« ハリルホジッチの解任について | トップページ | 「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」 »

2018年4月29日 (日)

「さよなら、僕のマンハッタン」:夜郎自大な主人公

T0022642p
映画『さよなら、僕のマンハッタン』は、小品の方が力を発揮するマーク・ウェッブ監督のニューヨークものってことで期待したのですが、うーん、小生にはダメでした。

なんかニューヨークの魅力が意外と希薄ですし、88分と短い映画の割に、弛緩した場面が多いし、物語自体が嫌な感じですし・・・

いや、それよりもこれよりも、主役の青年のキャラクターが嫌なんです。そして演じる「カラム・ターナーの顔が、なんか気持ち悪いというか不快なのです。大きなメガネで、デビュー当初のエルヴィス・コステロみたいでもあるのですが、なんかとても落ち着かない気分にさせる顔だし、酷薄そうでもあるし、もしかしたら悪役をやると成功する顔なのかも知れません。イギリスの若手って、時々そういう嫌な顔の人が出て来ますよね。『ダンケルク』や『聖なる鹿殺し』のバリー・コーガンとか。

この主人公、ナイーヴにも程があるというか、かなり世間知らずで夜郎自大で迷惑な奴です。自意識が肥大し過ぎちゃって、それに同情や共感などできません。ラスト、あれでいいの?

ジェフ・ブリッジズのエピソードだけは、なるほどねって感じなのですが、「だからどうした?」と言えなくもありません。

ピアース<007>ブロスナンって、いい感じに年とってきましたね。昔は大根って感じだったけど、ぐっといい味わいの役者になりました。 そしてケイト・ベッキンセイルって、もう44歳になったのですね(その割には若いけど)。びっくりです。

|

« ハリルホジッチの解任について | トップページ | 「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」 »

コメント

「Something Impressive」ブログの者ですが、先日トラックバックありがとうございます。TBお返ししたのですけれど、どうも届かないようですので、名前からリンクが飛ぶらしいアドレス欄に「さよなら、・・・」記事URLを入れて投稿します。

投稿: MIEKOMISSLIM | 2018年5月 8日 (火) 22時43分

MIEKO MISSLIM様、なぜTBできないのでしょう?
ムムムですね。 恐縮でございます。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年5月 8日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「さよなら、僕のマンハッタン」:夜郎自大な主人公:

» さよなら、僕のマンハッタン [象のロケット]
アメリカ・ニューヨークで育ったトーマスは、大学卒業後は親元を離れ就職もせず安アパートで一人暮らし。 ある日、隣に越してきたW.F.ジェラルドという中年男と親しくなり、片思い中の女性ミミのことなどを相談する仲になった。 しかし、父に愛人がいることを知ったトーマスは、その愛人ジョハンナを尾行するうちに、彼女に惹かれていく…。 ラブ・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2018年5月 1日 (火) 08時40分

« ハリルホジッチの解任について | トップページ | 「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」 »