« 日本、マリ相手にやっとこさ同点 | トップページ | 「空海 美しき王妃の謎」:信心深い人は観ちゃダメ »

2018年3月24日 (土)

「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい

360948_001
映画『リメンバー・ミー』(字幕版)は、ディズニー/ピクサーの良質な新作。アニメーションも世界中いろんな国が舞台になりますが、中米ってのは珍しいですね(黄泉の国の方はよくありますけど)。何せオープニングのムービー・ロゴにかぶる『星に願いを』がメキシコ音楽の編曲なのです(エンディングのディズニー城に、やはりメキシコ音楽がかぶっていました)。 でも主題歌『Remember Me』に関して言えば、予告編で聴いていたシシド・カフカ&スカパラのポップでドラマティックなバージョンは流れて来なかったので(まあ吹替え版とは違いますから)、正直物足りない感じがいたしました。

360948_005

メキシコって、なんか下町人情的なテイストがあったりして、背も低くて、日本と相通じるものがあるような気がします。ましてや「お盆」に通じる「死者の日」をめぐる物語ですしね(『丹波哲郎の大霊界』みたいにカラフルでもありますしね)。

360948_004

黄泉の国の場面では、全ての登場人物(除・ミゲルくん)がガイコツなわけですが、ガイコツをこれだけ千差万別の魅力的なキャラクターに仕立て上げたワザは、もう流石と言うしかありません。お見事です。ミゲルくんのガイコツ・メイクの件りも楽しいです。

360948_002

中盤に多少中だるみがあるものの、最後まで感心しながら面白く観られます。終盤は予定調和とは言え、しっかり泣かせてくれます。

それにしてもオープニングでこの映画の原題が“Coco”だとわかった時には、ちょっと驚きました。シャネルの伝記かよっ!

T0022725

本作の併映短編は、『アナと雪の女王/家族の思い出』。短編と言いつつ、異例の22分もあります。小生も好きなオラフが大活躍します(雪山滑走シーンの凄さ!サウナ・シーンの笑い)。 全体としてはまあそんなにスゴイ作品ではありませんが、軽いお楽しみとしては及第だと思います。

|

« 日本、マリ相手にやっとこさ同点 | トップページ | 「空海 美しき王妃の謎」:信心深い人は観ちゃダメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73169699

この記事へのトラックバック一覧です: 「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい:

» リメンバー・ミー・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
家族は、永遠にひとつ。 ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作は、メキシコの重要な祝日である”死者の日(Día de Los Muertos)"をモチーフにした、ファミリーファンタジー。 音楽に憧れる靴屋のせがれが、ひょんなことから死者の国へソウルスリップ、家族の歴史にまつわる秘密を解き明かし、何世代にも渡る誤解を解くべく冒険を繰り広げる。 脚本はエイドリアン・モリーナとマシュ...... [続きを読む]

受信: 2018年3月25日 (日) 00時23分

» 試写会「リメンバー・ミー」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201803080001/ リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック [ (V.A.) ] [続きを読む]

受信: 2018年3月25日 (日) 06時38分

» 映画「リメンバー・ミー(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『リメンバー・ミー(日本語字幕版)』(公式)を本日 公開初日に、シネマイクスピアリにて劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら70点にします。 ディレクター目線のざっくりストーリー 本年度アカデミー賞R 2部門受賞(歌曲賞、長編アニメ映画賞受賞) とある理由で家族に音楽を禁止されながらも、ミュージシャ...... [続きを読む]

受信: 2018年3月25日 (日) 07時49分

» 『リメンバー・ミー』('18初鑑賞25・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 3月16日(金) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 14:40の回を鑑賞。 2D:吹替え版。 [続きを読む]

受信: 2018年3月26日 (月) 14時15分

» リメンバー・ミー [象のロケット]
メキシコで代々靴屋を営む家に生まれた少年ミゲルは、ギターが大好き。 でも、厳格な《家族の掟》のせいで、ギターを弾いたり音楽を聴くことは固く禁じられていた。 年に一度、先祖の魂を迎えるお祭り“死者の日”に、町が生んだ伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスの墓に忍び込んだミゲルは、ガイコツたちが楽しく暮らす“死者の国”に迷い込んでしまう…。 ファンタジー・アニメ。... [続きを読む]

受信: 2018年3月26日 (月) 16時57分

» 「リメンバー・ミー」 [或る日の出来事]
お盆は、ちゃんとやらなきゃいけませんね。 [続きを読む]

受信: 2018年3月31日 (土) 12時47分

» 「アナと雪の女王/家族の思い出」 [或る日の出来事]
「リメンバー・ミー」より、併映のこちらが楽しみな私である。 [続きを読む]

受信: 2018年3月31日 (土) 12時47分

» 85『リメンバー・ミー』 [シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ]
今作は簡単にまとめてます。 だからといって、おもしろく無いわけじゃないよ!!! ピクサー・アニメーション最新作は、やはり外れないどころか... 『リメンバー・ミー』 ~あらすじ~ 過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラク...... [続きを読む]

受信: 2018年4月11日 (水) 00時10分

» 映画「リメンバー・ミー(吹替)」感想 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
毒家族に人生をつぶされかけた少年が救われる話。 もっとも本当の毒親はこんな風に簡単に改心はしない。 そこはディズニー、「家族は素晴らしい」で終わる。 音楽家を目指すミゲル少年を全否定する靴職人の一族、孤立感に苛まれながら子供ゆえの無力でどうする事も出来ないミゲル、そして事件は起き、死者の国に紛れ込むミゲル。ここでも”生きた子供”として忌み嫌われ、現世と同様の孤立感と言わ...... [続きを読む]

受信: 2018年4月12日 (木) 14時02分

« 日本、マリ相手にやっとこさ同点 | トップページ | 「空海 美しき王妃の謎」:信心深い人は観ちゃダメ »