)と、芸能活動をしているおバカな妹の真子(筧美和子)は、家業の印刷工場を切り盛りしていた。兄弟と姉妹の関係は、あるときから変化し始め……。 (シネマトゥデイ引用) ...... [続きを読む]

受信: 2018年2月20日 (火) 21時40分

« 「RAW ~少女のめざめ~」:ザ・トンデモ怪作 | トップページ | CKBライブ@厚木市文化会館 »