« 「ハッピーエンド」:毒気控え目 | トップページ | 銀座・緑花堂のシュークリーム »

2018年3月15日 (木)

「聖なる鹿殺し」:とにかく嫌な感じ

362601_001

映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』は、これまで『籠の中の乙女』、『ロブスター』とクセの強い異色作ばかり作ってきたヨルゴス・アンティモス監督作品。今回もクセが強くて、異色です。 それにしてもこのタイトル、長くなるのに日本語と英語の繰り返し。どうかと思います。さらに、英語の意味からすれば「聖なる鹿」殺し ですよね。「聖なる鹿殺し」ってすると、鹿を殺す行為または鹿を殺す人が「聖なる」みたいで、ちょっと違いますよね。

362601_003
最初の内は特に変だとは感じ取れないのですが、少しずつ違和感や奇妙さが蓄積されていき、それが焦点を結んだ後は、不愉快な不条理が暴走して行きます。 アンティモス監督ともう一人による脚本は、アカデミー脚本賞にノミネートされました。

362601_004

で、そんなヘンな作品なのに、キャストがやたらとメジャーです(ニコール・キッドマン、コリン・ファレルの『ビガイルド』コンビに、バリー“ダンケルク”コーガン)。おお、ニコール/コリン夫妻の娘を演じるラフィー・キャシディって、『トゥモローランド』で、大江戸がその年の「新人賞」に選んだ子じゃないですか。いつの間にこんな大きくなったのでしょう(特徴的だったソバカスは更に激しくなっておりました)。時のたつのは早いものですね。

362601_006
すんげー後味の悪いラストです。救いは無く、ひたすら嫌な感じです。その根源となっているのがバリー・コーガンなのですが、こいつの顔が無性に腹立たしい顔というか、とにかく嫌な感じなのです。ある意味凄い演技力と言えるのかも知れませんが、絶対に好意は持てません。それぐらいの不快感をばらまいているのでした。

|

« 「ハッピーエンド」:毒気控え目 | トップページ | 銀座・緑花堂のシュークリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「聖なる鹿殺し」:とにかく嫌な感じ:

» 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 イギリス&アイルランド  ミステリー&サスペンス&ドラマ  監督:ヨルゴス・ラ [続きを読む]

受信: 2018年3月16日 (金) 13時08分

» ショートレビュー「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア・・・・・評価額1650円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
聖なる鹿は誰か? パワフルなテリングに、グイグイ引き込まれる。 異才ヨルゴス・ランティモスによる、ムーディかつ恐ろしいサイコホラーだ。 コリン・ファレル演じる心臓外科医のスティーブンは、手術ミスで患者の男性を殺し、罪悪感から患者の遺児マーティンを気にかけている。 しかし、スティーブンがマーティンを家に招き入れるようになると、彼は態度を豹変させ、呪いの言葉を吐くのである。 曰く、...... [続きを読む]

受信: 2018年3月16日 (金) 20時56分

« 「ハッピーエンド」:毒気控え目 | トップページ | 銀座・緑花堂のシュークリーム »