« 「君の名前で僕を呼んで』」:ジェイムズ・アイヴォリーらしさ | トップページ | 「俺の・・・」の小倉&バターサンド »

2018年5月10日 (木)

佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル

_20180510_221207
久々に銀座1丁目のレトロ建築・奥野ビルへ行きました。

3FとB1のギャラリー「巷房」で開催中の佐藤卓さんの展覧会『MASS』を観るためです。

グラフィックを中心としたデザイナー、アートディレクターの佐藤さんですが、時々こういう現代アート的な表現も発信しています。

いいですねえ、この奥野ビルの外観。

_20180510_221229

エレベーターがまたスゴイんです。外側の木製の扉と、内側の鉄製の扉を手で開けるスタイル。降りたらまた、その二つを手で絞めねばなりません。うわ、たのしい。

_20180510_221402
展覧会タイトルの“MASS”とは、「大量」を意味する言葉。「マスコミ」や「マスゲーム」の「マス」ですね。 どうもこの展覧会においては「大量生産品」(マス・プロダクツ)を意味しているようです。

_20180510_221308

で・・・、なんだこりゃ?ですよね。3Fから観ていくのが正解でしょう。

_20180510_221340カメラのレンズみたいな機械感覚もあり、真ん中の変な形のものが生物的で、おかしくもなまめかしくもあります。

_20180510_221449
B1会場に行くと、ああ、そういうことですか。種明かしですね。

チューブから絞り出された中身がてろんと、出かかっている。そんな様子なのでありました。

比較する物がないのでわかりにくいけど、とにかくこのチューブがでかいんですよ。大男ぐらいのサイズでしょうか。妙にでかくて、笑っちゃいます。これと較べても3Fのやつの方が、更にでかいんですけどね。

_20180510_221433
で、最後の部屋にはでかい水滴のようなもの。これまた比較する物がありませんが、直径2-30cmでしょうか(小さいのは10cmぐらい)。

材質はガラスだと思いますが、その他のチューブてろん系の作品とは趣が違いますね。アメリカに対して日本、みたいな・・・。枯山水的な静謐を感じさせます。

なぜこれがMASSなんでしょう? うーむ。 禅のようであります。

|

« 「君の名前で僕を呼んで』」:ジェイムズ・アイヴォリーらしさ | トップページ | 「俺の・・・」の小倉&バターサンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73462306

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル:

« 「君の名前で僕を呼んで』」:ジェイムズ・アイヴォリーらしさ | トップページ | 「俺の・・・」の小倉&バターサンド »