« 50周年のベルマーレ、J1白星発進! | トップページ | カーリング男女代表、おつかれさま »

2018年2月25日 (日)

「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」:かっこつけてて、つまらない

362361_006
映画『The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ』は、クリント・イーストウッド主演&ドン・シーゲル監督の『白い肌の異常な夜』(こちらも原題は“The Beguiled”)をソフィア・コッポラがリメイクした作品。“beguiled”とは、「欺かれて」「騙されて」という意味ですが、同時に「退屈を紛らせて(退屈しのぎ)」という意味もあるので、そう考えた方がなかなか恐ろしい感じです。

362361_002
まあ(作家の資質からして)当然と言えば当然ですが、シーゲル版(大昔TVで見たっきりですが)は、心理ホラーであり、娯楽作品として成立しておりました。でもこちらは、いかにもソフィア・コッポラらしい、ふんわりと繊細な個人映画みたいになっておりました。『ヴァージン・スーサイズ』みたいとも言えるかなあ。その上、やけに演劇的です。そのまま舞台で上演できそうですね。

362361_005

それにしてもハラハラしなければ、怖くもない、美的感性に打たれるとまでは行かない・・・そうすると、あんまり見る所ないんですよねー。1時間33分とコンパクトだから退屈はしませんでしたが、どうにも物足りない作品でした。 現代の観客(の大多数)に応えていない作品なのではないでしょうか。この題材は、オシャレでアートっぽくかっこつけてるんじゃなくて、もっとエグく抉っていかないと・・・。

362361_004
一番腑に落ちず白けてしまったのは、キルスティン・ダンストがコリン・ファレルから「今まで見た女性の中で一番美しい」とか言われること。もちろんそこにファレルのリップサービスが入っているわけですが、それにしても('82年生まれ)まだ35歳なのに、老けて40アップにしか見えないダンストの冴えない顔を見ながら聞いてると、「うそだーい」としか思えません。この人、『ドリーム』でもえらく老けてましたけど、何かご苦労があるのでしょうかねえ。

|

« 50周年のベルマーレ、J1白星発進! | トップページ | カーリング男女代表、おつかれさま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ」:かっこつけてて、つまらない:

» The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ [象のロケット]
南北戦争中の1964年。 アメリカ南部バージニア州の女子寄宿学園には、園長マーサ、教師エドウィナ、そして事情があって家に帰ることができない5名の生徒が共に暮らしていた。 彼女たちは負傷していた敵の北軍兵士マクバニーを森の中で見つけるが、キリスト教的精神から手当てをして匿うことを決める。 思わぬ男性の闖入者に、7人の女性たちは心をときめかす…。 サスペンス・スリラー。... [続きを読む]

受信: 2018年3月 3日 (土) 18時15分

» 「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」 [或る日の出来事]
そうだった、ソフィア・コッポラ監督作品だったっけ。 [続きを読む]

受信: 2018年3月 8日 (木) 21時58分

« 50周年のベルマーレ、J1白星発進! | トップページ | カーリング男女代表、おつかれさま »