« 「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」 | トップページ | 「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」:「ジェンカ」で世界平和?? »

2018年5月 1日 (火)

「いぬやしき」:ハリウッド・レベルのVFX

362464_012
映画『いぬやしき』は、予告編の段階でVFXスゲーなと思っていましたが、想像以上でした。ここまでのクォリティなら、ハリウッドに対抗できますね。てか、小生がアメリカ人で、東洋の小国のこんな映画でジジイが空飛んでたら、(好事家マインドをくすぐられて)大喜びしてしまいそうです。

362464_003_2

物語は良いテンポでどんどん進んでいきますし、多くの先行作品からのインスパイアも受けております。ガンを宣告されてから、「良く生きる」ことに目覚める主人公は、黒澤明の『生きる』ですし、終盤の新宿ビル屋上の二人は、『太陽を盗んだ男』の沢田研二と菅原文太のようでした。そもそも大友克洋の『童夢』も結構影響を与えているような気がしますしね。

362464_009

とにかく新宿上空の飛行バトルやビル破壊は、レベル高いっす。『パシフィック・リム アップライジング』(の変な東京破壊)より、よっぽど凄いっす。実写映像の多用と繊細な加工が、生きてます。そしてカットごとの構図がセンス良いんですよねー。もちろんカットつなぎも的確で、描写力あり。佐藤信介監督って、便利屋娯楽職人的イメージが強い人ですけど、(少なくとも本作では)いい仕事してますよー。

362464_008
新宿バルト9のビルや、新宿ピカデリーの脇が出て来たのは、上映館への目配せ??(でもTOHOシネマズ新宿は出て来て無かったと思うのですが・・・)。

物語自体はひねりもなく、素直過ぎるぐらいの「嫌われてるダメオヤジ→だけど、スーパーな正義の味方だった→カッコ良くめでたしめでたし」パターン(まあ、原作ものだから・・・)。 ラストを見る限り、続編がありそうなので、期待しておきましょう。

|

« 「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」 | トップページ | 「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」:「ジェンカ」で世界平和?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いぬやしき」:ハリウッド・レベルのVFX:

» 劇場鑑賞「いぬやしき」 [日々“是”精進! ver.F]
詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201804210000/ いぬやしき ORIGINAL SOUNDTRACK [ (オリジナル・サウンドトラック) ] [続きを読む]

受信: 2018年5月 2日 (水) 05時54分

» いぬやしき [象のロケット]
定年間近の冴えないサラリーマン・犬屋敷壱郎と、男子高校生・獅子神皓は、墜落事故に巻き込まれた後、人知を超えた特殊能力を手に入れる。 その力を使って殺人者となった獅子神と、人を救うことに喜びを感じる犬屋敷。 強大な力を持つ2人が今、ぶつかり合う…。 アクション・バトル。... [続きを読む]

受信: 2018年5月 4日 (金) 14時09分

» 『いぬやしき』('18初鑑賞36・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月20日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 10:30の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2018年5月 8日 (火) 13時33分

« 「“のん”ひとり展 女の子は牙をむく」 | トップページ | 「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」:「ジェンカ」で世界平和?? »