« 「デヴィッド・リンチ:アートライフ」:若き芸術家の肖像 | トップページ | 今日のいたずら12 »

2018年2月 7日 (水)

ブラックサンダーとビスコの新作

_20180126_194011
あのユーラク「ブラックサンダー」のやや高級路線です。紫とピンクで「プリティスタイル」って書いてあります。紫が『ラムレーズン  ファビュラスブレンド』で、ピンクが『サングリア  女子会ブレンド』ってことになってます。

_20180126_193952

しかも良く見てみると、「ラムレーズン」は0.5%、サングリアは0.6%のアルコール含有です。この0.1%の差は何なのでしょうか? 

_20180207_173637

更に言えば、「ラムレーズン」はベルギー産チョコレート3.9%使用(製品に占める割合)で、「サングリア」はガーナ産カカオ7.4%(カカオマスに占める割合)なのだそうです。この違いは何なのでしょうか?

_20180207_173825
しかもパッケージの小さな表記をよーく見てみると、「ラムレーズン」には『華麗なるライジン(姉)」って書いてあって、「サングリア」には「華麗なる雷神(妹)」となっていました。うーむ、姉妹品とはよく言ったもので・・・。

姉(ラムレーズン)の方は、なかなかに品格があって(ブラックサンダーなのに)、おいしゅうございました。ただ、香りは足りないですけどね。まあそこらがブラックサンダーなわけで・・・。

妹(サングリア)の方はトリプルベリー入りだそうで、なるほど確かにフルーティーです。悪くないです。

_20171228_230329

で話変わりますが、「WINTER SPECIAL」って書いてあるので、寒いうちにご紹介を。

グリコ「ビスコ」の『ストロベリーショートケーキ味』です。発酵バター入りです。

_20171228_230417

パッケージを大きくすると、ほら写実主義の愛らしい坊やちゃんが。いいお顔ですね。

Dsc_2315
で、箱の中の小分けパッケージを良く見てみたら、なんとファッションブランドの「niko and ・・・」とのコラボ商品なのでした。こりゃびっくりです。言われてみれば、おしゃれです。 で、お味の方は、マイルドなイチゴ風味とバターを感じさせる生地とで、なかなか結構でございました。

|

« 「デヴィッド・リンチ:アートライフ」:若き芸術家の肖像 | トップページ | 今日のいたずら12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/72869617

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックサンダーとビスコの新作:

« 「デヴィッド・リンチ:アートライフ」:若き芸術家の肖像 | トップページ | 今日のいたずら12 »