« 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」:キュートな頑固親父 | トップページ | 「アイスと雨音」:74分1本勝負 »

2018年4月10日 (火)

「トレイン・ミッション」:アクションと空間の描写がヘタで・・・

363207_003
『トレイン・ミッション』ってタイトルは、いかにもインチキ英語の邦題くさいなーと思ったら、原題は、“The commuter”=通勤電車でした。まあ『通勤電車』じゃ昭和のコメディみたいで、この映画のタイトルにはできませんもんね(ちなみに市川崑監督に傑作『満員電車』っていう風刺コメディがあります)。

※アップ後に佐藤秀さんからご指摘があり、再度調べてみたところ、一般的には“commuter”は「通勤者」でした。失礼しました。

遅れて来たアクションスター、リーアム・ニーソン主演。リーアムさんって、いつもやたらと家族思いキャラですね。

363207_007

冒頭のご家庭シーンを除けば、ほぼ全編が電車内という限定空間ミステリー・アクションです。まあ娯楽作品として、とりあえず楽しませてくれますが、新しさは何もありません。むしろ当世珍しいぐらいの古典的(正統派の)展開で、観たような場面の積み重ねです。今日びこういう作品(地に足の着いた娯楽アクション)の公開は減ったので、ある意味貴重と言えるかもしれませんね。

363207_006

終盤にはド派手な見せ場も用意されているのですが、基本的にはリーアムお父さんがその肉体(と頭脳)で奮闘しております。

で、問題なのはこの監督(ジャウマ・コレット=セラ)の演出力がイマイチイマニなこと。特にアクション描写においては、(編集も含め)位置関係とか空間の描出とかがちゃんと成されていなくて、「何がどうなってるのかわからない」状態。つまりはヘタなんだよなー。

363207_001_2

(以降ネタバレあり) 終盤で笑っちゃったのは、悪い奴から狙われている人物が名乗りを上げると、他の乗客たちが「いや、私が○○だ」「いやいや、オレこそが○○だ」「いいえ、あたしが・・・」って具合に、みんなで攪乱するところ。こんな使い古されたネタの使用って、恥ずかしい以前にギャグとしか思えないだろー! いや、観てる方が恥ずかしくなって、まいりました。

|

« 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」:キュートな頑固親父 | トップページ | 「アイスと雨音」:74分1本勝負 »

コメント

commuterって通勤者ですよ。
通勤電車はcommuter train。

投稿: 佐藤秀 | 2018年4月12日 (木) 12時31分

佐藤秀さん、コメントありがとうございます。
私も最初にネットの辞書を確認して、一般的な意味は「通勤者」だと理解したのですが、

日本語WordNet(英和)での「commuter」の意味

1.主に定期的に一つの場所からもう一つの場所へ移動する乗客が乗った旅客列車
(a passenger train that is ridden primarily by passengers who travel regularly from one place to another)

とも載っていたので、自分的にはそっちの方がしっくり行くと思って、そう書いてしまいました。
でも今調べなおしてみると、ほとんどの辞書には出ていないので、やはり「通勤者」と解釈すべきなのでしょうね。
勉強になりました。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年4月12日 (木) 19時57分

「いや、私が○○だ」
「いやいや、オレこそが○○だ」
「いいえ、あたしが・・・」

あの〜、これはニューヨーカー魂、なのです。
NY生まれの私が言うのですから、そこは信じていただきたい!

クサいようにみえます、けどね(笑)

投稿: onscreen | 2018年4月17日 (火) 01時10分

onscreenさま、ありがとうございます。わかりました。信じます! ニューヨーカー魂なのですね。
ただ小生の体験ですと、子供時代からテレビドラマやそれをパロディ化したコントなどで、このパターンはさんざん見てきたので(しかも近年はギャグとしてしか使われなかったので)、あのシリアスな場面で出てきた時に、思わず笑ってしまったのです。
先生 この窓ガラスを割ったのは誰なの?!
生徒A ぼくが割りました。
生徒B いえ、割ったのは私です。
生徒C 違います。本当はオレなんです。
みたいな…。

投稿: 大江戸時夫 | 2018年4月17日 (火) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73275388

この記事へのトラックバック一覧です: 「トレイン・ミッション」:アクションと空間の描写がヘタで・・・:

» 劇場鑑賞「トレイン・ミッション」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201804010000/ 《送料無料》ロケ・バニョス(音楽)/オリジナル・サウンドトラック [トレイン・ミッション](CD) [続きを読む]

受信: 2018年4月11日 (水) 06時34分

» 映画『トレイン・ミッション』★通勤列車内の人探しがスゴイことに!(>_ [yutake☆イヴの《映画★一期一会》]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/173090/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 原題: THE COMMUTER 主演: リーアム・ニーソン☆ ←楽しみ☆ リーアムは、家族のために奮闘する、アクション・パパがバッチリです!(^^)/ ハラハラさせるサスペンスアクションですが 絶対、リーアム・パパが最後に勝...... [続きを読む]

受信: 2018年4月11日 (水) 22時17分

» 『トレイン・ミッション』('18初鑑賞33・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 18:50の回を鑑賞。 字幕版。 [続きを読む]

受信: 2018年4月12日 (木) 14時13分

» 「トレイン・ミッション」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
2018年・アメリカ・イギリス合作 制作:スタジオ・カナル 配給:ギャガ 原題:The Commuter 監督:ジャウム・コレット=セラ原案:バイロン・ウィリンガー、フィリップ・デ・ブラシ脚本:バイロ... [続きを読む]

受信: 2018年4月13日 (金) 22時57分

» 「トレイン・ミッション」 [或る日の出来事]
「ミッション」と聞くと「みっちょん」と言ってしまう私は、芳本美代子さん世代である。 [続きを読む]

受信: 2018年4月14日 (土) 07時25分

» トレイン・ミッション [象のロケット]
10年間勤めてきた保険会社を、60歳で突如リストラされたマイケル。 帰りの電車の中でも、頭の中は住宅ローンと息子の学費のことでいっぱいだった。 そんな彼の前に見知らぬ女が座り、乗客の中からある人物を探し出せば10万ドル(約1千万円)支払うと持ち掛ける。 マイケルは元警官の経験を生かし、その人物を捜すことに…。 サスペンス・アクション。... [続きを読む]

受信: 2018年4月14日 (土) 11時24分

« 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」:キュートな頑固親父 | トップページ | 「アイスと雨音」:74分1本勝負 »