« 「展覧会 ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界」 | トップページ | 日本、マリ相手にやっとこさ同点 »

2018年3月23日 (金)

カップの桂花ラーメン

_20180322_205822
セブンイレブンに売っておりましたカップラーメン『名店の味 桂花 熊本本店』。

大昔から桂花ラーメンの大ファンである大江戸としては、気になって買ってみたのですが、うーん・・・これは桂花じゃないなー。

豚骨白湯スープにニンニクの効いたマー油ってあたりは確かに桂花スタイルなのですが、まずは麺が違いますよねー。てらっとつるんとしたスタイルの麺、桂花のとは根本が違いますよね。 そしてスープの味もやっぱり違うのです。マー油も焦げ過ぎ、主張し過ぎでして。うまいことはうまいんだけど、いつまでも飲んじゃうことは飲んじゃうんだけど、でも桂花じゃないっすねー。

_20180322_222020
ただ気になるのは、わざわざ「熊本本店」って書いてあること。熊本本店には行ったことが無いだけに、「もしかしたら東京のお店と味が違うのかしらん?こんな味なのかしらん??」と思った次第。

どうなんでしょう、サッポロ一番さん?

|

« 「展覧会 ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界」 | トップページ | 日本、マリ相手にやっとこさ同点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カップの桂花ラーメン:

« 「展覧会 ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界」 | トップページ | 日本、マリ相手にやっとこさ同点 »