« ヴィザヴィの特撰バターケーキ | トップページ | 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」:報道が仕えるべきは統治者ではなく、国民 »

2018年4月 1日 (日)

「北の桜守」:ヘンテコだあ

360976_003
映画『北の桜守』は、かなりヘンですよ。っていうか、近年「ヘン」化の一途を辿る「吉永小百合映画」の中でも、『ふしぎな岬の物語』と並ぶぐらいヘンです。

吉永作品がヘンになっちゃうのって、なぜなんでしょうねえ? 誰も「それは違う」って言えないから? 今年73歳の小百合さんが(推定)30歳ぐらいの役を(映像なのに)演じちゃうから?

360976_005

舞台ならわかるんですよ。演劇のマジックがありますから。杉村春子さんが恒例になっても若い娘を演じたようなもので、リアリズムの無理が成立してしまうのです。 あっ、だから劇中の戦時中の出来事を舞台劇(演出=ケラリーノ・サンドロヴィッチ!)にして、映画に組み入れたのかなあ? でもこの演出って、映画的には完全に失敗してましたよね。融合しないで、違和感のみ。何も頭に入って来ないし、感情に届くものがない。やはり舞台はナマで空気を感じながら観るものですね。

360976_008で本作のヘンテコ具合に拍車をかけるのが、息子役の堺雅人。1971年の時代色を出そうとしたのでしょうけれど、太縞シャツに時々トレンチコートで、あの毛量多めの七三分けって、・・・『太陽にほえろ』の石原裕次郎ではありませんか! しかも(堺の柄に似合わず)顔にドーラン塗って、色黒にして。ほとんどコントみたいでした。

360976_004_2

この作品、広告コピーに「衝撃の結末」とか大々的に出ているのですが、「え、何が衝撃なの??」って感じでした。そんな大それたことは起きません。っていうか、これで終わっちゃうの?ってこと自体が衝撃かも。腰が崩れそうなエンディングではありました。

金券屋さんで480円で売ってた特別鑑賞券で観たのですが、そのショップの貼り紙はこれでした--「480円 この値段なら、つまらなくてもいいでしょ」。

|

« ヴィザヴィの特撰バターケーキ | トップページ | 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」:報道が仕えるべきは統治者ではなく、国民 »

コメント

こんばんは。
本当にヘンテコな映画でしたね。
松竹が作る吉永作品(ほとんど山田洋次監督ですが)はまだ出来のいい作品もありますが、東映が作ると、必ずヘンな作品になってしまいますねぇ。
>金券屋さんで480円で売ってた特別鑑賞券で観たのですが…
そう言えば、やはり吉永小百合主演の東映作品「まぼろしの邪馬台国」公開時も、なんじゃこれはと悪評フンプンの上に、前売券が金券ショップで100円で売られてたと話題になった事がありました。

投稿: Kei | 2018年4月 7日 (土) 01時12分

Keiさん、コメントありがとうございます。
なぜなんでしょうねえ。
後年、吉永小百合×東映作品の「ドイヒー怪場面」特集がTV番組で放映されたりするかも知れません。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年4月 8日 (日) 12時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73215756

この記事へのトラックバック一覧です: 「北の桜守」:ヘンテコだあ:

» 「北の桜守」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2018年・日本/東映=テレビ朝日=木下グループ、他 配給:東映 監督:滝田洋二郎 脚本:那須真知子 舞台演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ製作総指揮:早河洋、岡田裕介 撮影監督:浜田毅 女優・吉永小... [続きを読む]

受信: 2018年4月 3日 (火) 00時08分

» 北の桜守 [象のロケット]
太平洋戦争中の1945年8月にソ連軍が南樺太に侵攻。 恵須取(えすとる:現ウグレゴルスク)で製材所を営む江連(えづれ)徳次郎は出征し、妻てつと息子たちは決死の思いで北海道への脱出を図った。 …1971年、札幌。 てつの次男・修二郎はアメリカから帰国。 ホットドッグストアの日本社長として出店準備に追われる彼は、15年ぶりに網走に暮らす母を訪ねる…。 ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2018年4月 9日 (月) 08時47分

» 映画「北の桜守」 [FREE TIME]
映画「北の桜守」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2018年4月16日 (月) 22時24分

« ヴィザヴィの特撰バターケーキ | トップページ | 「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」:報道が仕えるべきは統治者ではなく、国民 »