« ナタ・デ・クリスチアノのパステル・デ・ナタ | トップページ | 湘南、名古屋とスコアレスの熱戦 »

2018年3月10日 (土)

「blank 13」:もう35分欲しい

360059_004
映画『blank 13』は、斎藤工が難しい字の「齊藤工」名義で撮った第一回長編監督作品(短編は既に監督してます)。70分というコンパクトな上映時間です。しかも、その半分が過ぎた35分ぐらいにようやくメインタイトルが出たので、ぶっとびました。まあ、その中間地点を境に前半/後半となっているのですが・・・。

360059_002_2

うーん、シリアスなんだかコメディなんだか、・・・まあ両方なんでしょうけれど、どっちつかず感の方が強いです。ちょっと当惑します。後半の葬儀場における故人の思い出を語る会?の部分は、かなり笑わせてくれました(佐藤二朗!)。でもコメディ作ろうと思ってるわけではなさそうですし。なんだか不思議です。どこに向っているのか?

360059_005

冒頭に「火葬」に関するあれこれが字幕で示されるのですが、物語の方には別に火葬は絡んで来ません。じゃああれ何だったんだ?って感じです。 そもそもタイトルだって、何のことやら? 父親が家を出てどっか行っちゃってた空白期間が13年ってことのようですが、『blank 13』なんて言われてもねえ・・・。宇宙ものSFみたいな語感であります。

360059_006_2

それはそうと、斎藤工と高橋一生が兄弟だなんて、・・・どうにもこうにも無理です。そうは思えません。まあ二人がリリー・フランキーの息子ってのからして、なかなかなのですけど・・・。

70分っていう尺以上に、小さな、控えめな物語です。それだけに、なんだか物足りなくて、第1部、第2部に続く最後の35分を探し求めてしまう自分がいます。 松岡茉優の使い方にしたって、随分ともったいないではありませんか。

|

« ナタ・デ・クリスチアノのパステル・デ・ナタ | トップページ | 湘南、名古屋とスコアレスの熱戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73081583

この記事へのトラックバック一覧です: 「blank 13」:もう35分欲しい:

» 「blank13」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2017年・日本/イースト・エンタテインメント 配給:クロックワークス 監督:齊藤工 原作:はしもとこうじ 脚本:西条みつとし 企画プロデューサー:佐久間大介 エグゼクティブプロデューサー:小林智 音... [続きを読む]

受信: 2018年3月18日 (日) 01時43分

« ナタ・デ・クリスチアノのパステル・デ・ナタ | トップページ | 湘南、名古屋とスコアレスの熱戦 »