« 今日の点取占い281 | トップページ | 最近のビスコあれこれ »

2018年5月24日 (木)

「ザ・スクエア 思いやりの聖域」:居心地悪い

362838_007
映画『ザ・スクエア 思いやりの聖域』は、思いやりなどとはほとんど縁がないサティリカル(皮肉)な作品。観ていて「居心地が悪い」し、わざと核心部をはずして描くので、なんかじれったいのです。そんな調子なのに151分もあるので、途中からかなりイライラして来ます。早く終わらないかなーって・・・。

362838_001

まあ考えてみれば、この監督(リューベン・オストルンド)の前作『フレンチアルプスで起きたこと』も、ずらして、はずして、居心地悪い映画でしたもんねえ。ヒューマンなんだかサティリカルなんだかも、ない交ぜの感じで。 こういうちょっと意地悪な感じって(ベルイマンなんかもそうですが)、スウェーデンっぽさってことなんでしょうか?

362838_005

中でも一番イラっとしつつ、いたたまれなかったのは、フォーマルな会食に“モンキーマン”が出現してパフォーマンスを演じる場面。うーん、いやな感じですねー。しかも、粘着質に「たっぷりと」撮るもんだから・・・。 心理学の教材になりそうなシークェンスでした。

362838_004

「現代美術あるある」みたいな感じにもなっていて、土砂の山をお掃除の人が吸い取っちゃって・・・ってところは、笑ったなあ。しかも、その後の対応が・・・! でもあれ、正しい対応ですよね。きっと。

|

« 今日の点取占い281 | トップページ | 最近のビスコあれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・スクエア 思いやりの聖域」:居心地悪い:

» ザ・スクエア 思いやりの聖域 [風情☭の不安多事な冒険 Part.5]
 スウェーデン&ドイツ&フランス&デンマーク  コメディ&ドラマ&アート  監督 [続きを読む]

受信: 2018年5月25日 (金) 10時32分

» ザ・スクエア 思いやりの聖域 [象のロケット]
スウェーデンの現代美術館のキュレーター(企画責任者)である男性クリスティアンは、次の展覧会で「ザ・スクエア」という「思いやりの聖域」をテーマにした作品を展示すると発表した。 そんな時、携帯と財布を盗まれた彼は、GPSを使って犯人をあぶり出すことに成功する。 一方、PR会社が過激な映像で展覧会の宣伝を図り大問題になってしまう…。 社会派ブラック・コメディ。... [続きを読む]

受信: 2018年5月25日 (金) 22時49分

» 『ザ・スクエア 思いやりの聖域』 「気まずさ」の感覚 [映画批評的妄想覚え書き/日々是口実]
 『フレンチアルプスで起きたこと』のリューベン・オストルンド監督の最新作。  カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した作品。  美術館のキュレーターのクリスティアン(クレス・バング)は、次の展示として「ザ・スクエア」という現代美術作品を選ぶ。この正方形のなかでは「すべての人が平等の権利を持ち、公平に扱われる」という設定だ。  この美術作品は横断歩道のような役割を持つ。横断...... [続きを読む]

受信: 2018年5月26日 (土) 00時16分

« 今日の点取占い281 | トップページ | 最近のビスコあれこれ »