« のんシガレッツのファースト・ライブ♪! | トップページ | 佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル »

2018年5月 9日 (水)

「君の名前で僕を呼んで』」:ジェイムズ・アイヴォリーらしさ

362606_007_2
映画『君の名前で僕を呼んで』の脚色とプロデュースは、ジェイムズ・アイヴォリー。まだ活動してたんですね。いかにも彼らしい文学の香気とある種の格調を漂わせた映画です。まあ男同士の愛情物語ってところも、彼らしいのですが。彼としても、ようやく自分の作りたいこういう作品を作って、高く評価してもらえる時代になったということなのでしょうね。

362606_005
(行ったことはないけれど)イタリアの避暑地の風を感じる映像です。撮影監督はサヨムプー・ムックディプロームというタイ人。なんと、アピチャッポン・ウィーラセタクンの『ブンミおじさんんの森』を撮った人なのでした。確かに独特ですが、素晴らしく気持ちの良い映像です。避暑地の陽光、暑さと涼しさ、街の風と田舎の風、そういったものをいちいち感じさせてくれるのです。そして、色彩が気持ちいいのです。

362606_002_2

青くさいガキのめんどくささを存分に放射しているティモシー・シャラメ。そして、アイヴォリー作品にふさわしい彫刻のような美男子ぶりのアーミー・ハマー。この二人のコンビネーションは、かなりスリリングであり、かつほほえましくもあります。

362606_008

でもまあ、本作のキモはラスト近くにある少年と父との会話(と言うよりは、ほとんど父の独白)シーンでしょう。ここらにもアイヴォリーの影を見る思いがします。稀有な父親ですね。

ただ根本的に、「君の名前で僕を呼ぶ」ことが愛情表現であるって感覚が、どうにもピンと来ないのです。うーん、理解できないー。

|

« のんシガレッツのファースト・ライブ♪! | トップページ | 佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/42098/73456550

この記事へのトラックバック一覧です: 「君の名前で僕を呼んで』」:ジェイムズ・アイヴォリーらしさ:

» 「君の名前で僕を呼んで」感想 [ポコアポコヤ 映画倉庫]
綺麗な映画! 日本女性が好きそうー。 [続きを読む]

受信: 2018年5月10日 (木) 09時24分

» ショートレビュー「君の名前で僕を呼んで・・・・・評価額1700円」 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
運命が、君を誘う。 一生忘れられない、青春のイニシエーションとしてのファースト・ラブストーリー。 ネットもスマホも無い、1983年の北イタリア。 夏の間この地の別荘で過ごす、17歳の少年エリオ・パールマンは、大学教授の父が招いたアメリカ人大学院生、オリヴァーと出会い、恋に落ちる。 原作はアンドレ・アシマンの同名小説。 「胸騒ぎのシチリア」などで知られるイタリアのルカ・グァダニー...... [続きを読む]

受信: 2018年5月11日 (金) 21時36分

» 君の名前で僕を呼んで [象のロケット]
1983年、夏。 17歳のアメリカ人少年エリオは、いつものように両親と北イタリアの家でバカンスを過ごしている。 大学教授の父の助手である24歳の青年オリヴァーも、一家とひと夏を共に過ごすことになった。 一緒に出掛けたりするうちに親しくなった2人は、互いに友情以上の感情を抱き始める…。 ラブ・ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2018年5月12日 (土) 10時32分

« のんシガレッツのファースト・ライブ♪! | トップページ | 佐藤卓「MASS」展@銀座・奥野ビル »