« 湘南、王者川崎に敵地で引き分け | トップページ | 「シェイプ・オブ・ウォーター」:異形の純愛映画の新たな古典 »

2018年3月 3日 (土)

「サニー/32」:デタラメパワーのコメディー

361904_006
映画『サニー/32』は、かなりかっ飛んだ怪作ながら、好調・白石和彌の勢いを感じさせる作品。面白いです。笑えます。これ、アメリカのゴールデングローブ賞だったら、「コメディ・ミュージカル部門」に分類される作品でありましょう。(映画館で観ていたみんな、もっと笑っていいんだよ。)

361904_002

(以降少々ネタバレあり) 特に笑っちゃったのが、登場人物たちが死ぬところ。だって、『仁義なき戦い』ばりにバーンと字幕がかぶるんですもん。「○○死亡 享年××歳」って感じに。終盤などは、おいおい冗談はよせって具合に、どんどん人が死んでいきます。それが笑えちゃうんですから、困ったもんです。

361904_004

高橋泉脚本は、ネットでの発信とネット民の反響をダイレクトに画面で見せていきます。動画のところは「ニコ動」みたいに、リアルタイムの書き込みが流れていきますし。これまでの日本映画では、いちばんリアルかつ有効に用いられた例ではないでしょうか。 一方で監禁犯とそこに加わった人々のリアルなダメダメ感も、よく描けています。 後半のサニー教祖化(&聖母化)の展開には、ちょっと唸りますね。

361904_003_2

北原里英のオバQみたいなタラコ唇に驚きながら、その「ネ申」っぷりに納得し、真贋サニー対決の緊張から「ここで終わるんですかい?」なラストまで、目が離せない展開でありました。

今の日本映画界で、これだけ「デタラメのパワー」を発揮できるのって、やっぱり園子温と白石和彌ぐらいだと思います。ああ、『孤狼の血』が楽しみです。

_20180304_004705

*ああ、『サニー/32』を書いたの3月3日だったー! 1日早ければ3月2日、まさに「32」だったのにぃ! えー、写真はバルト9のロビーに置かれていた陰惨な「サニー人形」であります(笑)。

|

« 湘南、王者川崎に敵地で引き分け | トップページ | 「シェイプ・オブ・ウォーター」:異形の純愛映画の新たな古典 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73037048

この記事へのトラックバック一覧です: 「サニー/32」:デタラメパワーのコメディー:

» サニー/32 [象のロケット]
かつて11歳の少女“通称:サニー”が同級生女児を殺害。 サニーの顔写真も流出し、「犯罪史上、最も可愛い殺人犯」としてネットなどで神格化された。 …事件から14年目の夜、冬深い新潟の町で24歳の中学教師・藤井赤理が男2人に拉致され、廃屋に監禁される。 廃屋にはサニーの熱狂的な信者たちが次々と集まって来た…。 サスペンス。... [続きを読む]

受信: 2018年3月 9日 (金) 15時54分

« 湘南、王者川崎に敵地で引き分け | トップページ | 「シェイプ・オブ・ウォーター」:異形の純愛映画の新たな古典 »