« 「パシフィック・リム アップライジング」:変な東京の隣の富士山 | トップページ | 今日の点取占い280 »

2018年4月24日 (火)

「娼年」:堂々のR18+

362721_001
映画『娼年』は、R18+にふさわしい「思った以上の衝撃作」。シネコンで堂々上映してることにちょっと戸惑いを覚えるほどのエロさです。それも「朝ドラ俳優」松坂桃李にここまでやらせるという大胆不敵さ。だって、全篇の半分ぐらいで全裸でイタシてるんじゃないかな、桃李くん。まあ、もっともこれより前に本編の監督・三浦大輔とタッグを組んだこの作品の舞台版があったわけなんですけどね。

362721_007

三浦監督の映画『愛の渦』が、いくらカメラを動かしても演劇的な匂いが消えなかったのとは対照的に、こちらの作品は確実に映画になっています。それはやはり『愛の渦』が連続した時間内の物語なのに対して、『娼年』は断続的な時間における物語だということに起因しているのだと思います。品格と艶のある撮影の良さも、映画感を出すことに一役買っています。撮影は、「Jam Eh I」という名の広告界の俊英が手がけたようです。

362721_006
三浦大輔監督は映画化に当たって、全てのカラミ場面を「振り付け」たのだそうですが、そのようなコレオグラフィーの効果は確かに出ています。しかも、全然わざとらしいことはなく。もちろん適切かつ(ところどころ)異常なカット割りのおかげで、振り付けが生きたということは間違いありません。

362721_003

松坂桃李の(いわゆる「体当たり」の)熱演、好演は言うまでもありませんが、ミステリアスでクールな真飛聖はじめ、冨手麻妙、大谷麻衣らもいい芝居をしています。大江戸が昨年度の新人賞を与えた桜井ユキ(『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY  リミット・オブ・スリーピング ビューティー』)も出ていましたが、今回は演技的には今一つ。 また、ともすればキワモノになりそうな題材だけに、西岡徳馬と江波杏子の出演が箔をつけておりました(二人とも笑っちゃうキャラクターでしたけど)。

|

« 「パシフィック・リム アップライジング」:変な東京の隣の富士山 | トップページ | 今日の点取占い280 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「娼年」:堂々のR18+:

« 「パシフィック・リム アップライジング」:変な東京の隣の富士山 | トップページ | 今日の点取占い280 »